苦しみはみんなで分け合い、解決すればいい。あなたがひとりで抱え込む必要はない

私たちは、お互いを支え合いながら生きている。しかし、それが「義務感」に基づくものになってしまうと苦しみが生み出されてしまう。とはいえ、自分の身の周りのひとや親族が困っているようなとき、自分のことだけを考えて生きるのは難しい。それで、結局は

自分の人生を犠牲にしている

と感じてしまったり、逆に

自分は冷たい人間だ

と思ってしまったりする。あるいは、自分が必死になって相手を助けようとしてみたものの、実際にはそのひとは特に困っておらず、自力で問題を解決できてしまい、こちらの空回りに終わってしまうこともある。反対に、ひとりでなんとかなると思い放っておいたところ、相手が窮地に陥ってしまい、助けなかった自分を責めてしまうこともある。

このような問題は複雑で、しばしば私たちを悩ませる。ただ、誰かを助けようとして自分が疲弊し尽くしてしまっては元も子もない。責任感が強く優しいひとほどこの「自己犠牲」という落とし穴には陥りがちなのだが、ここで思い出してほしいことは、苦しみはみなで分け合い、解決すればいいということ、そして誰にでも、問題と向き合い解決に進む力を持っているということだ。このようなことを理解できたら、あなたも少しは、気がラクになれるかもしれない。

現代社会では、ふとしたことから誰もが問題を抱える可能性がある。両親の体調が気になる、親族が借金を負った、妹が解雇された、こどもがいじめられている……など様々な問題が起きたとき、責任感が強いひとほど、

私がなんとかしなければ

という想いが強くなってしまいがちだ。しかし、あなた個人の力には限界がある。それを悟ったとき、それでもうまく周りに頼れないままでいると、最悪の場合将来を過度に悲観し、すべてを背負って死んでしまおうと考えたり、関係者とともに心中したりしてしまう場合すらある。これは、あまりに哀しいことだ。

資本主義のなかで「先進国」と呼ばれるような国(社会)では、「競争原理」が導入されるとともに「自己責任論」が強くなる。その結果、「社会的弱者」という立場に置かれたひとびとの「面倒」は、できるだけその家族や親族など、近しいひとたちが見るべきだという圧力を感じるようになる。だから、家庭環境の悪化や経済的困窮などの問題は、周囲や社会と共有しづらい「恥」と考えられてしまう。また、生活保護のような「セーフティーネット」に頼ることによって、社会からの偏見の目に晒されることを恐れるあまり、ますます自身を追い込んでしまうひとも数多い。

しかし、私たちは生まれてきた以上、「生き抜くこと」を最優先に考えるべきだ。それを途中で投げ出したひとが、後にどれほど苦悩するかは、どれほど強調してもし足りないのである。

自殺者は世界全体で年間100万人ほどと言われている。日本だけで見ると、年間3万人ほどだと「公称」されているが、実際はもっと多いだろう。なぜな...

必要な助けを得るのに、劣等感を抱くことはない。だから、抱え込めない苦しみを抱え込もうとして破裂してしまうくらいなら、誰かの助けを求めてほしい。それは家族や親族でなくてもいい。行政機関でも友人でも、パソコン上の知り合いでもいいので、誰かに自分の苦しみを見せることだ。それには勇気も必要だが、必ず助けてくれるひとはいる。そう信じてほしい。

また、あなたが誰かの苦しみをすべて肩代わりしようと思い、結果として自分を苦しめているのなら、こう考えてほしい。あなたは

このひとは私がいないとダメだ

と思うかもしれないが、それは思い込みである。そのひとにはそのひとの「生きる力」があり、守護霊も含め、多くの仲間がいる。それに、自分の限界を超えた自己犠牲は、ある一線を越えると相手への怒りや恨みに変わってしまうことがある。

このひとさえいなければ、もっとラクになれるのに

というように。このような思考はとても危険である。やり場のない感情になってしまいやすいぶん、ふとしたことで暴走してしまう恐れもある。これでは、まったく本末転倒である。

