あなたも必ず真実を理解できるようになる。だから、その歩みを止めないでほしい

私たちは心のどこかでは必ず、

真実を理解したい

と思って生きている。もちろん、それぞれにその強弱はあるかもしれないが、この想いは私たちの奥底に流れる共通した想いである。そしてそれは私たちが「考えたり、情報を集めたりしている」ということからも明らかなことである。

もし真実を知りたくないなら、なにも考える必要はない。どんな情報も集める必要はない。ただ「社会の流れ」と「多数派(あるいは周りのひとたち)の意見」に従っていれば、それでなんとなくは生きていける。そして、遅かれ早かれいずれ必ず死ぬ。ただそれだけのことである。

だが私たちは、それだけでは決して満足しない。なぜなら、真実を知りたいからだ。だから私たちは自分で懸命に考える。そしていろいろなところから、多種多様な情報を集めては、懸命に吟味して、取捨選択して、自分のただ1回限りの人生に活かそうとする。そして、しあわせになろうとする。この衝動は、たとえ自殺寸前のひとであっても、必ず持っている。そうでなければ、なぜあなたは、睡眠時間を削ってまで、1秒の腹の足しになるわけでもない、こんな文章を読んでいるのか?だから私たちはやはり、真実を知りたいのだ。もちろん、私もそうだ。

だがそこでいろいろな情報や意見を集め、真実を追究しようとすると、必ず突き当たる巨大な壁がある。それが、

「あまりにも、それぞれの情報に違いがありすぎる」

というものだ。

霊はいるのか、いないのか?

肉食は人間(の健康)にとって必要なのか、害なのか?

生まれてきたのは喜びなのか、罰なのか?

そもそもこの世界は本当に存在しているのか、それともすべては脳が生み出す仮想現実(夢)なのか?

こんな基本的なことですら、あまりにも多種多様な意見があって、相互に矛盾・対立している。そして当然のことながら、そのそれぞれに「根拠」が提示されていて、「実践者」も存在する。その頑とした現実の前に、私たちは打ちひしがれる。そしてこう思ってしまう。

私には、真実を知ることなどできないんだ……

そして結局のところ、「常識」(多数派の意見)とされるものを軸として生きることを選んでしまう。たとえそれが、

なにかがおかしい

とうすうす感じられるものであったとしても、である。

そしてそこには、多数派だけでなく「少数派の問題」も同時に存在する。「多数派が間違っている」ということが、そのまま「少数派が正しいということを意味するわけではない。それに、表面的には「少数派」と見せていても、それが結局のところ「かたちを変えた多数派」でしかないことに気付いてしまうことも多い。こうしたことが、私たちを絶望に誘う。水に砂糖とカフェインを混ぜたものを「強壮剤」として数百円で大量にばらまくのと、紙に少し絵を書いたものを「幸運を呼ぶ限定アイテム」として数万円で販売するのとの間に、いったいどれだけの違いがあると言うのだろうか?

だから私たちは、これだけ強く真実を知りたいと思っているのに、真実を知ることを諦めてしまう。さらには、そもそも「『真実を知りたい』と思っていたこと」そのものさえも、心の奥底に封じてしまうのである。これはある意味では、しかたのない部分もある。だからこそ、みんなこのようにして騙し騙し生きているのだ。

だが、本当にそれでいいのだろうか?あなたは本当に、それで満足なのだろうか?確かに、知るというのは恐ろしいことだ。知ってしまえば、

知らなかった

では済まされないからだ。それにその圧倒的な「力」は、遣いかたを誤ると自らの身を滅ぼしてしまうかもしれない。

「力には、責任が伴う」

からだ。ときには

こんなことなら、知らないほうがよかった

と思ってしまいそうになることもあるかもしれない。だってあまりにも、今の世界は真実からかけ離れているから。だからそのなかでは、嘘が「真実」に成り代わっているから。そして私たちは、そんな世界のなかで、今まさに生きているから。だからそれでも真実を知ろうというのは、覚悟が必要だとしか言いようがないのである。

だから私は今までも、特に「霊媒師」という立場から、

手っ取り早く霊的な真実を知りたい!

あなたのように霊能力を得て、不思議なことをたくさん体験してみたい!

というようなひとに対していったん強く自省を促す意味を込めて、

あなたは、「霊能力者」になりたいと思ったことがあるだろうか? ただひとくちに「霊能力」と言ってもそこからなにを連想するかはひとによって様々だ...
先日あるひとから、 自分の守護霊と自分の力で対話できるようになりたいのですが、どうすればいいのでしょうか? という相談のメールを...

といったことを何度も伝えてきた。これは私が「特別な力を独占したいから」ではない。ただ

「力を持つということは、嬉しいことばかりではない」

ということを、骨身に染みて知っているからなのだ。

だがそれでも、私たちはその覚悟さえあれば、誰でも真実を知り、追究し続ける権利がある。「真実を知ることができない」(許されていない)のではないのだ。ただ単に、

「真実を知り、追究し続けるのは、そしてそのことを自分の人生に活かすのは、とても難しい」

というだけなのだ。なぜなら、

「真実を知ってしまったら、そしてそれを表現して生きようと思えば思うほど、あなたは根底から、大きく変化せざるを得ないから」

だ。食べものも、住む場所も、言動も行動も仕事(の取り組みかた)も、自他への接しかたもすべてだ。真実とは、それだけの力を持つものなのである。だからそれを「毒」ではなく「薬」として受け取るには、それだけの「準備と覚悟」が必要なのである。

だが、こうまで言ってもひるまないあなたは、きっとそんな覚悟はもうとうにできているのだろう。その気持ちは、私と同じものだ。だからそんなあなたは、真実を知る権利がある。だからその気持ちを押し込めないでほしい。どうかその道を、そのまま進んでいってほしい。そしてその想いを深く刻み込み、世界に伝えるために、何度でも何度でも、こう宣言して、言い聴かせてみてほしい。

 

私は、真実を知りたい

嘘や思い込みや勘違いではなく、時代の刷り込みや誤りでもなく、歪んだ解釈や薄っぺらなごまかしでもなく

私は、真実を知りたい

 

自分が何者かわからないまま生きるのは苦しいから

誰に見守られているかも知らずに孤独に逃げるのはやめたいから

なにをしてきたのかもわからずに人生を終えるのは哀しいから

堂々巡りを繰り返すのはもう終わりにしたいから

だから私は、真実を知りたい

 

どうか私に真実をわかるように教えてください、導いてください

どんなことでもそれが真実であるなら 私は受け入れるから

私は偽りの幻想でも刹那の甘美な泡でもない、真の喜びのなかに生きていたい

そしてそれを表現し、育み、伝え拡げる者でありたい

だから私に真実を教えてください

 

真の私を知るために

苦を糧にして花咲かすため

誠の喜びを味わうため

魂を成長させるため

私は、真実を知りたい

私は、真実を知りたい

私は今も、真実を追究し続けている。もちろんその過程をずっとここに書いているのだし、あなたが私を受け入れ、検証し、活かしてくれるのはとてもありがたい。だがそれでも、自分の実体験に勝るものがないのも事実である。だからそのためにこそ、私もあなたも今こうして生きているのである。だからその歩みを、止めないでほしい。休んでもいい。力を蓄える時期も必要だ。だが決して、諦めないでほしい。あなたは独りではない。少なくとも私はここにいる。そしてあなたの存在を、いつも心強く思っている。バラバラのピースはもうすぐつながり始める。それなのにここでやめてしまうのは、あまりにももったいない。私が言いたいのはそれだけだ。そして私は、あなたに出逢えたことを、とても嬉しく思っている。