はじめのごあいさつ

世は「スピリチュアル」花盛りである。もちろん、そんなものにまったく興味もなく生活しているひとも多くいるとは思うが、そんな方々でも、「マヤ暦」がどうの、「アセンション」がどうのといった話を、いちどくらいは耳にしたことがあるのではないだろうか?それに加え、

生きるとはなにか?

死んだらどうなるのか?

というような問いを、まったく考えずに暮らすのは案外難しい。するとそこに、スピリチュアルの世界が待っている。

そんななかにあって、世のなかには、そのようなスピリチュアルなことをいろいろ語るひとが、数多く存在している。テレビなどのメディアに出るひともいる。宗教を興すひともいる。そこまで目立たなくても、ネット上で、巨大なスピリチュアルブログなどを運営し、「知識・教え」を伝達しているひともいる。

ここに七色の球体があるとしよう。それを「真実」と呼ぶ。すると「真実」はひとつなのだが、見かたによってそこには無数の多様性(バリエーション)が生まれる。それはそれでいい。だからこそ、世界はその趣を深め、その「謎」が、私たちを突き動かす。だから、あるひとの出した「答え」はそれだけで、少なくともある程度は、尊重されるべきものだ。

 

だが、現状の「スピリチュアル」の世界はそうではない。いかに自分が「真実」を知っているか、ということを競っているように見える。そこでは、複数の答えは共存し得ない。「正解」と「不正解」があるだけである。そして、多くの方々に信じられ、より「正解」だと認めてもらいやすいように、そこには一定の「傾向」が生まれる。

そのひとつが、

「光=善=浄=真=神」

「闇=邪悪=穢れ=偽=魔」

という構図である。「=」が言い過ぎであれば、「限りなく近い」と言ってもいい。わかりやすいように前者を「光グループ」、後者を「闇グループ」と呼ぼう。そして不思議なことに、この構図に異を唱えるひとはほとんどいない。いるとしても、たいてい

私は光グループ側だ。そして敵対する相手方が、闇グループなのだ

というくらいでしかない。

つまりこれではやはり双方が自分の正しさを主張しているだけで、上の構図そのものを疑問視し、再検討する動きとまでは言えない。もしそんなことをすれば、自分に「闇グループ」のレッテルが貼られるだけだからだ。

そしてこうも言われる。

闇グループは「光グループを引き立てる、かりそめの下位グループ」であり、いずれは光グルーブに「統合」される。そしてそのとき、真の平和が訪れるのだ

と。

しかし、私はそうは思わない。「闇」はそれだけで価値があるものである。「闇」は「邪悪」ではない。闇は穢れてはいない。闇は光と同じくらい、あるいはそれ以上に、重要なものである。

こう言っただけで、私を「悪魔崇拝者」などと呼ぶひとがいたら、少し考えてみてほしい。それは、上記の構図に沿って考えているからそうなる。ここまで来たらはっきりしてきたと思うが、私は「闇」の立場から、考え、ものを言っている。しかしこれは、私が邪悪でありたいと言っているのとは異なる。ここが、私の主張のひとつの肝である。

 

このようなことを、私の立場からこの場で少しずつ伝えていきたいのだが、私のこのような考えかたは、私の経験から来ている。というのも私は、霊媒師(シャーマン)なのだ。いよいよ怪しくなってきただろうか。しかし、私は言いたい。

闇は、あらゆるものを内包している。目が慣れるまでは時間がかかるが、そこでさらに眼を凝らせば、多くのものが見えてくるのだ

と。

ただだからと言って、一緒にそれを見たいというひとが、今いったいどれほどいるのかはわからない。やはり現状では、光のほうが圧倒的に人気だからだ。しかしそれでも、あなたが興味を持ってくださったなら、私は心から、あなたを歓迎したい。ようこそ、闇の向こう側へ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Dilettante

コメントをどうぞ (名前・アドレス・サイトの記入は任意です)

  1. より:

    dilettanteへ

    時々読んでいます。
    関心のあるトピックを読むと、なるほどそういうふうに捉えるんだ、なるほど!となって、更にリンクや別のトピックに飛べばまたなるほど!となる。
    どんどん読んでいってもまだまだ読んだことのないトピックがある。
    一度読んだものでも、こちらの理解が深まったあとならまた新しい発見がある。
    それだけにこのサイトの内容は本当に広く、深い。そしてますます大きくなっている。
    本当にこのサイトを作り維持してきたのは、一言で言うのは申し訳ないくらい、すごいことだと思う。
    文章には弱き者、悩める者に寄り添う思いやりの心が満ちている。
    私を含めdilettanteに励まされる人は多いと思う。
    だから、もっと人の目に触れる機会が増えて行けばいいと思う。
    ありがとう。応援します。

