たとえ死んでも消えない「つながり」は、どうすれば手に入るのだろうか?

現代の核家族化や少子高齢化、そして宗教観の変化は、「葬送」の在りかたにも少なからず変化を起こしている。江戸時代にキリスト教などの外来宗教の脅威への対策として整備された「檀家制度」(寺請制度)は現代にも受け継がれてはいるものの、人口減少のなかで檀家が減り続けることで、今後は多くの寺院も維持・経営が難しくなってくる。そのため、地域との関わりをどう結びなおすか、改めて問わなければいけない時期に来ているというのである。そしてこれはなにも寺院(仏教)に限ったことではないだろう。

ただ、そういった宗教施設側の葛藤や、個人の宗教観の変化を迎えながらも、一方でやはり「墓」というものに対するこだわりはかなり根強いようだ。たとえば、

墓がなければ自分の死後の拠りどころがない

だとか、

こどもがいないので死後に自分を供養してくれるひとがいないのが不安だ

などと考えるひともまだ数多くいるので、そのひとつの解決策として、「合祀墓」(共同墓)とか「永代供養墓」などといった方法が提示されている。だがそれでも、

合祀墓では死後の安らぎが得られないのではないか?

といった疑問はなかなか完全には解決しない。それにこういった

墓がきちんと用意できない、そしてそれを供養してくれるひとがいない

という問題は、日本だけでなく世界的にある悩みのようだから、特定の宗教の問題というより、もう少し深いところに根差しているものだと考えたほうがいいのかもしれない。

実際私自身も直接そのような質問を受けたことがあるので、今までも私なりに考えて、

「アカシック・レコード」という概念がある。これは今まで世界で起きたことすべての記録を指すものなのだが、これは確かに存在する。日本で「閻魔帳」...
私には男子がいません。このまま行くと家が途絶えてしまいます。どうしたらいいのでしょうか? ときにこんな相談を受けることがある。日本は晩...

などにまとめてみた。そして私たちがよりはっきりと「真実」を理解し、肉体界と霊界を含めた世界の在りかたを真摯に受け止めることができれば、このような悩みはかなり晴れるのではないかとも思う。

しかし、これでもまだ少し言葉として弱いのかもしれない。だとしたら私ももう少し、このことを考えてみようと思う。

まずひとつ今の私に言えることは、

こうした問題というのは私にとって、決して他人事ではない

ということである。なぜなら私にはこどもがいないからだ。そしてこれは今後も、ほぼ100%変わることはない事実である。それに私が死んだときに私の遺骨がどこの墓に埋葬されるかについても、私はよくわかっていないのだ。だから、実際に私の亡骸がどこかの合祀墓に入ったとしても、なんら不思議ではないのである。

だが、私は霊媒師としての経験から

「どこにどう葬られるか」ということそのものは死後の安らぎとまったく無関係だ

ということを確信している。言い換えると、遺骨の行き先が「合祀墓」でも「家代々の墓」でも、死後しあわせになるひともいれば思い悩むひともいる。これは、より丁重に葬られることが多いからと言って、人間が動物よりも死後にしあわせになるとは限らないという事実にも、如実に現れていると言えるだろう。

では、その死後の安らぎは最終的にはどこで決まるかと言えば、それは「生きかた」である。自分の人生に後悔が多ければ多いほど、ひとは死後思い悩み、後悔が少なければ少ないほど、ひとは死後もしあわせでいられる。だからやはり結局は、

大切なのは「どう弔われるか」でなく、「どう生きるか」だ

ということに尽きるのである。

とはいえ、たとえそれを認めてもらえたとしても、なぜ私たちが「家」とか「こども」とかにどうしてもこだわってしまうのかということをもう少し踏み込んで考えてみる必要もあるだろう。そうすると私なりの答えは、

「愛されたという実感」がほしいから

なのではないかと思う。そしてこれは「つながり」とも言えるものだ。

家族とは「つながり」である。そしてこどもとは、他者との究極の「つながり」の結果生まれるものでもある。それは、たとえいずれ変わってしまうとしても、

「かつて自分が愛された」

という確かな証である。また、たとえお互いの想いが変わってしまっても、

この子は自分がいたから生まれた

ということ、そして

この子には「自分の一部」が宿っている

という事実は決して消えない。だからその意味では、「家族」のなかでもこどもが特別な意味を持つのも、確かなのだろうと思う。そして墓とは、「かつて私がこの世界に生きていた」という確かな証であり、それは自分とこの世界との間の、確かな「つながり」の証である。だから、ひとはそれを追い求め、それを得られないことで心から苦しむのだろうと思う。

だがそういった「こども」や「墓」というものは、必ず得られるとは限らない。それはつまり、私たちが求めずにはいられない「愛されたという実感」や「私がこの世界にいたという証」は、必ず得られるとは限らないということだ。そしてそれは、確かに苦しいことだと思う。心からそう思う。

だが私は、あなたのことを決して忘れない。私はあなたのことを大切に思っているし、あなたがここにいたということを、ずっと憶えている。そしてたとえ限られた瞬間でもあなたが私の人生に重なっていたあのかけがえのない時間は、既に私の一部として組み込まれている。それが、あなたの「生きた証」であり、この「つながり」は、決して消えない。たとえあなたがまだそれを「実感」してくれなくても、その事実は変わらない。

そしてたとえあなたが私をどう思っていようとも、私の想いは変わらない。だからあなたがそれによって安らぎを実感できるようになるそのときまで、私はずっと、それを届けようと思う。たとえ私が、このからだを離れたとしても。それにそれは私自身のためでもあるのだ。なぜならそうすることで私はそこでずっと、生きていられるのだから。