はじめのごあいさつ

世は、「スピリチュアル」花盛りである。もちろん、そんなものにまったく興味もなく生活しているひとも多くいるとは思うが、そんな方々でも、「マヤ暦」がどうの、「アセンション」がどうのといった話を、いちどくらいは耳にしたことがあるのではないだろうか? それに加え、

生きるとはなにか?

死んだらどうなるのか?

というような問いを、まったく考えずに暮らすのは案外難しい。するとそこに、スピリチュアルの世界が待っている。

そんななかにあって、世のなかには、そのようなスピリチュアルなことをいろいろ語るひとが、数多く存在している。テレビなどのメディアに出るひともいる。宗教を興すひともいる。そこまで目立たなくても、ネット上で、巨大なスピリチュアルブログなどを運営し、「知識・教え」を伝達しているひともいる。

ここに7色の球体があるとしよう。それを「真実」と呼ぶ。すると「真実」はひとつなのだが、見かたによってそこには無数の多様性(バリエーション)が生まれる。それはそれでいい。だからこそ、世界はその趣を深め、その「謎」が、私たちを突き動かす。だから、あるひとの出した「答え」はそれだけで、少なくともある程度は、尊重されるべきものだ。

だが、現状の「スピリチュアル」の世界はそうではない。いかに自分が「真実」を知っているか、ということを競っているように見える。そこでは、複数の答えは共存し得ない。「正解」と「不正解」があるだけである。そして、多くの方々に信じられ、より「正解」だと認めてもらいやすいように、そこには一定の「傾向」が生まれる。

そのひとつが、「光=善=浄=真=神」と「闇=邪悪=穢れ=偽=魔」という構図である。「=」が言い過ぎであれば、「限りなく近い」と言ってもいい。わかりやすいように前者を「光グループ」、後者を「闇グループ」と呼ぼう。そして不思議なことに、この構図に異を唱えるひとはほとんどいない。いるとしても、たいていこうだ。「私は光グループ側だ。そして敵対する相手方が、闇グループなのだ」。これは、双方が自分の正しさを主張しているだけで、上の構図そのものを疑問視しているわけではない。もしそんなことをすれば、自分に「闇グループ」のレッテルが張られるだけだ。

そしてこうも言われる。

闇グループは「光グループを引き立てる、かりそめの下位グループ」であり、いずれは光グルーブに「統合」される。そしてそのとき、真の平和が訪れるのだ

と。

しかし、私はそうは思わない。「闇」はそれだけで価値があるものである。「闇」は「邪悪」ではない。闇は穢れてはいない。闇は光と同じくらい、あるいはそれ以上に、重要なものである。

こういっただけで、私を「悪魔崇拝者」などと呼ぶひとがいたら、少し考えてみてほしい。それは、上記の構図に沿って考えているからそうなる。ここまで来たらはっきりしてきたと思うが、私は「闇」の立場から、考え、ものを言っている。しかしこれは、私が邪悪でありたいと言っているのとは異なる。ここが、私の主張のひとつの肝である。

このようなことを、私の立場からこの場で少しずつ伝えていきたいのだが、私のこのような考えかたは、私の経験から来ている。というのも私は、霊媒師、シャーマンなのだ。いよいよ怪しくなってきただろうか。しかし、私は言いたい。「闇」は、あらゆるものを内包している。眼が慣れるまでは時間がかかるが、そこで目を凝らせば、多くのものが見えてくる。それを見たいというひとが、どれほどいるのかはわからない。やはり現状では、光のほうが圧倒的に人気だからだ。しかしそれでも、あなたが興味を持ってくださったなら、私は心から、あなたを歓迎したい。ようこそ、闇の向こう側へ。

コメント

  1. より:

    dilettanteへ

    時々読んでいます。
    関心のあるトピックを読むと、なるほどそういうふうに捉えるんだ、なるほど!となって、更にリンクや別のトピックに飛べばまたなるほど!となる。
    どんどん読んでいってもまだまだ読んだことのないトピックがある。
    一度読んだものでも、こちらの理解が深まったあとならまた新しい発見がある。
    それだけにこのサイトの内容は本当に広く、深い。そしてますます大きくなっている。
    本当にこのサイトを作り維持してきたのは、一言で言うのは申し訳ないくらい、すごいことだと思う。
    文章には弱き者、悩める者に寄り添う思いやりの心が満ちている。
    私を含めdilettanteに励まされる人は多いと思う。
    だから、もっと人の目に触れる機会が増えて行けばいいと思う。
    ありがとう。応援します。

    • Dilettante より:

      螢さん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      私のひととなりを知りながら、霊媒師としての側面も受け入れたうえで関わってくれるあなたは、私にとってとても貴重な存在です。

      このサイトを立ち上げたときには想像もしていなかった拡がりが起きている昨今ではありますが、これからもいろいろと助けてもらえればと思います。

      闇のなかでこそ、螢の光もまた、多くのひとびとを癒やすことでしょう。

      どうぞよろしくお願いします。