「次元上昇」や「アセンション」とはいったいなんなのか?

「次元上昇」や「アセンション」という言葉はあちこちで飛び交っている。いまや雑誌の特集やテレビ番組などでも面白おかしく取り上げられたりしている。そしておそらく、この『闇の向こう側』にたどり着くようなひとが、この言葉を知らないことはないだろう。いったいこれはどのようなもの・現象なのだろうか?

他の方々がどう言っているかはこの際置いておくとしよう。一言で言えばこれから起こる「次元上昇」や「アセンション」というのは、「霊界(想念界)の地上移し」である。そしてこれが起こることそれ自体は、私も深く確信している。まだまだ一端にすぎないが、ここでも「霊界」(想念界)と呼ばれる世界がどのようなものなのかは逐次触れてきた。「想念界」では「想いがすべて」であり、それ故に「似た者同士」が集まっている。そしてこの度、「霊界(想念界)の地上移し」が起こるということは、「霊界」(想念界)(いわゆる「あの世」)と「肉体界」(いわゆる「この世」)とが限りなく融合し、あらゆる存在がそれぞれの「願い・想い・喜び」に沿った世界に移るということを意味するのだ。

これをどう捉えるかによって、なかには今回の現象を、「アセンション」(次元上昇)と「ディセンション」(次元下降)と「トラバーユ」(次元平行移動)などに分け、それをある種の「合格」/「不合格」といったもののように言うかたもいるが、今回のことを素朴に捉えれば、本来誰にとっても「喜び」でしかない結果が現れると言っていい。奪い合うことが好きな存在はそのような世界へと移行していく。同様に、競うことが好きな存在はそのような世界へと移行していく。だが、それが彼らにとっては「喜び」なのだ。だから全員が「合格」であり、全員が喜んで迎えればいいことなのだ。

なにを「喜び」とするかはそれぞれ違う。だから霊界(想念界)にもさまざまな階層が存在してきた。そして今回は、それがこちらの世界にも持ち込まれるという、言ってみればただそれだけのことなのだ。私たちは、この肉体を持ってこの世界に生まれるまでは、ずっとそのような世界にいたのである。

ただし、このことと「地球の変化」とはまた分けて考える必要がある。つまり、地球はこれからより大きな「調和の星」へと変わる。それが狭い意味での「次元上昇」だ。そこに至るまでには様々な変化が起こるが、そのような「調和」を望まない存在もなんの心配は要らない。なぜならそのような存在はまた別の世界・惑星に移るからだ。その意味では、今回のことは完全に「個人的」な現象であり、そこから派生する「未来」もまた、多様性を持つということだ。だから、そして私が行く先が、他者から見て「善なる世界」に見えようが、あるいは「堕落した世界」に見えようが、そんなことはどうでもいい。そして、私とこの文章を読んでいるあなたが今回のことを終えてまた同じ「世界」で出会えるかもまったくわからないことだ。

だが、できることなら私はあなたにまた会いたい。もちろんあなたがそれを望んでくれないとどうにもならないのだが……。