ムスウの仕組み。すべてを包み生み出し変える無の力を、認識していてほしい

いよいよ新暦2017年となりました。その始まりに際し、またある霊団からの話があるようなので、ここで共有したいと思います。

変化をどう受け取るか?

というのは誰にとっても、特にこれからの時代にはなおさら大きな課題となると思いますが、そのときにこの言葉を、少しでも一緒に活かせたらと、私も強く願っています。

 

あなたの周りには、あなたが思っているよりもずっと多くのものが満ちている。空間(無)のなかに多くのものが秘められているということを知ることは、とても大事なことだ。

「ゼロ」と「零」(れい)の違いを耳にしたことはあるかな?由来が英語か日本語かとかそういうことではなくて、ゼロが「まったくない状態」を指すのに対し、零は「わずかながら、ある」という状態を指すという遣い分けが為されている場面がある。もちろん、一般的には、あまり意識されていないだろうがね。

だからその意味で言えば、あなたたちのいう「空間」とは「零の世界」だと言える。ただこの場合でいう「わずかながらある」(ほとんどない)というのは、「今のあなたたちが感知できるもの」としては、という意味だ。だからたとえ「ゼロ」(0)といっても、厳密な意味で「まったくない」ということではない。ただ、「自分たちの今の認識では、なにもないようにしか思えない」というだけだ。

話が見えてきたかな?つまり私がお伝えしたいことのひとつの核心は、

「無には莫大な力が包含されている(隠されている・秘められている)のだ」

ということだ。そして、その「無」は「素」を産み出し、そこから「有」が生まれる。これを「無素有(ムスウ)の仕組み」と呼ぶこともできるだろう。付いてこられているね?

では、この各段階の発展を促すもの、それが意志だ。そこには、あなた1人の意志だけが反映されるわけではない。人類だけの意識が反映されるわけでもない。肉体人だけの意識が反映されるわけでもない。けれど、あなたの意志も確実に反映されている。だからあなたも、未来を創ることができる。大切なことは、その意志(エネルギー)を育み続けることだ。

「そうは言っても、いろいろな過去のしがらみからは自由になれないじゃないか!」

と言うかもしれないな。確かに、現在は過去の結果として顕れている。そして過去の事実そのものは、変えることはできない。だがそれでも必ず、あなたは喜びへと導かれていく。たとえ千年かかろうと100億年かかろうと、必ずだ。それが、「世界(宇宙)の意志(願い・仕組み・流れ・エネルギー)」だからだ。

だからいずれにしてもあなたは変われるし、変わらざるを得ないのだが、それをより強く促すのが、「あなた自身の意志の力」だ。だから、

「喜びに変わりたい、深めたい」

という想いを、強く持つといい。そしてそれを表現し、保ち、育てていくといい。

そして覚悟があるなら、無の大神(おおがみ=おおきなはたらき)に祈るといい。

「無の大神、私の曇りを祓ってください。しがらみや悪習慣を浄化してください。私を変えてください。そして真の喜びへと、導いてください」

というようにね。そうすれば、無の力はたらきだすぞ。あなたの守護霊・縁ある存在すべて動かして、あなたを変えていくぞ。怖くて嬉しい仕組みの始まりだ。あなたの癖、思い込み、すべて手放させるぞ。どこまでも自分のしてきたこと見せつけ頭下げさせるぞ。どこまでも己の想い向き合わせるから、覚悟すること必要だぞ。無の大神の力、それだけ強いから、怖いものでもあるのだ。

だがそれもすべて、喜びに導くためだから、そのことわかれば嬉しくなるなぁ。苦の花咲くぞ。愛の花咲くぞ。1日で100年の学び浄めもできるぞ。ありがたい、有り難い仕組みだ。

いずれにせよ、これからこの星この地には無の力はたらき出して、すべてを変えていく。ひとりひとり変わっていくから、自ずとすべてが変わる道理。すべてが変わっていくから、自ずとあなたも変わっていく道理。だから、遅かれ早かれ、みんな変わるんだよ。

「ならばどの道同じだから、好き勝手生きてよいのだ!」

などと、早合点するなよ。ますます苦しみの種撒いて、喜び遅れるだけだから、みんな哀しませて傷つけて、ますます寂しくなるばかりだから、素直に喜びに向かえばいいんだよ。

「すべてが無に帰すならば、努力しても無駄ではないか!」

などと、せっかちに勘違いするのもいけないよ。無の大神は真の喜びに導く力だと言っただろう?だから、あなたが育んできたものは、決して無駄にはならない。だから、ひとつひとつ向き合って、1歩1歩進んでいけばいい。

みんな同じはたらきのなかにあるから、誰ひとりひいきもいじめもしないから、蒔いた種すべて味わせて包んで変える仕組みだから、楽しみにしていたらいい。無はすべてを包んでくれるから、そして新たな素から新たな有生み出すから、喜んでくれたらいい。喜べる自分になってくれたらいい。

だがここはあなたがたの世界でもあるから、よく選ぶことだよ。どの道行っても同じではないのだ。長い永い眼で見れば行く先はそう違わないとも言えるが、わざわざ苦しむ必要もない。いつまでも堂々巡り好む必要もない。早く変われば、早く味わえる。こちらの準備はできているよ。あとはあなた次第だ。無にはすべてが含まれている。いつもあなたを見守っている。めでたい嬉しい無の力、いよいよ見えてくることになる。よく、眼を見開いていなさいね。この言葉に、そしてこの世界に意味を持たせるのは、あなた自身なのだから。