傷を抱えながら生きるということ。傷を癒やすことはできないとしても、せめてそれを活かすことはできるかもしれない

私はこの『闇の向こう側』の最初期に掲げた

「業」(ごう・カルマ)という概念がある。私はこれを、 「ある存在の行いすべて」 と捉えている。そしてそのうちの大部分は、当人が肉...

のなかで、

コメントなどをどうするかは、必要が出てきてから、考えてみたい。現時点では、ここがそれほど大盛況になるとは、とても考えにくいのだから。

と書いていた。しかし現在、私の当時の予測はいい意味で完全に外れ、今では多くの方々が、私にコメントやメールをくださるようになっている。

ただ、そのなかで私は、多くのひとたちが

もう死んでしまいたいです

どうしてこんな想いをしてまで生きていなければいけないのですか!?

などという言葉を聴いてきた。これはもう本当に、数えきれないほどだ。

しかし私は、そのひとたちが自殺したりしてしまうことを、すべて止めることができたわけではない。

昨日も自殺を試みたのですが、結局失敗しました。ですが自殺しないことには、この苦しみがずっと続くのかと思うととても耐えられません。そして私が死ぬことで、私が本当に苦しんでいたということを周りにわかってもらいたいです

というようなことを言われたあと、返信が途絶えてしまったひともいる。

あるいは公開コメントで

文章が長すぎて途中から読む気がなくなってしまいましたが、一人でも多くの人が自死を思い留まるといいですね。 これからも頑張ってください。私は行ってきます。どうかお元気で。

自殺者は世界全体で年間100万人ほどと言われている。日本だけで見ると、年間3万人ほどだと「公称」されているが、実際はもっと多いだろう。なぜな...

という言葉を残していったひともいる。私はそのひとが自殺したのかまだ生きてくれているのかを確かめる手段を持ち合わせていない。ときどき、

あなたは霊媒師なのだから、相手がどんな状態なのかは、おおまかにわかるのではないですか?

というようなことを訊いてくるひともいるが、確かに相手のエネルギーの状態は多少わかるにせよ、それが

「死んだように生きている状態なのか、もう本当に死んで(からだをなくして)しまったのか」

を、精確に判断することは、私にできることではない。エネルギーの状態において、その両者にはほとんど差がないからでもある。それに、たとえそんな厳密な区別ができたとしても、たいした意味があるとは思えない。そして私は、

このひとは、もう死んでしまったんだろうか……

と、今でもそういったひとたちのことを、時折思い出している。

あなたにできることには限りがあり、あなたがすべてのひとを助けられるはずはない。それは当たり前のことだし、逆にそんなことができると思うのは、ある意味傲慢だよ

などと言われることもある。それもそうだろうなとも思う。だがだからと言って、これが哀しくないわけがない。それに、こんなことさえ哀しく思えないような私に、私はなりたいとも思っていない。だから私は、哀しいものは哀しいのである。

 

私は改めてこのような経験を積み重ねてきて、

今のこの世界には、傷ついているひとがたくさんいる

という現実を、さらなる実感とともに思い知ることになった。そんなことは、前から知っていた。だが今の私は、より深くそれを知っている。そして未来の私は、さらに深く、それを知ることになるのだろう。

そして傷ついたときこそ、私たちは死にたくなる。自分を殺してしまいたくなる。もう耐えられないと思ってしまうからだ。そして実際に、耐えられてはいないからだ。私たちは自殺する前から、徐々に死に近づいているのである。

私は、そんな苦しみを理解していないとは言わない。あなたの苦しみと私の苦しみは同じではないが、私も私なりに、それに共感することはできる。しかし、そんなに苦しんでいるあなたに、私は

どうか自殺だけはしないでください。そんなことをしても、なんの解決にもならないんです。本当に、そうなんですよ

というようなことを言う。これはある意味では、とても残酷なことなのだろうとも思う。もしかしたら

そうですね、そんなにつらいんですもんね。今までよく頑張りましたね。私はよくわかっています。だからそんなあなたがもう限界だと言うなら、もういいでしょう。私はあなたが自殺しても、いいと思っています。とてもつらく哀しいですが、それも受け入れましょう

