「ナンバーワン」でも「オンリーワン」でもないとしても、それが喜びになるなら、あなたはその道を行けばいい

どうせやるならナンバーワンになれ!

99点で満足するな、100点、120点を目指せ!

などというようなことを言われたり、耳にしたことは誰でもあると思う。そして、そのような「強烈な向上心」は、確かにひとを成長させることもある。

だが、一方でそれは明確な「目標・頂点・理想」を持っている場合には有効であるとしても、そうでない場合、つまり、

この方向性は、そもそも本当に正しいのだろうか?

という迷いを持たずには生きていられないような状況下では、ほとんど無意味であるばかりか、却って気力を失わせる「重荷」にもなりかねないようなものだ。さらに言えば、「ナンバーワン」という「ひとりの勝者」の陰には、「膨大な敗者」がいて、ほとんどのひとはその「99%の敗者」として、生きていかなければならないという事実を認識したとき、それは簡単に「絶望」につながってしまう。

そしてまさに、そういったひとつの「神話」が崩れ去り、進むべき方向性そのものが見えなくなってしまったとき、私たちは「オンリーワン」という思想に希望を見出すようになった。これは率直に、

No. 1にならなくてもいい もともと特別なOnly one

という歌詞にもなり、この曲は多くのひとに共有されるものともなった。

だが、その思想でもまだ私たちは、自分の生を肯定しきれずにいる。そのひとつの理由は、

自分が「かけがえのない存在」だとは、どうしても思えないから

だとも言える。そしてそれは、日々周囲から、

お前の代わりはいくらでもいるんだぞ!

などと言われ続けてしまう今の社会のなかに生きていれば、自然なことだとも言える。だから、いくら「自分探しの旅」などに出てみたとしても、いくら

自分と同じ人生を歩んでいるひとはいないんだよね

と言い聴かせてみたとしても、

自分はかけがえのない存在である

という確信は、私たちの掌から簡単にこぼれ落ちてしまう。そしてその「不安」は、

「周りを見渡したときに見える他者の姿が、いかに自分と変わらないか」

ということを見れば、さらに深まらずにはいられなくなる。だから、私たちはあまりにも簡単に病んでしまい、そこから容易に抜け出せずに、日々苦しんでしまっている。

だがここで、先にいったん私なりの「答え」をひとつ言ってしまうことにする。それは、

なぜ本当はかけがえのないはずの自分が、まるでかけがえのある(いくらでも代用がある)存在であるかのように見えてしまうのか?

という問いに対する、私なりの答えだ。そしてそれは、

誰も、「あなたの一部」しか、見ていないから

というものだ。

たとえばあなたが「事務職員」だとしよう。するとあなたの職場には、無数の「事務職員」がいる。そしてあなたも、「そのなかのひとり」にすぎない。だがあなたは、本当はそれ以外にも無数の「顔」を持っている。休みの日には山に登り、またあるときには海に潜り、ときには詩を書いたり、曲を作ったりもする。サラダの盛り付けは美しく、さらに自分で絵を描くこともある。合唱コンクールに出たこともあるし、書道だって華道だって楽しんでいるのだ。そしてこういった無数の「顔」をすべて持っているのが、本当の「あなた」なのだ。

だからもし、こういったことをすべてわかったうえで、あなたを

「休みの日には山に登り、またあるときには海に潜り、ときには詩を書いたり、曲を作ったりもする。サラダの盛り付けは美しく、さらに自分で絵を描くこともある。合唱コンクールに出たこともあるし、書道だって華道だって楽しんでいる事務職員」

として見たとしたら、あなたはまぎれもなく、「かけがえのないひと」なのだ。

だが、ほとんどのひとはそのなかから、ひとつの「職業」を選択する。そしてあなたがその「職業」(役割)に就いている間、周囲はあなたの「その職業に関連する部分」しか見ていない。そして、それ以外は、「関係ない」として切り棄てられる。周りが見ているのは、「それが業務の役に立つか」ということだけだ。だからうまく伝えられれば、

合唱に出られるくらいの声があるなら、それを電話応対に活かしなさい!