    • Dilettante Dilettante より:

      螢さん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      私のひととなりを知りながら、霊媒師としての側面も受け入れたうえで関わってくれるあなたは、私にとってとても貴重な存在です。

      このサイトを立ち上げたときには想像もしていなかった拡がりが起きている昨今ではありますが、これからもいろいろと助けてもらえればと思います。

      闇のなかでこそ、螢の光もまた、多くのひとびとを癒やすことでしょう。

      どうぞよろしくお願いします。

  2. まさ より:

    いいですね!闇。梶井基次郎を読んでいますが、『闇の絵巻』という一文があります。本当によい小説でした。闇のよさ、闇の清らかさについて書いてあります。都会化して明るくなり、本当の漆黒の闇が無くなってしまっている現代日本。水木しげるは

    「妖怪の住む場所がなくなってしまう」

    と訴えていました。河合隼雄の『影の現象学』などにも闇の効用が書いてあったと思います。今日も雨戸とカーテンを締め切り、真っ暗闇にして寝ます。良質の睡眠を得る秘訣です。お休みなさい。

    • Dilettante Dilettante より:

      まささん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      お知らせいただいた作品は両方とも読んだことはなかったのですが、

      梶井基次郎 闇の絵巻

      については上のリンクのとおり青空文庫に収められていましたので、さっそく読んでみました。確かに、味わい深い作品ですね。

       

      都会化して明るくなり、本当の漆黒の闇が無くなってしまっている現代日本。

      ええ、そうですよね。私は田舎の生まれなので、幼少期は本当に漆黒の闇(夜)を経験したものでしたが、あのとき

      こんなになにも見えないんじゃ、目が見えてる(機能している)のかどうかさえわかんないから怖すぎる!

      なんて思っていたら、今では見えないはずのものまで見えるようになった日常を経験しているのですから、人生とは不思議なものですね。

      また当時は虫や蛙の声がしてもほとんど気にせずに眠れた一方で、都会に出てしばらくは車やら救急車やらの音でなかなか寝つけなかったものでしたが、今ではそんな都会の音にも慣れてしまいました。逆にもしかしたら、今の私のからだには虫や蛙の声(今では田舎でさえそんな機会や場所は激減したと思いますが)のほうが眠りの妨げになるのかもしれません。そう考えるとつくづく、人間の「慣れ」や「変化」とはすさまじいものだなぁと思います。

      またあなたが今回水木しげるさんについて言及してくださったおかげで、

      水木さんは生前、都市部のような自然が少なく常に明るい場所では妖怪の数が壊滅的に少なくなる一方で、植物が多く残っている地域では妖怪の数が多く、さらにそこに住んでいる人も思いやりのある人間になる傾向があると述べていました。(1)

      と言うのも、土や植物の匂い、葉っぱが擦れる音、そして夜になると薄暗くなる畑など、私たちは五感を刺激されることで目に見えないものを想像し、その想像の延長線上にあったものが妖怪だった訳ですが、都市部がビルだらけになって五感が刺激されなくなると私たちは目に見えないものを想像しなくなり、次第に妖怪だけでなく他者の存在を想像することさえできなくなってしまったのではないでしょうか。

      そういった意味で水木さんが調布市に50年以上も住んで妖怪を描き続けたと言うことは、都心部で次々と姿を消す妖怪がここ調布ではまだまだ元気に暮らしているということなのかもしれません。

      ゲゲゲの鬼太郎の著者が50年間住み続け、今でも妖怪が安心して住むことができる東京都調布市。|kurashify(暮らしファイ)
      ...

      と書かれた文章を見つけることができ、私は東京に暮らしたことはありませんが、いろいろと感慨深いものでした。

       

      とはいえ、どんな変化や紆余曲折があろうと私たちは今もこうして生きているわけですし、そこに「昼」(光)もあれば「夜」(闇)もあるのも、やはり自然なことなのでしょう。それにもちろん私たちが肉体人である以上、そのからだを適度に休めることが大切だということも。

      ですからどうかあなたも、日々よい夜をお迎えくださいね。夜の闇はときに容赦なく私たちから「外」を奪い去り、代わりにすべてを「内」に跳ね返してくるわけですが、だからこそそこでの過ごしかたを見出すことができれば、それはきっとこれからの時代を生きる私たちに、必ず役に立つと思いますから。

      どうぞ、よろしくお願いします。

      • まさ より:

        いやまさか、Dilettanteさんが本当に『闇の絵巻』を読んでくださるとは、と驚きました。嬉しかったです。古い『日本文学全集』に見つけた私の宝物のような小説です。
        古い紙に旧仮名遣いで書かれているものを読みました。作者の息遣いまで伝わってくる気がして、臨場感を感じました。川下の旅館に宿泊していたのは川端康成先生だったのです。文学者を目指していた梶井基次郎は、病気療養と文筆活動の修業を兼ねて、伊豆湯ヶ島に宿を取って病気と闘いながら川端康成先生の元を何度も訪れては自分なりの文筆世界を模索していました。

