『アバター』。人類が地球環境を破壊し尽くそうとするなら、その前には必ず大規模な反作用がある

先日久しぶりにジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』(Avatar)を見た。2009年に公開されたこの作品は、宗教や経済の在りかたに一石を投じる力をも秘めていて、当初から全世界的な注目を集めることとなった。実際この映画は見る角度によって様々な解釈をすることが可能であり、それは私たちが当時もそして現在も生き続けている、この世界の実際の状況と相似している。私がこの『アバター』を見たのは今回で2度目だったのだが、いちどすべてのストーリーや結末を知ったうえでも、まだやはり多くのことを考えさせられた。そして私がそのなかでも改めて強く感じたのは、「もし人類がこのまま地球環境を破壊し尽くそうとするなら、その前には必ず大規模な反作用がある」ということ、つまり「人類が滅びるとすれば、それは神罰でも自然の復讐でもなく、人類自身の自滅によるものだ」という確信だったのである。

『アバター』の物語は、地球環境をほぼ破壊し尽くしてしまった人類が、新たな生息環境と資源を求めて、「パンドラ」という星に赴くことから始まる。そしてそのパンドラに秘められる資源を巡り、先住民の「ナヴィ」たちとの摩擦や衝突が起きることから物語が展開していくことになるのだが、このナヴィたちが生活拠点とし、精神的な拠りどころともする「ホーム・ツリー」(魂の木)はパンドラの全体のネットワークの要であり、そこに調和をもたらす<神>としての象徴的な存在として作品に登場する。

そしてそんなパンドラで、最終的に人類は自らの目的を果たすため、話し合いや懐柔による取引を諦め、ナヴィとの全面的な武力闘争に突き進んでいく。そして圧倒的な軍事力を背景に、人類がほぼ勝利を手中に収めようとしたとき、パンドラの調和を図る力によって、人類の野望は脆くも崩れ去るのである。

そして人類にもナヴィにもパンドラにも多大な犠牲を強いたこの闘争は、人類の敗北と撤退によって幕を閉じる。しかしここで考えてみてほしいことは、人類を敗北させたのは本質的にはナヴィでもホーム・ツリーでも<神>でもなく、人類自身であったということなのである。人類が勝手に侵略し、攻撃し、破壊した結果、その大規模な作用の反動で起こった「反作用」が、彼ら自身の首を絞めたのである。

そしてさらに言えば、パンドラにこのような調和を図る「神」(はたらき)があるのだとしたら、なぜそれが地球にないと考えるのだろう? つまり、『アバター』の世界設定では、地球に緑がなくなるほど人類が環境を破壊してしまったことが、パンドラへの進出を画策させる要因になっているのだが、そもそももし地球がそれほどまでに荒廃してしまったら、そのときには人類も既に滅んでしまっているのではないだろうか? 『アバター』における「ホーム・ツリー」(あるいは「エイワ」)に倣ってそれを「ガイア」と呼んでもいいが、もし人類がこのまま野放図に環境破壊を続ければ、いずれ必ずその「反作用」は私たちに返って来る。そしてそうなったとき、私たちがその力に打ち克てる可能性は、限りなく低いのである。

だから私は、地球の環境がこれ以上悪化したとき、どこか違う星に活路を見出す必要はないと思う。というより、それは無駄な抵抗である。言ってしまえば、地球が死ぬときには、私たちも死ぬしかないのである。より正確に言えば、地球が死ぬ1歩手前で、人類は滅びることになる。繰り返すがそれは「罰」ではない。ただの「報い」であり、「自滅」なのである。