と言ってあげたほうが、あなたは救われる気持ちになるのかもしれないとも思う。そしてそのことで却って、自殺を思い留まってくれる可能性すらあるかもしれないと思う。それに実際、そんなことを言っているひとたちがいることも、私は知っている。

しかしそれでも、私はそんなことはどうしても言えない。なぜなら私は、知りすぎているからだ。これは、誰かの受け売りでもなければ、私の宗教観でも死生観でもない。私は、今さら否定するにはあまりにも長い間、あまりにもたくさんの実例を、この眼で見て、話し合ってきた。だから私は、もうどうしようもないほど知りすぎてしまったのだ。

どこまで行っても、自分が自分であることからは、逃れられない。たとえ魂の墓場に行ってしまっても、存在は消滅しない。そして永い永いときを経て、いつか必ず復活するだろう

ということを。だから私は、その事実を

自分からの逃げ道だけは、どこにも存在しない

という事実に反することだけは、どうしても言えないのである。

つい先日、私は「えり」さんからいただいた

前々からDilettanteさんの意見を読んでいて、少なくとも生きる事に絶望しているようには見えないのに、なぜ負の集団がしつこく攻撃や勧誘をしてくるのかがとても疑問でしたが、やっぱり自殺するよりはましだと分かって生きていても霊媒だという事が周りに理解してもらえなかったり、体も弱いとの事で生きているのが、けっこう苦しいのでしょうか?

自殺者は世界全体で年間100万人ほどと言われている。日本だけで見ると、年間3万人ほどだと「公称」されているが、実際はもっと多いだろう。なぜな...

というコメント(前略および後略)に対して、

そうですね、私は少なくとも、生きているのがラクだと思ったことはないです。ただこれは、私がやろうとしていることから考えて、しかたがないことかなとも思っています。

ラクになりたいと思っていないわけではないですが、ラクをしようと思って生まれてきたわけではないと理解しているので。

(中略)

わかっていただけるとありがたいのですが、もし自殺したほうがラクになったりしあわせになったりできるのであれば、私もこうまで必死に止めたりしないです。

というか、私自身が自殺を選ぶ可能性さえないとは言えません。

ですから、私は別にいじわるをしたいわけではなくて、

私自身が、もはや言い逃れのしようのないほどの確信を持ってしまっているので、だから私もどんなにつらくても自殺しようとは思わないですし、あなたにも自殺してほしくないです

ということを言っているだけなのです。

というふうに返信したのだが、これは私の本心である。それに私は、なにがあっても絶対に自殺だけはしないでおこうと決めてはいるが、それでも自殺を考えてしまったことがないわけではない。

それは日々何度となく、

お前なんか死んでしまえ!

お前は最低最悪の人間だ!

という罵倒に限らず、ときには

自殺してしまうひとの気持ちを本当に理解したかったら、いちどは自殺してみたほうがいいんじゃないのか?

などというように、ありとあらゆるところから隙を狙われているというのもそうだし、私だって、傷ついたり弱ってしまったりすることがあるという、当たり前の理由から来るものでもある。

だから以前、そのことに関して、

今の私は、見ず知らずのあなたから、私がどうやっても確信できない死後の世界と、それに関するあなたの体験を基に、自殺をやめるよう説得されているということだと思います。ですがそもそも、それらを最初から知っているあなたでさえ自殺を考えたことがあるんですよね。だとしたらあなたがそれを乗り越えられたのは、誰かがあなたを愛し支えてくれたからではないかと思います。私には、あなたは自分が助かった理由ではない方法で、他者の自殺を止めようとしているように感じるのですが、いかがでしょうか?

という趣旨のことを言われたことがある。このひとには、私が届けられる愛と助けでは充分ではなかったのだと、私は思う。そしてそれもそうだろうなとも思う。しかしこのひとがそれだけ傷ついていることは重々承知のうえで、実のところ私も私で、とても傷ついていて、とても哀しいのである。しかしそれはもちろん、このひとのせいではない。誰かひとりだけのせいでは、決してあり得ない。

 

たとえばこういうふうに、私たちはみんな傷ついている。だから、傷を抱えていないひとが存在しているとは、私はどうしても信じられない。そして、私はそんな傷を自分自身で治すことができるということも、少なくとも今の時点では、どうしても信じられない。だから、

