「来世は大きくなって結婚したい」。そう強く願う彼が、この世界の現状を見て感じたこと

今回は久しぶりに、ある仲間の言葉を共有したいと思う。

まず彼にはひとつの特徴があって、今私を好意的に見守ってくれている仲間(霊存在)というのは、その多くがもともと負の霊であったときに私と関わりを持ち、そこから私の人生の行く末を見守るようになってくれたのだが、今回想いを共有してもらう彼は、その例に当てはまらない。

というのも、彼は

ねぇねぇねぇ、聞こえる?

と懐っこく私に話しかけてきたかと思うと、私が彼と対話できることに喜び、そこから私のそばにいるようになったからである。そして彼は、自分が幼くして病気で亡くなったこと、そのため人生のほとんどを病院で過ごしたことを語ったうえで、とても希望に満ちた明るい声で、私にこう言ったのである。

今度生まれたときはね、僕は大きくなって、そして結婚するんだ!

そんな彼の話を、あなたにも一緒に聴いて、なにかを感じてもらえたら、私もとても嬉しく思う。

 

こんにちは!寒いなか僕の話を聴いて、というか読んでくださって、ありがとうございます。

あ、でももしあなたが南半球にいたら暑いなかなのかな?そちらは夏ですね!あ、秋のひともいる?春のひとは?いないのかな?僕まだよくわかんない。

でもとにかく、僕は寒いのも暑いのも苦手なので、そんななかで聴いてもらえて嬉しいなぁっていうことを言いたかったんだ。

話がズレちゃった。「横道に逸れる」っていうんだよね、こういうの。僕今いろいろ勉強中。それでね、僕は今紹介してもらったみたく、次に生まれ変わったときは大きくなって結婚したいと思ってるんだけど、こうしてよく見てみると、それは僕が思ってたほど、簡単じゃないことがわかりました。それで、あなたにも一緒に考えてほしくて、ここに書いておこうと思います。

 

まずね、僕がびっくりしたのは、結婚するのって意外と難しいんだね。特に、それを続けていくのが。僕はね、こうやって死んでからいろんなひとたちを見るようになって、僕がすごく恵まれたしあわせな環境にいたのがわかったよ。僕の周りの看護師さんもお医者さんも、すごく優しくしてくれたから。だから、僕は知らなかったんだ。好きなひとと一緒にいること、い続けることが、こんなに難しいってこと。

でもね、僕はどうしても、結婚してみたいんだ。それももちろん、しあわせな結婚をだよ。だから僕は、ずっと研究してるんだよね、どうやったら仲良く一緒にい続けられるかってこと。

だからね、僕はまずあなたに訊きたいんだけど、今まであなたが結婚したり付き合ったりしたひとは、あなたが好きで一緒にいたひとなんだよね?じゃあそれがどうして、続けられないんだろう?そのひとを嫌いになっちゃったのはいつだと思う?それは、なんでだったと思う?

でもね、僕ここからいろんなひとの心のなか見てたら、そもそも最初から、そんな好きじゃないのに結婚したり付き合ったりしてるひともいるみたいなんだ。それは、「相手が自分を好きになってくれたから」とかだったりするみたいなんだけど、それでもびっくりなのは、本当はどっちも相手のことそんなに好きじゃないのに、結婚したりすることもあるみたいだってことなんだ!

だけどね、僕だってわかるよ。最初はお互いのことよく知らないから、そんなに好きでもないっていうところから、だんだん相手のいいところが見えてきて、もっと好きになっていくことがあるってこと。だから、最初から相手のことをすごく好きじゃないといけないとは、僕も思わないんだ。それん、逆よりはいいよね。「最初がいちばん好きだったけど、知れば知るほど嫌いになった」っていうよりは。

でもよく考えたら、こんなにたくさんのひとが別れちゃうってことは、みんな最初より、どんどん相手のことが嫌いになっていったから、別れちゃうってことなのかなぁ?だとしたら、それは哀しいことだなぁ。

それとも、逆もあるのかなぁ?「最初よりどんどん相手を好きになっていったから、別れる」っていうこともあると思う?いやでも、あるのかもしれないなぁ。そのひとが自分のことをすごく嫌いだったら、その自分と相手が釣り合わなすぎて、居心地が悪くなっちゃって、離れるっていうこと。なんだか、これもけっこうありそうな話だなぁ。いや、あるね。ぜんぜんある。

だけどね、そうだとしても僕思うんだけど、いちど好きだったひとのこと嫌いになりそうになったら、もっともっと話し合えたらいいのにね。でもみんな、その時間が足りないみたいだ。それにね、おなかが空いてると不機嫌になりやすいし、周りが暗すぎると気分が滅入りやすいし、明るすぎてもダメだし暗すぎてもダメだ。もちろん、眠くてもダメだよね。だから話し合うのって、たぶんすごく難しいんだ。

だから僕としては、ほんとは一回思いっきり寝て、気持ちを整理してから、朝話し合ったらいいと思うんだ。もちろん、朝ごはん食べたあとでいいからさ。寝て起きたら、寝る前イライラしてたことも、だいぶ落ち着いてるんじゃない?