ここで私は、他者に対して非情になることを勧めているわけではない。相手の心情を思いやり、助けようとするのは大切なことだ。ただ、ひとりの力に限界があるのにも関わらず、それを自分だけで抱え込もうとすると、心に歪みが生まれ、いずれそれが大きな「反動」を呼び起こしてしまうということだ。だから、誰かの助けを借りる。そして、自分にとって「弱いひと」に見える相手にも、「生きる力」が宿っていることを信じる。これができたら、あなたもきっと肩の力を抜いて生きられるようになるはずだ。これはどちらも、「他者への信頼」がカギになる。他者を信頼できるひとこそが、自己の力を最大限に発揮し、相手を助けることができる。また、自分の力だけを信じ、自分ひとりで抱えようとするということは、ある意味自分の見立てを絶対的に正しいと信じているとも言える。だから

あのひとは不幸でかわいそうだ。助けてあげなければ

私がやらなければ誰にもできない

などと考えてしまう。しかし、人生はあなたの思った通りに動くものではない。それに、苦しみは私たちを成長させる大事な糧でもある。だから、それをひとりで引き受けて、あなただけが苦しめばそれがいちばんいいということではない。それはときとして、他者の「学びの機会」を奪ってしまうことにもなりかねないからだ。

困っているひとは助けてあげたらいい。私ももっと優しい人間になりたいと常に思っている。しかし、だからといってそれで自分が消耗しきってしまうようでは意味がない。自分のいのちも他者のいのちも、同じように大切なのだ。みなそれぞれが、自分ができることを、できる範囲で、無理なくやればいい。そうすれば、余分な気負いも、優越感や劣等感も持たずに済むだろう。そしてそのときこそ、私たちは助けられるときも助けるときも、お互いが笑顔でいられるようになるのである。

コメント

  1. たろう より:

    Dilettante 様は幸せな方なのですね。

    3歳頃に6歳離れた姉に10段以上ある

    階段から何度も突き落とされ殺されかけた。

    学生の頃は同級生や教師から虐めに遭い

    母が倒れて亡くなるまでの3年間

    介護を一緒にしてくれる家族も誰一人居なかった。

    鬱病を発症しながらも就職して

    上司に怒鳴られ一緒に働いていた看護師の上司には針を刺されそうになり

    同僚には重い荷物を更に乗せられ腰を壊し

    話し相手が欲しくて始めた出会い系サイトは全て詐欺だった。

    残ったのは多額の借金だけだった。

    職場を変えた先の所長夫婦には

    男性所長からは性暴力を受け続け

    女性所長には夫を取られたと勘違いされ

    執拗なパワハラが続いた。

    職場を変えたら今度は新人が入る度にシフトを毎回半分以下に減らされ

    新人が辞めると戻され

    深夜勤務だったからダブルワークも

    すぐに探せず、ろくに仕事をしない人達の尻拭いをさせられ続け

    一人の先輩からは召し使いの様に使われ

    仕事のやり直しを毎日させられ

    辞めました。

    嫁いだ姉達の面倒も見させられ

    長女の旦那様には「影の長女」と言われました。

    家族にも友人にも、職場にも苦しみを与える人しか居ない。

    挙げ句の果てには「人格障害」

    仕事も出来なくなった私を救ってくれたのは「呪いの本」

    死んで呪う事が私の唯一の安らぎ。

    苦しみを分かち合えるのは

    ほんの一握りの幸せな方だけです。

    Dilettante様の投稿に苛立ちを

    覚えたのでメールしてしまいました。

    Dilettante様の投稿は

    貴方様を大切に想われる方がいらっしゃるから言える言葉なのだと思います。

    子供の時から恨みに満ちた私には

    このお話だけは偽善としか思えません。

    • 無名 より:

      多くの人が、どこか病んで歪んでいるから、自分以外の人に、出来る限りの心を砕く余裕がない

      余裕のないその人たちも、いつか何処かで、すべてではなくても、あなたの中にあるのと似たような苦しみのカケラを味わって、生きてきたのだ、とも思うのです

      わたしも、そうです

      ふとした瞬間、わたしはわたしの中にある痛みと、たろうさんのように、たくさんの痛みを絶え間なく重ねて来た人の苦しみの断片を、胸のなかで重ねる事があります

      それは、とても痛い作業です

      涙がでます

      でもそれを、やめる事はできない

      自分のなかの感覚が、人はみんな繋がっているのかもしれない、と思うから

      たろうさんが痛くて苦しいのなら、わたしも苦しいです

      綺麗ごとではありません

      そんな風変わりな人間もいるのだと、どうか胸の片隅に置いておいて頂けたら、とおもいます

      あなたの吸う空気が、ほんの一瞬でも、穏やかで澄んでいますように

      • たろう より:

        無名様へ

        私の発言に対し優しいコメントを頂きありがとうございます。

        以前、Dilettante様の別のお話に

        「声や言葉を発する事の出来ない動物達や子供達、これから生まれ変わる子供達に自然豊かな明るい未来があることを願っています」

        と書きました。

        私は父が寿命を全うする十数年後に

        居なくなります。

        生まれ変わる事もありません。

        多くの復讐を果たして

        魂の墓場に探す永遠の旅になるかもしれません。

        私は肉体がある未来は見ていません。

        死後の復讐の準備をしています。

        そんな私に気持ちを重ねて痛く苦しい想いはなさらないで下さい。

        生きたいと願う何も言えない動物達や子供達に気持ちを寄せてあげて下さい。

        お願いします。

        優しいお言葉をありがとうございました。

        • 無名 より:

          たろうさんへ

          返信をくださって、ありがとうございます。

          わたしは 想います。

          たろうさんはわたしなんかよりずっと優しい方なのではないか、と。

          胸の奥の奥に繊細な優しいあなたがいなければ、 誰かの優しさに気付く事はないとおもいます。

          わたしみたいな人を優しいと感じてくださるあなたは、本当に優しい方なのだと思います。

          ありがとうございます。

          わたしの中では、

          言葉を持たない動物や まだ言葉が未発達な子供たちと、たろうさんとの存在の濃淡に、何一つ違いはありません。

          前回もお伝えさせて頂きましたが、これは綺麗ごとではなく、わたしの生き方そのものなのです。

          あなたの意志を、見つめています。

          でも、わたしはわたしでしかありません。

          わたしがあなたを、見つめている事は、

          わたしの自然な想いなのです。

          あなたが痛くて苦しくて、時には涙も流れるのなら、わたしもあなたの中にある痛みを感じ、ほんの少しでだけでも苦しみを分けてもらい、時にはいっしょに涙も流れます。

          綺麗ごとではありません。

          あなたはあなたの納得のいくように。

          わたしはわたしの想いのままに。

          間違ったことは、ないとおもいます。

          わたしからのお願いがあるとすれば、時々は、あなたの胸の痛みをあなたがそっと撫でてあげてください。

          動物や子供たちに向ける優しい眼差しを、あなた自身にも向けてあげて欲しい。

          たった30分でも、深く穏やかに眠れる時がありますように。

          たろうさんのお願いを聞き入れられなくて、ごめんなさい。

          • たろう より:

            無名様へ

            御返事ありがとうございます。

            無名様のお願いを聴けず申し訳ありません。

            これはDilettante様にも話しましたが

            右手にはナイフ

            左手には白木の杭という見えない凶器を常に握っています。

            私の復讐には自分自身も含まれています。
            なので自分を撫でることは出来ません。

            私にとって既に私はこの世に要らないのです。

            父の介護や看取り、姉達にも子供が居ないので墓を閉じるために

            存在しています。

            私が動物達や子供達に気持ちを寄せるのは

            私が心を許せたのが1歳の時から一緒にいた犬の太郎だけでした。私が家族と心から呼べる存在が32年に渡り2匹で支えてくれた太郎たちだけでした。

            ニュースを見る度に

            「人間が居なければこんな目に遭わなかったのに」

            と思うことが多いです。

            人間は危険だから、邪魔だからと動物達を殺します。

            動物達からみれば

            人間の方が危険で、邪魔なんです。

            でも人間は減らない。

            なら動物達が棲む環境や命を大事に思う世の中になって欲しいと

            子供達に願うのです。

            しかしその子供達が虐げられていく。

            なので動物達や子供達に気持ちを向けています。

            私自身、子供は苦手です。

            どう接したら良いのか全く分からないので、子供も私には近寄りません。

            私は優しい人間ではありません。

            乱筆失礼しました。

  2. たろう より:

    Dilettante様、申し訳ありませんでした。

    返信するつもりはなかったのですが

    このブログを読んで怒りが収まらなくなり

    暴言に近い言葉を書いてしまいました。

    本当に申し訳ありません。

    こちらのサイトの文章を読むことで

    Dilettante様が博識であること

    紳士的であることを伺えます。

    そんな貴方様に私の過去や現状を話しても

    仕方ないのに怒りに任せた行動をしてしまいました。

    申し訳ありませんでした。

    20代の頃は母の死後、母方の祖父母の墓に向かう途中でウキウキしたりして

    嬉しい感情を持ち、墓に着いたら泣き出した事がありました。

    母は自分の母親の顔を知りません。

    なので会えた事が嬉しかったのかと思っています。

    新盆の時には看護師だった母の足だけ見えました。

    夜中に遺影を見ていると口元が動いているので情けない私に小言を言ってくれていたのかも知れません。

    今はもう母を感じる事は出来なくなりました。

    こんな負の感情に支配された情けない人間にはもう分からないことですね。

    御迷惑になってしまうと言っておきながら

    怒りに任せ、Dilettante様に暴言を言ってしまい本当に申し訳ありませんでした。

    • Dilettante より:

      たろうさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですね、

      偽善

      という言葉にはいろいろな意味の拡がりがあるとも思いますが、たとえば

      「現状がこんなにも苦しいのに、空虚な理想論を語っている」

      と思われれば偽善と見なされるかもしれません。

      それは言い換えると

      それが実現できれば素晴らしいかもしれないが、実践するのはほとんど無理だ

      ということであったり、あるいは

      それが実現できたとしても、問題の解決には至らない(実効性に欠ける)

      ということであったりするとも思います。

      またはもっと単純に言って

      そんなことを言われても、自分の苦しみはまったく和らがないし、心にもまったく響かない

      ということから、それを偽善と見なすこともあり得ると思います。

      ですから率直に言ってしまえば、今の私があなたにとってまだまだ未熟であるために、あなたにそういう感想を持たれるのでしょうから、私としては、これからも精進していきたいと改めて思いました。

      ただそのうえでひとつだけお伝えしておきたいのは、少なくとも私からすると、あなたがそうやって過去の、そして今にも尾を引いているつらい体験を私にも伝えてくださったことこそが、まさに

      「苦しみはみんなで分け合う」

      ということそのものなのです。

      もちろん、現段階ではあなたの苦しみは解決したというにはほど遠い状態なのはわかります。

      ただそれでも、あなたはここに自分の苦しさを書いたことで、そのほんのほんの少しでも、和らいだとは思えないでしょうか?

      もしそうなら、私はそれがとても嬉しいのです。

      ですがもちろんそんなことはほんの少しも感じられないということでしたら、それはそれとしてやはりもっと精進しようと思いますし、そもそもあなたの根底にある

      「計画」

      は現時点でまったく揺らいでいないのでしょうから、私は私の目的を達するために、もっともっと力をつけなければいけないのです。

      そしていずれは、あなたにとってもっと意味のある存在になりたいと、そう思っています。

  3. たろう より:

    Dilettante様へ

    私の暴言への返信を読ませて頂き

    読み返す度に涙が零れました。

    こちらに書いてしまった苦しみは半分くらいです。

    私の計画を壊す事は簡単なんです。

    私が男性を愛し、本当の安心を感じる事が出来れば相殺されるかも知れません。

    しかし私は家族を含め人を愛せないのです。

    私が受けてきた暴力は文章で表しきれないからです。

    Dilettante様は「意味のある存在になりたい」と仰って頂けましたが

    既に私にとって「意味のある存在」になっています。

    きっと私が生まれた理由は「魂の墓場を探す事」なのでしょう。

    何年も何年も何年も自分にあった殺し方を捜し続け。やっと見つけられた。

    安心し、とても嬉しかった。

    こんな私がDilettante様のブログを見つけた時、帰る方法を見つけた様でした。

    ただ、計画を進めるには

    私の憎しみの増大のスピードが早すぎるのでコントロールする為にこちらのブログを読ませて頂いています。

    私を苦しめた人間達は結婚をし、子供を授かり、孫を授かり幸せに暮らしている。

    彼等の幸せが私の怨み。

    こういう人生を歩んでしまった私自身も怨みの対象です。

    私に近寄る男性はアルバイトで必死に働いたお金を狙う人間ばかりでした。

    極端な過食による薬物の過剰摂取。

    まともな生活もままならない。

    太っている私を受け入れる人間はいません。

    この世の人間が皆、Dilettante様の様に紳士的な方で優しく心が強くあれば

    私のような人間は生まれずに済んだのかもしれませんね。

    • Dilettante より:

      私の想いと今のあなたの想いに違いがあることはわかっているのですが、それでも私としては、もしあなたが本当には

      「愛し合うこと」

      を望んでいて、それを阻む要素のひとつが

      極端な過食による薬物の過剰摂取

      にあると思っているのであれば、それを抑えることができればあなたはご自分の目的に近づくことができるのではないかと感じてしまいます。

      ですが今のあなたがそちらの方向に意識を向けるのは、実際にはかなり難しいのだろうということもわかっています。

      では一方で、私がそれを望んでいないことはいったん脇に置いて、もしあなたがそうした過食や薬物の過剰摂取を続けていくことで結果的に寿命を縮めることになり、自殺を選ぶより先に死ぬようなことがあったら、それはそれで今のあなたの計画がそのまま実現するよりは、まだだいぶましなのだろうとも、私は思うのです。

      これはどういうことかと言えば、今のあなたの計画が

      1,自殺して、他者を恨み、復讐を遂げる

      というものであるとすると、もちろん私としては

      2,自殺せず、復讐もしない

      というのをいちばんに望んでいるわけですが、もしそれが叶わないとしても、せめて

      3,他者は恨み続けるが、自殺はしない

      というところにまで動かすことができれば、それは今のあなたの計画に比べれば、まだだいぶましだということなのです。

      そしてそこまでできれば、つまり自殺さえ選ばずにいてもらえれば、あなたの恨みのエネルギーはだいぶちいさくなっているので、ほとんど必然的に、復讐も遂げられないだろうと思うのです。

      ですから私としては、今すぐにあなたの恨みを手放してほしいとまでは望みませんから、せめて自殺だけはしないでいただければ、まずはそれで充分だと思っているのです。

      ただそうは言っても、しあわせを本気で目指そうとしているひとにとってさえ、負の霊の妨害は相当に強力なのですから、あなたのように進んでその力と結託しようと思っている(強く思わされている)場合には、その影響力は数倍以上だと見ていいと思います。

      ですからあなたが

      私の憎しみの増大のスピードが早すぎる

      とおっしゃるのはごく当然のことだと思います。

      その意味において、私は決して現状を楽観しているわけではありません。

      ただそのうえで改めて申し上げておきたいのは、

      あなたが思っているほど、魂の墓場に行く(そこに住まう存在になる)というのは簡単なことではありません

      ということです。

      もしあなたが自殺したとしても、誰かを恨み続けたとしても、それで実際にあなたの思う「復讐」を遂げたとしても、魂の墓場というのは、

      「そんなことくらいで」

      行けるような場所ではありません。

      あなたが今肉体人であるから、それにその場所は霊になったからといって誰もが見たり通ったりする場所ではないからなおのこと、あなたにこのことを本当に実感してもらうことはほとんど無理なのかもしれないとも思います。ですがそれでも、その場所は本当に、圧倒的に異質で、哀しく、本当にはいかなる表現を以ってしても、言い表せるようなものではありません。

      ですからどうか、そんな場所に居場所を求めることはやめていただければと思います。私の言葉では私の想いを載せきれないことはわかっているのですが、それでもいつかそれがあなたにも伝わることを、心から願っています。

      そしてもし、あなたがまた他の道を模索することにも少しは望みを持っているのなら、たとえば

      久しぶりに、仲間たちからの言葉を共有してみようと思う。だが彼は、単純な私の「仲間」というには、かなり語弊がある。誰より彼自身が、私の「仲間」...

