加藤諦三。ひとの精神や病みを研究してきた彼の言葉に、深く共感した

先日ネット上で気になる言葉を見つけた。調べてみるとそれは加藤諦三というひとの言葉であることがわかった。彼の公式ホームページも見てみたところ、彼は長らく心理学、精神衛生学、哲学を研究し、現在は日本精神衛生学会の顧問も務めながら、作家としても活動しているという。

このウェブサイトは作家・早稲田大学名誉教授 加藤諦三の公式サイトです。

世に「名言」や「格言」と呼ばれるものはたくさんあるし、それを追っているだけではなんにもならないのも確かだが、彼の言葉は私も深く共感するものであったし、この『闇の向こう側』全体の主題にも関連するものだったので、いちどあなたにも紹介しておきたいと思う。

その言葉というのがこれだ。

今まで十分に辛い思いはした。今まで十分に恐れた。今まで十分にふるえた。今まで十分に怖じ気づいた。今まで十分にいじけた。

拒否されることを恐れるだけ恐れて、歓迎される自分を味わうことなしに死んでいくことはないではないか。

今まで十分に眠れぬ夜は過ごした。

もうぐっすり眠れる夜を持っていいではないか。

今まで、よい人と言われるために、十分に他人の期待することだけしてきた。

今まで十分に、従順に生きてきた。そして何の報酬もなかった。

それは、けっして勝つことのないゲームに参加しているようなものだった。

他人の期待に従うことだけを目標に生きてきて、それでいつも拒否されることに怯えている。

けっして勝つことのないゲーム、そしてつねに自分を評価し判断する世界。

人びとはいつでも自分を評価しようとしている。 そんななかで十分に自意識過剰になり、十分に苦しんだ。

他人に十分に支配されてきた。

つねに自分を低く評価しようとしている人とは、十分につきあった。

可愛がってもらいたくて、十分に静かに生きてきた。

可愛がってもらいたくて、自分の意向は十分に捨ててきた。

そしてその結果として得たものは何であったか。

そう、それは神経症であった。

それが古い台本に従って生きてきたあなたの結末ではないか。

それでもなお、あなたは古い台本に従って生きようというのか。 新しい台本に従って、熱い人生を生きてみようとは思わないだろうか。

生きようと思えば生きられるのだ。

私は彼との面識もないし、彼についてまだ少し知っただけに過ぎないのだから、ここに余計な解釈を付け加えることはしない。ただ、あなたにもなにかを感じ、元気を出してもらえたら、とても嬉しく思う。

コメント

  1. なすび より:

    こんばんは。なすびです。過去の記事なので、あなたの気持ちも変わってしまっているかもしれませんが、コメントさせて下さい。

    あなたも加藤諦三さんに出逢っていたんですね。そのことを考えると、やはり私とあなたの出逢いも必然なのではないかと感じてしまいます。

    私も古本屋で初めて彼の本を手に取ったとき、衝撃を受けたのを覚えています。

    当時は、自分が何に悩んでいるのかも分からず、親や学校の先生、カウンセラーの助言も心に響かず、自分がどこに進んでいるのか、これからどこへ進んで良いのか、自分はおかしいのではないかと思っていたのですが、彼の本は心にすっと入ってきたんですよね。自分の苦しみを分かってくれる人が自分以外にいると思えることがどれだけ救いになったことか。

    私の愛読書”シルバーバーチの霊訓”で特に気に入っている箇所があります。シェアさせて下さい。ぜひ、一語一句を吟味しながら読んで欲しいです。

    地上的環境の中におかれている以上あなた方は、地上ならではのさまざまな条件が生み出す幸福の絶頂と不幸のドン底、いわゆる人生の浮き沈みというものに直面しないわけにはまいりません。
    しかし、そこにこそ皆さんが地上に生を受けた意味があるのです。つまりそうしたさまざまな浮き沈みの体験が皆さんの霊、真実の自我に潜在する資質を顕現させることになるのです。

    困難と逆境とに遭遇してはじめて発揮されるものなのです。

    魂が真の自我に目覚めるのは太陽が光り輝いている時ではありません。バラ色の人生の中では霊性は発揮されません。危機、挑戦、困難、障害、妨害の中にあってこそ発揮されるのです。それが魂に潜在する神性を自覚する唯一の触媒を提供してくれるのです。