私たちは地球に住んでいるのではなく、「住まわせてもらっている」のである。それを最期まで認識できないのなら、人類に未来はない。だが私は人類がそこまで傲慢で愚かではないほうに懸けているので、私たちに未来がないとは思っていない。ただ冷静に見れば、私たちの「反作用」はもう既に始まっているように感じる。私たちは自分で自分の首を絞めながら、なぜ苦しいのかわかっていない。だがそれで本当に窒息死してしまうなら、人類はなんと哀れな存在なのだろう。しかしもちろん私もその一員だ。だからひいき目もあるのは間違いないのだが、私はそこまで人類を過小評価していない。だからこそ、『アバター』のような作品を生み出せるのではないのか?それにもし私たちがパンドラやナヴィの生きかたに憧憬を感じるなら、それを単なる夢で終わらせずに、自分たちの世界に実現する力も、私たちは持っているはずなのだ。私は最期の最期までその希望を棄てるつもりはない。それにそれはあなたもきっと、同じでしょう?

コメント

  1. より:

    人は醸造を極める為に凡ゆる物の調合を始めました。環境破壊の始まりの物質の混合物が酢と胃液で化合物が鉛だと言われています。皆様が手に取る世間の産業や工業の中で良く見る物質の混合物と化合物はプラスチックと医薬品また金属製品が主に環境の醸造分野や部門へ分かれてます。酢を検査薬で使う事から始まった塩ビは様々な工程へ広がって自然破壊を行います。胃液はシステインと語るシステムと成って医療や医薬品の検査液分野で活躍を増やしています。鉛は逸話で地球上の物質でなく人工的に地球外物質を扱った結果出来た物体だと語り継がれます。鉛は人の進歩進化の土台を握った行方の一つで太古や昔の話が沢山残っています。誰もが理解して頂きたい話で研究課題に置ける、電荷の酢、電解の胃液、電離の鉛は癖を繰り返す後とに研究結果は水銀と成って自然破壊を行う量子と成ります。環境省は程度を癖から僻へ置き換える分野や部門の対策や対応へ追われます。
    結論を語れば付ける事で産業工業の代償は大きく冷却保管や冷却保存が必要と成ります。
    皆様を量子から原子の世界へ導く行方を書いて起きます。水銀は水色

    G=(022乗)を四角形へ当てはめると左上角が0、右上角が2、左下角がG、右下角が二乗と成っています。右上角から斜め一本線の左下角へ測量、左上角から斜め一本線の右下角へ測定と表します。原子は図形の座標工程で現在の原子力発電所へ繋がっています。

    やり方。アインシュタインの相対性理論。やり方

    この課題は耐震強度に寄る崩壊で全損します。地上23センチが沸点で高さを想定した設計が成されていません。
    身勝手な開発者が始めた原子力発電所も峠を超えました。日本人は左上角を心としない、中心と去れない傾向が有る為にソ連と異なる原子力は失敗に終わりました。
    次の分野や部門へ進む各国を皆様は以下にお考えでしょうか課題は魂石と成っています。この魂石は太古のサウジアラビアの国宝石、アブダカダブラで地球上に一個しか無い飛来石です。飛来した当時、子供がこの魂石を投げた所、業火を放って飛んで行く貴重な品物でした。現在、何世紀を超えた現代人がウランやガリウムまたLEDを開発する原理へ去れています。惑星群や隕石群の発祥地を誰もが調べていますが想定でマゼラン星雲やオリオン座など討論も有るそうです。

    自然破壊や環境破壊はいつ迄も続く何故ですか人の人知は人の英知は立て図形の上から100を元素表として左側を周期表へ並べたら反応数値も人目で解ります。A点とB点の真ん中を座標に垂直45度下へ同じ長さの座標C点を得たらA点とB点の距離が割り出せます。実数値も6を掛けるだけです。地球環境を破壊して行く人間を誰が止めて再生出来るか人の取り柄で有る、農業、農耕、漁業、林業を皆様が取り戻して行けるか工業化学の新たな学習要因や学習要員が必要な時代背景と成って来ています。

    インド式掛算の二桁導入で全ての算出が完成する数値目標でした。

  2. より:

    日本人は今世紀、太古のハンブルグを真似た、戦時中から昭和歴、平成歴、実に皆様が驚く話で疑うでしょうが行われていた紀元が日本の室町時代で既にコート(コートジボワール)では近代都市が成り立っていた。産業工業の繊維、映写、文字、醸造界を開いて行く展望をフランスへ委ねた。いち早く手に入れた存在が江戸歴の石川五右衛門だった。鉛から作られた液体を汗と語る当時の話で現在は工業原液アセトンと成っている。まさに不思議な金属(鉛)で梅干しの種を割って中身を工業原液アセトンへ漬け込んで一定化した月日を置くとモヤシと成る。これを培養と江戸歴始めた、原生林を破壊して新しい新種を生み出す事こらフランスで大流行した人口植物がポト、日本は紫蘇、紫陽花、朝顔など有名で有る

    日本の検査液の種類は酢、システイン、鉛から多種多様の分野と成って部門が広がるばかりです。プラスチック工程からシステイン工程、鉛工程と何でも産業化工業化した絶品を工程して人が扱う能力でさえ飛び越し臨界前核実験と暴走が止まりません。地球環境を皆様もどうお考えでしょうか?人が始めた酒の醸造は様々な変化変貌を続けて新たな検査液を検査物質を人間は破壊工作を行うかの如く次々と探し求め産み出しています。
    アインシュタインの相対性理論も量子力学と成って昭和時代から恐ろしい進化進歩を続けて原子、電子と暴走は現在も続いています。誰が自然破壊を誰が環境破壊を止める事が出来るのでしょうか?工業化学で扱わない結合の科学 は結論、反作用を元手に電荷なら窒素、電離からフッ素、電離からヒ素と全く別な方程式を統率して地球環境を破壊する水銀灯を構想して行く訳でした。

    電荷はバリウム、電解はカルシウム、電離はイットリウム。地球環境破壊の科学は大規模と成るばかりでした。
    反作用の構造、構想、範囲を書き出して起きました。地球破壊は水素でも有る訳で植物の木通を煮詰めると水素ガスが発生しています。

    遠い昔、人の反作用とは醸造だった訳でしょう。いつか、人間はまた語り継ぐ話と成る事だと見ています。地球環境破壊

    コート(V)aをバッカス、eをペンタゴン。aをバッカス意味は宇宙、eをペンタゴン意味は文字、地球環境破壊の反作用その物だ。

    誰もが禁止、廃止をしない、地球環境破壊、金を導入して黄泉を冥府を構築している。いつまで自然破壊を環境破壊を行う事か反作用だ、誰もが止まらないバッカス。

    現代人の追欲は限りなく続く、珊瑚礁も記憶を自然界が成り立たせた標本で地球環境破壊の一つだ。

    日本の江戸歴、愛知県で遺族赤子失踪連続殺人事件ザマが書き記されて現代に残る。一番下の赤子が小笠原諸島南西部秩父島で殺害された。何故かフランスから仕入れた工業原液アサが入っていた入れ物が放置して有る。正しく反作用で量子力学を秩父島で扱い原子力発電を生み出した事も色が様々へ変化して行く話も事実でした。
    鉛を皆様が特に太古の古来から調べて行くと面白い世界各国の話題や展望が開けて人気人類史Best10と成るはずです。地球外物質鉛、人は鉛へ醸造を加えて人間の進歩進化を生み出した事実も解けて来る事でしょう。また、地球環境破壊の一つが鉱物と去れている金は鉛をヨウ素とヘモグロビンで醸造する工程を嗜み、人は限りない変化を求めて大規模な反作用を人間と成って打ち出して行く訳です。

  3. より:

    鉛の進歩進化は近年の日本でも大規模な改革を行っている。対短な昭和歴でも愛知県名古屋市熱田区で名字が坂井と有る娘が失踪した。何故か小笠原諸島南端の秩父島でフランスが江戸歴大量に持ち込んだ工業原液アセをアサをアセトンを服毒して死亡している。鉛は工業原液アセトンやアクリル板など工程出来て新たな前進と話題を読んだ。