でもね、僕もわかるよ。朝起きてご飯食べたら、仕事とか学校に行かなきゃいけないんだよね。だから、それがぜんぶ終わって、疲れて次の日のために休みたいのにやることはまだたくさんあるってところで、話し合わなきゃいけないんだよね。でもそんなの、うまくいくわけないよね。

だから僕思うんだけど、ほんとは仕事は11時くらいからにして、朝の時間は前の日とかその日のことを話し合える時間にできたらいいよね。なかなかそう簡単にはできないんだろうけど、いい考えじゃないかなと思うんだけどな。

あとねあとね、僕思うんだけど、いい話とか嬉しい話をするときだけじゃなく、哀しい話やつらい話をするときだって、手をつないだりして相手に触ってる状態でしたらいいと思うんだよね。もちろん、膝枕とかでもいいよ。もちろん誰にでもはできないだろうけどさ、好きなひとにならできるよね?

たぶんね、相手に触ってるときだったら、そんなに攻撃的な想いにはならないと思うんだ。それにね、手をつないだり膝枕してたりしたら、相手を叩くこともできない。いや、やろうと思えばできるけど、かなりやりづらいよね。だから、かなりいいと思うなぁ僕は。

もっと言ったらね、言いにくい話をするときこそ、手をつないで公園に行って、おにぎりでも食べながらしたらいいんだと思うんだ。そしたら、余計な感情はだいぶ和らげられると思う。逆にそんな状況でも言いたいことなら、それこそ本当に話し合ったらいい気持ちだと思う。だからそうやって、話し合ったらいいんだ。

 

僕はね、別に「いちど一緒にいたら、絶対に別れちゃダメだ!」なんて思ってるわけじゃないよ。ただそれにしても、やっぱり話し合いは足りないんだ。もっとちゃんと話し合えていたら、そんなに相手を嫌ったり、恨んだり、叩いたり殴ったり殺したりなんて、しなくていいはずなんだ。それにもちろんこれは、結婚とかに限らずだよ。だから僕は、僕なりにいろいろ考えてるんだ。

ただこんなのは、僕が結婚してないから、こどもだから、なにも実際に経験してないから、言えることなのかもしれない。あなたにだって、きっとそう思われるかもね。でもそれでも、僕はほんとに、結婚してみたいって思ってるんだ。ただ次に僕が生まれる頃には、もう「結婚」の制度はなくなってるかもしれないけど、それでも僕は、好きなひとと一緒に、おとなとして暮らしてみたいって思ってるんだ。今度はね。

でもね、たぶんほんとは、僕ももっと前には1回くらい、結婚したことはあると思うんだよね。でも今それを思い出したいとは思ってないんだよね。今はそういう気分じゃないっていうか、それをしなきゃいけないって思えないんだなぁ。だからとにかく、僕は今は次に結婚することに向かって、いっぱい準備してるんだ!

 

でも結婚したかったら、まず相手がいないとダメだよね。しかもたぶんだけど、それって生まれる前にこっちで、相手を見つけて話し合っておかないとダメなんだよね?

でもねぇ、僕まだいないんだよねぇ。それにそもそも、「『好き』ってどういうことかわかってる?」って言われたら、よくわかってないのかもしれないんだぁ。だからやっぱり、言うほど簡単じゃないよね。こういうのなんだっけ、「前途多難」っていうのかな?

でも僕はそれでも、結婚したいんだ!だからね、前途多難は発展途上だってことで、僕はこれからもがんばるよ!それになにより、まずは自分のいいところをたくさん伸ばすことからだよね!だから僕は、もっともっと魅力的になろうと思ってるんだ!

 

それでね、僕みんなに訊いてみたの。「僕のいいところはどこだと思う?」って。そしたらね、「いつも機嫌がよさそうなところ」とか、「おっとりして優しそうなところ」って言われた。でもね、これも相性だとも思うんだ。だってもしかしたら、僕の「機嫌がよさそうなところ」は「ヘラヘラしてて真剣味がない」とも言えるかもしれないし、「おっとりして優しそうなところ」は、「のんびりしすぎて行動(決断)が遅い」ってことかもしれないからね。

だからねぇ、僕のこういうのんびりしたところを、ゆっくり待ってくれるひとじゃないと、僕と一緒にいてもらえないだろうとは思うなぁ。話すのも動くのも、遅いからね僕。あとね、できればあんまり怒んないでほしいな。怒られると、固まっちゃうからね。反省してないんじゃないんだ。聞き流してるんでもないんだ。ただ、そんなにすぐ言葉が出てこないんだ。これも僕だけじゃないから、わかってくれるひといると思うけど。ね、そうだよね?