「すべての傷が癒えている状態」

をしあわせと定義するなら、

私たちは、自分で自分をしあわせにできる(傷を癒やすことができる)んです

というような意見には、どうしても納得できない。そしてもし、そういうふうな境地に達している(自分に傷はなにひとつないと思い込んでいる)ひとが、泣くことも怒ることもなく、誰に対してもいつも笑顔でいるとしたら、私はそんなひとを、誰よりも危惧する。私に対してでなくてもいいから、そのひとにどうにかして、泣いてほしいと思う。

「自分が傷ついていることにさえ気づけなくなっている状態」

ほど、哀しいものはないから。

ただ、そんなことを他者から言われたくらいでは気づけないと思うし、そこまで行くと自分でも気づけなくなっている可能性が高い。だからこそとても危険なのだが、私はそんなあなたに、こんな言葉を伝えたい。

私は今、もしかして傷ついているんじゃない?

この言葉を、自分に向けて言ってみればいい。最初はなにも思わないかもしれない。だがもしかしたら、そのうち涙がこぼれてきたりするようになるかもしれない。そうしたら、あなたは回復しはじめている。あなたにとってはひどくなったと感じるかもしれないが、それが回復なのである。そしてそんなときは、誰かに慰めてほしくなると思うし、守護霊では足りないとも思ってしまうかもしれないが、たとえそうでも、泣けないよりはましである。少なくとも、私はそう思った。だからもし、あなたに思い当たるフシがあるなら、試してみてほしいと思う。

 

傷ついたまま生きるのは大変なことだと、私も知っている。しかし私は、おそらく傷は自分で癒やせるものでも、癒やすべきものでもないと思っている。自分でできるのは、

「傷に蓋をすること」

だけだ。それは、生きるために必要なことだ。だが、それは

「傷を癒やしたこと」

とは違う。そこは整理しておいたほうがいいと思う。ただ私は、傷が癒える方法がないとは思っていない。

傷を癒やしたかったら、その傷をつけた相手と理解し合うしかない

というのが、私の答えだ。そしてこの答えの核心は、少なくとも私のなかでは、これからもずっと変わらないと思う。誰かに傷つけられたからといって、他の誰かに、今身近にいる誰かに、当たり散らしても治らない。そんなことをしたら、余計に別の傷を増やすだけだ。そしてそのひとを、あなたが傷つけることにもなってしまう。だからその傷の決着は、その傷をつけた本人と理解し合うことでしか、本当には、癒えないのだと思う。

しかしだからこそ、それがあまりにも難しいことも、私は知っている。

「相手と理解し合おうとしてもう一度向き合ったら、さらに相手の理解のなさが目について、なおさら傷ついた」

ということなど、数えきれないほどある。だから私は、無理をしてほしいとは思わない。それにそれは相手がいることなのだから、そこには相手の成長も関わってくるので、あなただけの力でどうにかなることでもない。だから、時間がかかるのである。そしてだからこそ、時間がかかるからこそ、あなたはまだ生きていなければいけないのだ。あなたはまだ、存在していなければいけないのである。だから私はあなたに、死んでほしくはない。諦めてほしくはないのである。

 

こないだ私はある霊から

そうね、あなたがしあわせになるには、あなたが「あぁ、しあわせだなぁ」って感じられるようになるには、とりあえずあと1000年くらいかかると思っておけばいいんじゃない?

と言われた。瞬間感情が錯綜した私は、結局笑いながら、

1000年!?1000年ってあなた、よくそんなことをふわっと言えるね?

と言ったのだが、相手ももっとニコニコして

だってね、100年だと思って1000年かかったら哀しいでしょう?だったら、1000年と思っておいて実際には100年だったっていうほうがいいじゃない!それにね、ここまで事が運ぶまでにかかった永い時間を考えたら、あと1000年なんてすぐでしょう?