    人間の一人一人に神の計画があるのです。偶然の事故、偶然のチャンス、偶然の一致というものはありません。すべてが大自然の摂理によって動いており、そこには奇跡も摂理への干渉も有り得ません。摂理そのものが完璧にできあがっているのです。なぜなら完全な叡智によって生み出されているからです。
    神の法則に例外というものはありません。存在するもののすべてー地上の森羅万象だけでなく、無辺の大宇宙のあらゆるものーが神の配剤にあずかっているのです。どちらへ目をやっても、そこに神の法則の働きがあります。小さすぎて見落とされたり、大きすぎて法則のワクからはみ出したりすることは有り得ません。それと同じ法則があなたにも働いているのです。もちろん私にも、そして他の全ての人にも働いております。
    これで、作用と反作用とが正反対のものであると同時に相等しいものであることがお分かりでしょう。幸福の絶頂に至るにはドン底の苦しみを味わわねばならないこともお分かりでしょう。そして又、皆さんが自分ではドン底を味わったつもりでいても、まだまだ絶頂を極めてはいらっしゃらないこともお分かりでしょう。その証拠に、心の奥のどこかにまだ死後の世界についての疑念をお持ちです。

    しかし人間は生き続けます。地上で永遠に、という意味ではありません。地上的存在には不滅ということは有り得ないのです。物的なものには、その役割を終えるべき時期というものが定められております。分解して元の成分に戻っていきます。大自然の摂理の一環として物的身体はそのパターンに従います。が、あなたそのものは存在し続けます。生き続けたくないと思っても、生き続けます。自然の摂理で、あなたという霊的存在は生き続けるのです。

    ある種の教義や信条を信じた者だけが永遠の生命を与えられると説いている宗教がありますが、永遠の生命は宗教や信仰や憧れや願いごととは無関係です。生き続けるということは変えようにも変えられない摂理であり、自動的にそうなっているのです。
    そもそも人間は死んでから霊となるのではなくて、もともと霊であるものが地上へ肉体をまとって誕生し、その束の間の生活のためではなく、霊界という本来の住処へ戻ってからの生活のために備えた発達と開発をするのですから、死後も生き続けて当たり前なのです。元の出発点へ帰るということであり、地上のものは地上に残して、宇宙の大機構の中であなたなりの役目を果たすために、霊界でそのまま生き続けるのです。

    私も摂理のすみずみまで見届けることはできません。まだまだすべてを理解できる段階まで進化していないからです。理解できるのはほんの僅かです。しかし、私に明かされたそのわずかな一部だけでも、神の摂理が完全なる愛によって計画され運営されていることを得心するには十分です。私は自分にこう言い聞かせているのですー今の自分に理解できない部分もきっと同じ完全なる愛によって管理されているに相違いない。もしそうでなかったら宇宙の存在は無意味となり不合理な存在となってしまう。もしこれまで自分が見てきたものが完全なる愛の証であるならば、もしこれまでに自分が理解してきたものが完全なる愛の証であるならば、まだ見ていないもの、あるいはまだ理解できずにいるものも又、完全なる愛の証であるに違いない、と。
    ですから、もしも私の推理に何らかの間違いを見い出されたならば、どうぞ遠慮なく指摘していただいて結構です。私はよろこんでそれに耳を傾けるつもりです。私だっていつどこで間違いを犯しているか分からないという反省が常にあるのです。無限なる宇宙のほんの僅かな側面しか見ていないこの私に絶対的な断言がどうしてできましょう。ましてや地上の言語を超越した側面の説明は皆目できません。こればかりは克服しようにも克服できない、宿命的な障壁です。そこで私は、基本的な真理から出発してまずそれを土台とし、それでは手の届かないところに関しては、それまでに手にした確実な知識に基づいた信仰をおもちなさい、と申し上げるのです。

    • Dilettante より:

      なすびさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですか、あなたも加藤さんに大きな影響を受けていたのですね。

      またあなたは今までもよくシルバー・バーチの霊訓についてお話しされていますが、それも私の考えと基本的に一致している部分が多いと感じています。ただ一点だけ付け加えるなら、

      「世界には『神の計画』以外にもいろいろな存在の『計画』が同時に存在し、それぞれがその実現に向けて進んでいる」

      ということでしょうか。しかしそれも最終的には、

      「愛と理解を拡げ深める」

      といういわゆる「神の計画」に、包摂されることになると言えるのかもしれません。

      とはいえ、そういったことをいったんは認めたうえで、それでも私は私の意志に基づき、私の計画を練り、私の人生を、実践してみたいと思います。

      そこに私は私自身の「情熱」を、いつも自覚するからです。

      これからもどうぞ、よろしくお願いします。