あとね、僕はみんなの寝顔を見るのが好きなんだ。だからそうやってじっと見てても、怖がらないでほしいな。だってさ、どんなに怒ったり暴れたりしてたひとでも、寝てる間はそれなりに穏やかそうなんだ。だから僕、寝顔を見るのが好きなんだよね。

ただこれも、よく見てみたら、「寝てる間に無意識で相手のことを殴ってた」なんてこともあるみたいだよ。これは、抑え込んだストレスの影響なんだって。だからやっぱり、話し合うことがいちばん大切なんだと思うなぁ。

 

けっこうたくさん書いた書いた!細かいこと言えばもっと書けるかもしれないけど、とりあえずはこんなところでいいかな。あ、でもね、僕はこの前は結婚できなかったけど、それに病気で早くに死んじゃったけど、だからってそれは不幸だったわけじゃないんだよ。だって最初に言ったけど、僕の周りのひとはみんな、僕に優しくしてくれたから。だから僕は、しあわせだったし、今も改めてそう思うんだよ。だからやっぱり、周りのひとの力って、すごいんだよ。だから僕も好きなひとと一緒に、ずっとしあわせでいたいって、そう思ってるんだ。

あとは、あなたからなにか思ったことあったら、教えてくれたら嬉しいな。あなたはどうすれば、好きなひとと一緒にいられると思う?逆にどうして、好きなひとと一緒にいられないんだと思う?なんで、好きだったひとを嫌いになっちゃうんだと思う?あなたは、どう思う?

直接言うのが恥ずかしかったら、僕のこと思い出して心のなかで言ってくれてもいいよ。それでも僕には、ちゃんと伝わるからさ。そうやって、僕はもっと勉強するんだ。そしてほんとに、しあわせになるんだ。

だからもちろん、僕はあなたにもあなたの好きなひとと一緒に、しあわせにいてほしいと思うよ。僕はいつも、応援してる。それにあなたのケンカだって、ちゃんと見て勉強してるよ。でもあんまり、ケンカしないでね。好きなひととはできるだけ、一緒にいられたらいいよね。だから僕の考えたことも、少しは役に立てたらいいな。ほんとに、そう思ってるよ。

コメント

  1. アヤ より:

    遅い時間に申し訳ありません。

    何年か前から興味深く、ひっそりと拝見してました。

    現実の人生も難しいです。

    …なんでしょうね?

    生きる。悩みがある。乗り越えなきゃ。

    私の知人は、自殺やら、幼い子を、残して突然死。…私は、お寺のお嫁さんです。

    生きるって、宿題って?

    日々、自問自答しながら生かされてます。

    乱文ごめんなさいm(._.)m

    最近、自分を見失いそうです。

    アドバイス…時間がありましたら宜しくお願いしますm(._.)m

    • Dilettante より:

      アヤさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですか、何年も読み続けていてくださったんですね。そして今回こうして出てきてくださったことも、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

      お寺

      というのはいわゆる仏教系の寺院なのかと思いますが、そのように大切にしたい、あるいは大切にするべきだとされている強固な世界観があるなかで、それでは納得・理解しきれない事態に直面すると、自分を見失いそうになるのは自然なことだとも思います。

      そしておそらく、あなたは今身近にある仏教系の教え(の解釈)が正しいとも思えないところがあり、かと言って私がここで書いているようなことも信じきれるわけではない(しかしだからといって否定しきれるわけでもない)ということから、なんとも言えない葛藤と混乱を抱えているのではないかとも思います。

      もしそうだとしたら、あなたもやはりいろいろな世界観があるなかでも、あなたなりの世界観と解釈を、ご自分で見出していくしかないのではないかと、私は思います。私がもし仏教や、あるいは他のどこかの宗教団体に一定期間留め置かれたとしても、そこの価値観や世界観を多少参考にすることはあり得るにせよ、それに染まり切ったりそこで自分を見失ったりすることはないと言い切れるのは、今の私の世界観は、私が私の体験と想いに基づいて、私としてかたち作ってきたものだからです。

      そしてそのうえで、あなたがあなたの世界観を作っていくのに、私のしていることが少しでも役立てられるのであればとても嬉しいです。

      今後とも、どうぞよろしくお願いします。

  2. なすび より:

    こんにちは。Dilettanteさん。なすびです。

    周りのカップルを見ていても、ずっと仲良くやっていくのは本当に難しいんだなぁと感じますね。

    私自身、まずは自分と向き合いつつ、エゴを少しでもなくしていくことが大切なのかなと思っています。

    エゴで相手を選ぶと結局のところうまくいかないのではないかと思うし、本来の自然な生き方から離れることになると思うので、しなくてよい苦労をすることになってしまうのではないかと思うからです。

    相手に与えられるような人間になれたらいいなと思っているのですが、なかなか難しいですね。

    • Dilettante より:

      なすびさん、ようこそ、闇の向こう側へ。

      そうですね、なかなか難しいですよね。

      ただあなたがそうやって真摯に考えたうえで実践していることは、いずれ他のひとたちにもさらに参考にされる実例になるのではないかと思いますので、私もあなたのこれからを、とても楽しみにしています。

      そしてもちろん、他力本願ばかりでは自分が生きている意味がないので、私も私なりに、たとえそれが悪戦苦闘だとしても、やれることを続けていこうと、そう思っています。