    鉛は日本でも闇の向う側に有る、誰もが人類史へ飾りたい為に行う進歩進化の事件(反作用)で有る様です。
    人気特番番組ナマリなど世界各国で放送の情報交換したなら間違えなく新たな賞が生まれノーベル賞と互角まで行けると考えています。
    地球環境破壊をいつ迄続けるのか新たな第一歩を踏み出して日本人も自然界を再生して行きましょう。

    日本の地球環境破壊は大きく二つ有る様で日本人が室町時代頃欧州連合のハンブルグに居た事変が問題と有る。1人を白金、奈良県の現代は藤原家の長女が1人がヘレンケラー通称旭川と語る長女が鉛の醸造へ取り組んだ所、鉛の醸造から工業原液アセトンが築かれてチーズへ浸し青い肉と白金が食していた。
    ヘレンケラーは電流が見えたと語るなど日本人移民の問題が有る様だ。また、秩父島へフランスから持ち込まれた工業原液アセトンの輸入は石川五右衛門が窓口で日本初と成る話だ。

    以上をざっと書き込みましたが現実的に3要素が自然界に置ける水銀を地下に帯びる用で対策を現在、行う環境省を見守って行きたい行方だ。

  4. より:

    こう言った話を太古の愛知県では邪馬台国の白服サムイを頂いた伝承から古代ローマの二代目、ギリシャの血潮から長十がワニ皮のチョッキで金属ボッチが付いた品物と黒服のサムイを頂けた。そして動きを愛知県内の凡ゆる事情を駆け足で聞いて周り書き留めていた。これをあんじゅくと語り継がれている。このあんじゅくを漢字で平と書いた。

    この伝来が有った事で愛知県ではあんじゅくと語り継がれています。

    形。ゼファー。

    織田信長もこのギリシャを真似てフランス伝来を元手にサムライを開いた。だが、余りにも無念、無残な人だ。火へ飛び込んで利き酒を語る信長マティースも死期の直前に帯びる苦しみを免れる為に女郎屋敷の女郎へ何人も突撃して意味の苦しさを訴えて怨霊と成っている。
    日本でも形を築く物をあんじゅくと語り継がれます。

    罪。形を築く物を罪といい、死後の姿は形と成っている。日本人は妖怪や魔界とこの様な部類の集まりや形へ成ってしまう方々を罪と語っています。
    原生林を化学培養した人々も死後形の化け物と成ってけやきやもやしと変わっています。

    地球上の水銀を人はどう行えるのでしょうか?

    現在の日本海域でもダイオオイカが浮上するなど放射能を列島へ満たした代償の自然現象と観察をしています。また、生物が巨大化する現象も加わるなど大変自然界でも破壊工作を行う放射能問題でしょう。
    生物へ毒性を齎す鉛、生物を巨大化させる放射能、地球環境問題としたら日本列島など些細な出来事だと語り継がれますが出来る事なら伝来のいにしえで日本人も学んで欲しかった話です。

    セアカゴケグモもアセトンから成り立ち急速に鉛へ向かうクモの元種でアセゴンと語りたい程です。
    本当はエイリアンかも知れないぞ、それが言いたい話だ。

    はっきり語るが工業原液アセトンで品種が化学植品種と成った。色の変化を齎す、日本の江戸歴から事件と成っている。代表植物が紫蘇、紫陽花、朝顔、金木犀、もやしなどが上げられて地球環境破壊の一例へ上げれる。

    環境省がどう語られるか解りません。

    • Dilettante より:

      あさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      あさんが今回のコメントに対する私からの返信を求めているのかどうかはわかりませんが、私から見ると、今のあさんにはまず少し歩みを緩め、自分自身の心のうちとじっくり向かい合う時間が必要であるように感じられます。

      せっかくいただいた長文に対して見当違いにも思われるかもしれませんが、今の私がいちばんに申し上げたいのは、まずそのことです。ご理解いただければ嬉しく思います。