と言ってきたので、私もそれ以上反論はしなかった。

私は、来世があることを確信している。私が永遠を生きる存在であることを確信している。だからいつかは、いつかには、私が成し遂げたかったことを成し遂げられると思う。そしてそれができたら、また次の景色を見たくて、また生きていくのだと思う。だからこそ、私は、私たちは、永遠の存在なのだ。

だから、その道中で、傷つくこともあるだろう。これからももっと、傷つくこともあるだろう。しかし私は、傷を癒やすことが苦手だ。それにあなたのすべての傷を癒やすことも、少なくとも今は、まだできない。だがだからこそ、そんな私はせめて、自分の傷を活かそうと思って、これからも生きていこうと思う。私は、自分で自分の傷を癒やせるとは思っていない。しかし自分の傷を活かすことは、自分自身でもできると思っている。あなたももう薄々気づいていると思うが、私がここに書いていることのすべては、その記録なのである。

 

久しぶりに、と言っていいのかは微妙だが、とてもとりとめのない文章を書いてしまった。当初

私はこのサイトにもあまり執着せず、ひとつの文章を30分~1時間くらいで書ける分量に留め、不定期で新しい文章を追加していきたいと思う。

「業」(ごう・カルマ)という概念がある。私はこれを、 「ある存在の行いすべて」 と捉えている。そしてそのうちの大部分は、当人が肉...

と書いていたのはどこの誰だったのかと笑ってしまうくらいで、今ではこの文章を書くのに3時間以上を費やしている私だが、それは結局、私が当初思っていたよりはるかにこの場所を好きになってしまったからで、それはつまり、あなたのおかげなのである。だから私は改めて心から

あのとき死んでしまわなくてよかったなぁ……

と思っているし、だからこそあなたにも、まだ生きてみてほしいのである。私は今までのいつだってあなたに生きていてほしかったし、これからもいつだって、あなたにいてほしいと思っている。それをどうやったらあなたにもっと伝えられるかと思いながら、私は今日もこうやって、こんなことを書いてみたのである。

コメント

  1. より:

    現在苦しみの只中にある人達の苦に触れるのは本当に大変そうですね。

    そのような人が多いという事は世間をみればさもありなんですが。

    自分の場合は今現在に大きく明確に苦があるわけではないですが、これから残りの人生を思うと不安・孤独・虚しさのようなものに圧迫される気分で、「死にたかないけど生きたくもない」と気づくとぼやいてる事があります。

    傷を抱えているというより弱い毒に侵されてる感じでしょうか。

    けれどこのサイトを見ているとなんとなく一時的にそんな気分が薄らぐ事が多いです。

    あまりメッセージが響いてもらえなかった例も多々あるようですが、よく分からないが多少救われてるというような例もあるという事をちょっと私信としてコメントさせていただきます。

    とりたてて返信は頂かなくて大丈夫です。

    • Dilettante より:

      葵さん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      とりたてて返信は頂かなくて大丈夫です。

      とは書かれていますが、せっかくなので返信させていただきたいと思います。

      まずあなたの

      傷を抱えているというより弱い毒に侵されてる感じ

      というのは私もとても共感を覚えるもので、私からするとまさにそれこそが負の念だとも言えます。

      ですがだからこそ、

      けれどこのサイトを見ているとなんとなく一時的にそんな気分が薄らぐ事が多いです。

      と思っていただけていることも、とても嬉しく思っています。

      それから、霊に関することは今の日本のような環境で生きていればなおさら縁遠いというか、よくわかりにくいものだとも思いますが、それでもあなたに

      よく分からないが多少救われてる

      と言っていただけるだけでも、とても嬉しいです。

      これからも、お互いを支え合いながら、生きていければと思っています。

      どうぞよろしくお願いします。

  2. 金子 より:

    正直死にたいわけじゃないんですが色々やる気が湧かなくて仕事もしたくないです。歳は21歳の男です

    • Dilettante より:

      金子さん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですか、それは死にたいというよりも、

      「生きるのが面倒だ」

      というような想いに近いのかもしれないですね。

      だとするともしかしたら、たとえば

      以前から と書いてあるように、私は今まで、対面あるいはメールを介して、そのひとの守護霊さんからのメッセージを伝えてきた。ただ ...

      のような文章も、参考にしていただけるかもしれません。

      また、あくまでもひとつの方法なのですが

      今の状況はいったん脇に置いて、どんなことをだったら、してみたいと思う?どんなことにだったら、興味を持てそうだと思う?