        梶井基次郎のような才能がなかったとしても、当時の彼と私の過去と、やっていたことは全く同じことだったと思います。梶井は小説、私は絵画と表現の分野に違いがあるとしても。。。

        梶井基次郎を知ったのは偶然ですが、彼の生き方やあり方にとても共感しています。

        闇のよさを表した随筆に、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)という一文があります。

        私が知っているのはそのくらいですが、今の家が築50年の古い家なのでそれらの文に共感するのかも知れません。家も人も古いほど価値があると考えるのは私だけでしょうか。蛙や鈴虫の声をとても愛しています。救急車や車の音はほとんどしない田舎に住んでいます。車にも乗らない生活です。

        こんなところに今こうして住めるのは本当に恵まれていますが、沢山の偶然が重なって実現していると思います。霊界も、もっと明るくてもいいのですが、こんな静かな場所に住めるといいなと思います。

        霊界には月は星はありますか?私は月や星が霊界にないのなら、今それらがある地上世界がとても愛おしく思います。

        闇は悪いものではありません。現代人は光を美化しすぎ、闇を排除しすぎたと思います。闇が「病み」になってしまってはいけませんが、善一元光一元を求める〇〇の家は明らかに間違っていたと思います。過去(戦後)の日本には一掃すべき陰気な闇が全国至るところにはびこっていたかもしれませんが、日本は元々そんなに陰気な国ではなかったと思います。

        今回もDilettanteさんの心深い誠実を感じました。私も見習って誠に生きたいと思います。

        『菜根譚』の始めの文に

        「道徳に棲守する者は」

        という一文があって、意味は、

        人生に処して、真理をすみかとして守り抜く者は、往々、一時的に不遇で寂しい境遇に陥ることがある。これに反し、権勢おもねりへつらう者は、一時的には栄達するが、結局は、永遠に寂しくいたましい。達人は常に世俗を越えて真実なるものを見つめ、死後の生命に思いを致す。そこで人間としては、むしろ一時的に不遇で寂しい境遇に陥っても真理を守り抜くべきであって、永遠に寂しくいたましい権勢におもねる態度を取るべきではない

        『備忘録)菜根譚より』
        (前集・一)道徳に棲守する者は、一時に寂寞たり。権勢に依阿する者は、万古に清涼たり。達人は物外の物を観、身後の身を思う。寧ろ一時の寂寞を受くるも、万古の清涼を…

        とのことです。

        • Dilettante Dilettante より:

          いやまさか、Dilettanteさんが本当に『闇の絵巻』を読んでくださるとは、と驚きました。嬉しかったです。
          古い『日本文学全集』に見つけた私の宝物のような小説です。

          そうでしたか、そこまであなたに喜んでもらえたならこちらこそ嬉しくありがたいです。

          それに私自身も

          「自分が好きなものを共有できる喜び」

          はよく知っていますので、あなたが私を通してそんな気持ちになっていただけたなら、本当によかったです。

          また今回の

          谷崎潤一郎 陰翳礼讃

          も青空文庫に収められていましたので、同じように今回初めて読みましたが、これまた味わい深いですね。特に

          私は、吸い物椀を前にして、椀が微かに耳の奥へ沁むようにジイと鳴っている、あの遠い虫の音のようなおとを聴きつゝこれから食べる物の味わいに思いをひそめる時、いつも自分が三昧境に惹き入れられるのを覚える

          というところなんかも、読んでいるだけでこちらまでその至福に誘われる感じがして、実にありがたかったです。
          ご紹介いただいて、ありがとうございました。

           

          また『菜根譚』については、学生時代に手に取って少し読んでみた憶えもあるのですが、記憶が非常に断片的で曖昧なところから見て、結局読み通せずに挫折してしまったような気がします。

          なのでその点ではなんとも気恥ずかしい限りなんですが、でも今回あなたが引用してくださった部分は、特に心に沁みました。それによくよく調べてみたら、今はその

          菜根譚(さいこんたん Saikontan)前集001~030 洪自誠、人生の指南書

          も、既にこうして全文が公開されているんですね。いやはや、すごい時代ですね。

           

          なのでいろいろなことはありますが、私も闇や自然の力も享けながらなんとか生き抜いていければと、そう思っています。

          それに月や星も霊界(霊の想念・想いのなか)にまったく存在しないわけではないんですが、やはりなんであれ肉体を通したほうが、はるかに味わい深いですからね。

          そして今宵もどうぞ、少しでもいい時間をお過ごしくださいね。

タイトルとURLをコピーしました