温暖化にしろ寒冷化にしろ、宇宙全体の活動が大転換期に来ているのはほぼ間違いない

地球温暖化問題が叫ばれるようになって久しい。この言葉はもう私たちにかなり馴染み深いものになってきたし、日本では基本的にこうした予測に基づいた政策が行われている、あるいは行われようとしていると言っていいだろう。実際、夏の暑さのなかにいると地球温暖化はほとんど疑いようのないことのようにも思える。しかし、一方で世界には「地球寒冷化」を唱えるひともいて、それもかなりのひとたちに支持されてきている。つまり、

地球はこれから温暖化する

というひとがいる一方で、

地球はこれから寒冷化する

というひともいて、互いにそれなりの根拠もあるということだ。これはまったく真逆の見解である。いったいどうなっているのだろうか?しかし、宇宙や地球の永い歴史のなかのほんのわずかな期間を知るにすぎない人類が、これからの予測を立てるなどそもそも不可能である。それに「二酸化炭素排出権取引」に見られるように、現代の私たちの活動にはすべて「カネ」が絡むのだから、こうした問題の真実が明らかになるのはそう容易ではない。

ただ、そうしたことを踏まえて冷静な眼で考えてみると、個人的な感覚として

すべてが大きく変化している

ということを感じるひとは少なくない。たとえば、確かに夏はとても暑いが、一方で冬には豪雪が降る。まるで「夏はより暑く、冬はより寒く」なっているかのようだ。「異常気象」が毎年のように起こり、私たちの生活にも大きな影響を与えている。だとすると、これは「地球温暖化」か「地球寒冷化」のどちらが正しいというよりも、むしろ

「地球激動期にある」

と言ったほうが腑に落ちるのではないだろうか?

これはなにも気象だけに関することではない。地震や火山活動、ウイルスの脅威、そして社会制度の変動……。あるいはこれは地球だけに留まることでもない。近年では太陽活動にもなんらかの変動が起きつつあることが取り沙汰されていて、これらはもちろん地球にも影響を与えることになる。こうしたことが最終的にどこに行き着くのかはわからない。だが、

「なにかが起きている」

ことだけは確かだ。そしてそれは地球や人類だけに起きているのではなく、むしろ「宇宙全体」に起こっているものだと考えたほうがいいと思う。それはまだ根拠を持って「発表」はされていないかもしれない。そんなものには最初から期待しないほうがいい。だが、私たちの身の回りを見てみても、これからの時代が「現状維持」の「安寧」なものになるという可能性がかなり低いことは、もはやほぼ間違いないのである。

だから、私たちはこれから、しっかりと眼を見開いて世界を見ていかなければならない。そしてなにより、自分自身としっかり向き合ってなにが自分にとっての喜びなのかを問わなければならない。それは最初は困難なことに感じられるかもしれないが、むしろこのような激動の時代だからこそ、それができるとも言える。なにも変化がなければ、無自覚に流されてしまうからである。だから、これはひとつの「好機」(チャンス)でもあるのだ。私自身もここ数年で大きく生きかたが変わった。そこには葛藤や苦しみもあったし、これからも様々なことがあると思っている。しかし、全体として見れば少しずつでも喜びが大きくなっているとは言えると思っているのである。だから私はあなたにも、ぜひこの機会を活かしてほしいのだ。強制された変化は苦しみになるが、自発的な選択による変化は喜びになる。そして、過去や現在がどうであれ、これからの未来を創るのは、今のあなたの行動なのだ。ぜひその力を、迷い苦しむほうでなく、喜びを大きくするほうに遣ってほしい。それはあなたが本気になれば、必ずできるのである。