「それ、なんかの宗教?」という言葉の背後にあるものと、人生の指針

それ、なんかの宗教?

自分の理解しづらい行動を採っているひとに対して、このようなことを口にするひとがいる。たとえば、「1日1食」とか「菜食主義」(ヴィーガン)というような生活をしているひとに対して、このように言う。あるいは、実際になんらかの宗教団体に属していることがわかった場合、そのことで相手と距離を取るようにするというひともいる。しかし、これは冷静に考えると少しおかしなことである。なぜ、こんなことになっているのだろうか?

今の日本人にとって、「宗教」のイメージは必ずしも好意的なものとは言えない。たとえば「オウム真理教」が引き起こした一連の事件や、「自称霊能者」の「洗脳」事件などの影響もあるのだと思うが、「宗教」と言えば

危険だ

洗脳される

思考停止させられる

などといったことが連想されるのかもしれない。あるいは、「近づくと、熱心に勧誘される」という懸念を持っているのかもしれない。また、世界的に広まっている「キリスト教」や「イスラーム」が宗教対立によって紛争を起こしていることも恐ろしく感じるかもしれない。

だがそもそも、「宗教」とは「信念」の一種である。「宗教対立」や「宗教紛争」を起こすのは「一部の過激派」だし、宗教者がすべて危険なわけではない。しかし、

それ、なんかの宗教?

という言葉の裏にある抵抗感を考えると、これが示しているのは「信念を持っているひとへの抵抗感・懐疑」なのだろう。「信念」が「対立」を生み、「思想の硬直」につながるのではないか、という疑念である。だから、「1日1食」も「菜食主義」(ヴィーガン)も「宗教」という名の下に疑いの眼を向けられてしまうのである。

しかし一方で、世界的に見ればまったくの「無宗教のひと」のほうが少数派である。日本人もなんらかの「信仰心」は持っているひとが多いと思うのだが、特定の宗教団体に属したり、強い信念を持ったりすることに抵抗感のようなものを持っているのかもしれない。そうすると、

あなたの宗教は?

と訊かれても

無宗教です

となるのだが、それはたとえば外国人から見ると、

倫理的基盤を持たないのか?

と逆に奇特に映ることがあるという。だから、日本文化はときに「恥の文化」と言われ、「世間の目」を<神>のように気にしながら生きているのだと言われる。そして、その世間が宗教に疑いの眼を向けているのなら、多くのひともそれに流されることになるのである。

とはいえ、実際の私たちは、多くの「信念」に基づいて行動し、生活している。その信念の体系のことを「文化」とも言う。あまりにもそれが浸透し、「当たり前」のことだと思っているから、普段は意識することがないだけなのだ。そしてそれは、ときに同じ文化を共有しないひとにとっては奇妙に映る。いずれ未来では、私たちの「貨幣制度」を振り返って、

「カネ教」はずいぶんと広まっていたんだなぁ……

とひとびとは言うだろう。

ただひとつ言えることは、ひとびとが「宗教」に対して抵抗感を持つ背景には、

「自分の判断基準を他者に委ねることへの抵抗」

があるのではないかということだ。そして、その抵抗感は必ずしも間違ってはいない。

聖典に異教徒との闘いは正しいと書いてあったから、この戦争には大義があるのだ

法律で悪いことになってるから、悪いことなんだよ

AB型は変わり者が多いって言うからなんとなく付き合いたくない

有名な◯◯さんも菜食主義者だから、私もそうする

今日のラッキーカラーは赤だから、その服は着ない

程度の差こそあれ、これらはすべて、

「他者の判断で生きる」

という意味では同じことだと言える。もちろん、最初に

「誰の判断を採り入れるか」

を選んだのはあなたなのだから、あなたが完全に操られているわけではない。しかし、あなたが真に満足した人生を送るためには、自分自身の人生の指針は、自ら練り上げていかなければならないのである。

誰の影響を受けていてもいい。それでも最終的にはあなたと同じ人生を送るひとは他にはいない。あなたの「真実」は、あなた自身が見つけるしかないのだ。そして、他者の信念と自分の信念が違っていて当たり前だと認識すれば、他者の「宗教」を弾圧することもなくなるだろう。実際あなたは自分の人生を通して、自身の「宗教」を体現しているのである。本来の「宗教」(Religion)とは「再び結びつける」という意味だ。宗教は悪いものではない。あなたが<あなた>と再び結びついたとき、そこには本当の平和が訪れるのである。