「やらずにはいられないこと」を探し当てれば、それがあなたの役割になる

今や世界には70億人を超えるひとびとがいて、それぞれの人生を生きている。だから今からあなたがなにかを始めようとしても、必ずと言っていいほどそこには既に「先駆者」がいる。そんななかであなたがなにをしようがしまいが、世界には大した影響がないように思えるかもしれない。しかし、この世に生まれてきたということは、あなたにも必ずなんらかの「役割」があるということだ。それはあなたに大きな喜びをもたらす。だからそれは真剣に探すに値する。そしてそれを見つける手がかりは自分のなかにある。自分自身の心に向き合い、「やらずにはいられないこと」を探し当てることができれば、それがあなたの役割になるのである。

私たちの生活は多くのひとたちの「分業」によって成り立っている。どんな分野にもその道を究めるひとがいてくれるおかげで、私たちはその恩恵に与って生きることができている。それは生活に直結する食分野(農業)といったものに限らず、芸術やサービス業など多岐に渡っている。特に日本のような「恵まれた」国にいる限り、普段の生活に必要なもので不足しているものはほとんどないように見える。だから、一見するとことさら自分が果たすべき役割などは、もうないのではないかとも思えてしまうのである。

たとえば私に絵の才能はほとんどないが、私が今から無理をして絵を学び、できる限りの能力を振り絞って作品を生み出さなくても、世界には既に素晴らしいものがたくさんある。そこに私の作品が加わったとしても、私の作品が鑑賞者をより感動させられる確率は限りなく低い。だから、私が芸術家になる必要はまったくないのである。

あるいは、食糧自給率の低さを鑑みて、私が農業に従事するのはどうだろうか?しかし私の体力やからだの状態を考えると、私がこれから肉体労働の現場に入って役に立つとは思えない。だから、私が農家になる必要はまったくないのである。

では、私にはもはや大した役割は残されていないのだろうか?そう自問したとき浮かび上がってきたのが、この『闇の向こう側』の活動だったのである。私が自分なりに体験してきたことを踏まえて考えたとき、現在の「スピリチュアル」の世界の情報はあまりにも混乱していて、明らかな誤解や思い込み、間違いも多く見受けられた。このことを真摯に考えれば考えるほど、

やらずにはいられない

という想いが強くなってきた。それで、この『闇の向こう側』を開設することを決めたのである。

もちろん、すべての情報が間違っているとは言わない。私の見解と重なる部分が多いことを説くひともいる。それに、私も日々学びを続けている課程にあるので、期せずして誤った認識を持っている可能性もある。だがそれでも、私は私なりの立場から、私なりの「真実」を伝えていきたいと思っている。それが様々な存在に育ててもらった私の「恩返し」であり、「責任」であり、「やらずにはいられないこと」であった。そしてなにより、私自身にとっての大きな「喜び」でもあったのである。だから、紆余曲折がありながらもこうして今日もこれを書くことができている。そしてこれからも、続けられる限りこのように生きていくだろう。それが私の「役割」だと、確信できているからである。

では、あなたの役割はなんだろう?それを既に見つけられているひとも、そうでないひともいるだろう。それはその時期によっても変わるし、あなたがやらなければ誰かが代わりにその役割を果たすこともある。あなただけが世界の運命を左右する重石をひとりで担う必要はない。だから、焦ることも余計な気負いも必要ない。ただ、自分自身と真摯に向きあえば、いずれ必ずあなたにも、

これはやらずにはいられない

と言えるものが見えてくる。それがあなたの役割である。じっくりそれを探してほしい。それを見つけられたら、あなただけでなく私も世界もしあわせになる。なぜならあなたが真の役割を果たすとき、世界は本当の意味で豊かになり、ひとびとはその美しさを再認識して、心から笑顔になるのだから。