くらいは言ってくれるかもしれないが、それであなたの給与に「いい声手当」がつくわけではない。そしてこの社会が「資本主義社会」であるという意味において、

あなたの『価値』はすべて『あなたに支払われる対価』によって表現される」

というのが、ひとつの事実である。だからこれが意味するところは、

あなたの声がいいかどうかは、「事務職員」としてのあなたには関係がないことであるから、私たちは別に「評価」しません

ということだ。こうして結局、あなたのすべての「かけがえのなさ」は切り棄てられ、

「なんの変哲もない事務職員」

としてのあなたが出来上がってしまう。そしてそれをあなた自身が受け入れてしまったら、あなたは自分が「かけがえのない存在」であるという事実を、完全に見失ってしまうだろう。

そしてそれは、実のところ私にも言えることだ。今この世界において「霊媒師」を名乗る存在など、星の数ほどいると言っていい。そして「ネット上でサイトを立ち上げて自分の意見を言っている霊媒師」として見る限り、私は決して「オンリーワン」ではない。また、私は「ナンバーワン」でもない。おそらく、私の知らないところで、私の知らない方法で、私よりもずっとうまく他者を導いているひとは、いると思う。だから仮に、「世界最高の霊媒師」というものがいるとしたら、それが私でないことは、私自身がいちばんよくわかっている。だから私は、少なくともその意味においては間違いなく、

「ナンバーワンでもオンリーワンでもない、代用の利く存在」

であるということだ。

だが私は、それでも自分の「かけがえのなさ」をよく知っている。それはあなたが本当は、「休みの日には山に登り、またあるときには海に潜り、ときには詩を書いたり、曲を作ったりもする。サラダの盛り付けは美しく、さらに自分で絵を描くこともある。合唱コンクールに出たこともあるし、書道だって華道だって楽しんでいる事務職員」であるように、私もまた、

「他者に知られていようがいまいが、もっともっと多様な側面を持つ霊媒師」

だからだ。そしてさらに言えば、「霊媒師」であることもまた、私の「顔」のひとつにすぎないということでもある。だから、そのすべてを併せ持った存在が私しかいないことは、私がいちばんよく知っている。やはり私は、間違いなく「かけがえのない存在」なのである。

しかし一方で、私たちに与えられている「体力」にも「時間」にも限りがある。そして、私たちのからだはたったひとつしかない。だから私たちは、やはりそのときそのときの自分のなかから「なにか」を選び、生きていかなければならない。そしてその選択は、自分のなかにある「顔」が多様であることを知っていればいるほど、より悩ましくも思えてくるだろう。もちろん、私自身もそうだ。

だがそれでも、このような場合に私が参考にしている要素が3つあるとは言える。それは、

  • やりたいこと
  • 自分なりのやりかたが見出だせること
  • 他者の喜びにもなる(と思える)こと

の3つだ。もちろんいつもこの要素をすべて同時に満たす選択ができるとは限らない。だが、もしこの3つともを満たすことを見つけたなら、たとえあなたが「ナンバーワン」(最高の存在)でも「オンリーワン」(唯一の存在)でないとしても、それをやらずにおく手はない。どんどんやればいいのだ。そしてそれを私なりに考え、表現した結果が、この『闇の向こう側』なのである。それは私の「喜び」である。そしてたとえ私が「オンリーワン」でないとしても、それをやることに、私は一片の引け目もない。それがいちばん、自分にとって「悔いのない生きかた」でもあるからだ。

今まで読者の方々や実際の顔見知りにも、私は何度かこんなことを言われたことがある。 この世で起こることはすべて「本人の学び」として与えら...

だから私はあなたにも、そんな生きかたをしてみてほしい。どこまで続けられるかはわからなくても、まずやってみればいい。想いが尽きたら、それはそれで終わるだけのことだ。それにそれも「体験」として生きるのだから、また違う道を探せばいい。そしていつか、

「いつまで経っても想いが尽きないもの」

を見つけたなら、それはもう

「どうしてもやめられないもの」

になるだろう。

今や世界には70億人を超えるひとびとがいて、それぞれの人生を生きている。だから今からあなたがなにかを始めようとしても、必ずと言っていいほどそ...

そしてそれは、あなたが気付いていなくても、必ずあるのだ。だからそれを、諦めずに探してみてほしい。そしてそれを見つけたら、周りにどう思われようと、それを手放さないでほしい。そうすればあなたもきっと、しあわせを感じられるようになるだろう。そしてそんなあなたを想像するだけで、私はもうこみ上げる喜びを、止めることができないのである。