      を読んでみたりすることも、少しはなにかの力になるかもしれません。

      いずれにしても、私もこれからもあなたに対してなにをどこまでできるのかを考えながら、私自身に少しでも悔いのない道を、模索していきたいと思っています。

      • たろう より:

        Dilettante様へ

        私は糖尿病なので過食は私にとってリストカットで薬は包帯です。

        ただやり過ぎると失明したり色々出てくるので死なない程度のコントロールが必要です。

        永い期間で薬を貯めて

        何日も絶食した状況で貯めた薬を飲み重石を着けて水の底に沈みたい。

        これが私の計画の発動です。

        なので過食をコントロールしないと

        殺す道具が貯まらないんです。

        だんだん医師が気付き始め、薬の入手が難しくなって来ましたから苦々しい思いです。

        最終的にあまり貯まらなければ飲まなければ良いのでどうにでもなりますけどね。

        病気で死んでも服薬で死んでも私にとっては1日でも早く死ねる事が計画の前提条件です。

        夢や妄想で怨みの対象の喉を踏みつけ家を焼く時に動物は逃がす事を忘れてないですけどね。

        復讐は必ず行います。

        私は男性とセックスをしたいのではありません。

        ただ普通に生きてみたかったです。

        普通に仕事をしてみたかった。

        安心を1日でも良いから感じてみたかった。

        それでも父が亡くなるまでは仕事をしなければならない。

        今まで自分で選んだ職場全てで暴力を受けてきた。

        だから仕事を探す事が出来ない。

        こんな状況なのでDilettante様の

        お気持ちには応えられません。 

        私の気持ちはこの世にありません。

        もうどこにもないです。

        Dilettante様は不思議な方ですね。

        とうとう計画を話してしまいました。

        もし肉体がある内にDilettante様にお会いできたら冥土の土産になりますね。

        顔が見えないから話してしまった。

        Dilettante様は最期に安心を頂けた方ですね。

        貴方様のブログに出会えて良かったです。

        ありがとうございました。

        • Dilettante より:

          何日も絶食した状況で貯めた薬を飲み重石を着けて水の底に沈みたい

          ですか。詳しく聴けば聴くほど、やはりあまりにも哀しい計画だと言う以外にない気持ちになります。

          もちろんあなたのおっしゃるとおり、仮に薬は手に入らなくても大枠の計画に支障をきたすことはないでしょうが、その部分を差し引いたとしても、もしあなたが本当にそんな最期を迎えようとしているのであれば、それはあまりに哀しすぎるというのが、私の率直な想いです。

          だからこそ、私はあなたにどう思われようと、なんとかあなたを止めたいと思っているのです。

          とはいえ、私は今そこまで強く思い詰めているあなたのお気持ちが、一気にすぐ変わるなどということは期待していません。

          ただ私は、あなたに1日でも1秒でも長く、生きていてほしいと思っています。そうすれば、そのなかで少しずつ少しずつでもあなたの気持ちを変えるなにかが起こるかもしれないと思うからです。そして実際に、それはもう起きつつあることだとも、私は思うのです。

          あなたを気にかけているのは、少しでも本当の意味での味方でいたいと思っているのは、私だけではありません。無名さんもいます。それに、直接コメントを寄せることはなくても、このやり取りを見ているたくさんのひとたちも、それぞれにあなたのことを想っています。

          ですからどうか、その想いを少しでも汲んで、少しでも長く生きていてもらえればと、強く思っています。その想いがあなたに届くまでには長い時間がかかるかとも思いますが、私は、私たちは、その時が来るのを、粘り強く待ち続けていたいと、そう思っています。