      というのを、じっくり自問自答してみるのもいいかもしれません。

      ただそれすらも答えが出ないのであれば、まずはゆっくり眠って、美味しいものを食べて、ゆっくりお風呂に入ってみてください。

      おそらくそれすらも時間が取りにくかったり面倒だったりするのでしょうが、まずはそんなところからやってみていただければと思います。

      どうぞよろしくお願いします。

  3. こんにちは。

    私も自殺した魂がどうなるのか、そうなった魂たちからの叫びをきいてブログに上げています。どれだけの恐怖かは生きている私たちには想像ができないものだそうです。皆が一様に後悔し、腐る自分の身体に嘆き、名前も忘れていく姿をおもうと何とかそうなる前にと思って任された仕事だと書きつづけています。

    先日はそれを強調するがゆえに、残されたご家族の方から「つらい」というコメントをいただきました。

    苦しみは残された方にも永久にあり続けるのです。

    どうか思いとどまってほしい・・私もDilettante様には及びませんでしょうけれど、心から思っています。

    • Dilettante より:

      レイキヒーラーSAEさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですね、たとえ真実を伝えたとしても、それが即座に相手の喜びになるとは限らないので、当然そのような反応も出てくることと思います。

      ですがだからといって、そこで

      「間違った遠慮」

      をして、自分の体験に基づく率直な見解を歪めて伝えるのも、今度は自分自身に対して誠実でないことにもなってしまいますので、やはり私たちは自身の体験をいつも振り返り検証することを前提としたうえで、そこから得られた学びについては、できるだけ共有することしかないのではないかと、そう思っています。

      そしてそのうえで、自殺してしまったひとたちも、永遠に苦しみのなかに留まらなければいけないわけではないということ、そして生きている(遺された)ひとたちも、その想いによって相手を、かけがえのない大切なその相手を、確かに癒やすことができるということも併せて伝えることで、少しずつ少しずつでもそれぞれがそれぞれの立場で未来に歩んでいける手助けができればと、私としてはそのように思っています。

      ところで余談なのですが、あなたのようなエネルギーを発しつつそのような活動をしているひとたちや、そのようなひとたちと一緒にいるような霊存在からは、私はたいてい白い眼で見られることが多いのですが、あなたは私にこうして関わってきてくださるので、いろいろな意味でありがたいと思っています。

      もしかしたら、あなたと私の見解の間にも、細かく見ていくと多少の差異があるかもしれないと思うのですが、ともかくこんな私でもよければ、これからもどうぞよろしくお願いします。

      • レイキヒーラーSAE より:

        Dilettanteさま

        いつもご丁寧なお返事をありがとうございます。

        図々しいのですが、実は差異はあれど、同じようなもの(ご師匠様しかり)を感じていらっしゃると拝察しております。またいつも愛に溢れてお優しいのだけれど真実にはいつも厳しくもいらっしゃる方だと感じております。

        私にとって上は決して白い目で特定のものを見たり、よけたりされない方々です。

        真実の目をもって、真摯にその口で伝える人を応援してくださっています。だから私はなんか、Dilettanteさんになついているのかもしれませんね笑。

        メッセージの中に壮大な愛を感じ、言葉に誠実さを感じお人柄に尊敬をしております。

        私も頑張ります!感謝の気持ちをお伝えさせてください。ありがとうございます。

        • Dilettante より:

          そうですね、より多くの存在に寄り添うことを望み、それだけの調和的なエネルギーを宿した存在であれば、誰かを排除したり、嫌がったりというようなことは基本的にしないですよね。

          ただこの世界は、いろいろな意味でまさに

          「中間」

          という感じなので、本当にいろいろな存在が私たちに関与しているんだなぁと思います。そして、未熟さとはときに純粋さにも似ていると思うのですが、彼らに「敵」と見なされたときの烈しさは、やはりなかなかのものなんですよね。

          それと、もしあなたが遣う

          という表現が、

          「かみ」

          の読みを当てているものなのであれば、それもそれでとても興味深いものだなぁと思ったりもしました。

          私も勝手ながら、あなたと自分自身を対照させることによって、いろいろなことを考えるきっかけをいただいています。

          そしてあなたも、いろいろなご経験があると思うのですが、どうか無理はなさらずに、あなたらしく進んでいっていただければと思います。

          どうぞよろしくお願いします。