「みんなそれぞれが、いろいろ予測して遊んでるだけだよ」と、守護霊は笑って言った

未来を予測したい

という願望・希望を持つひとはけっこういると思う。

そしてそれは

これからなにが起こるのかがまったくわからないのは不安だ

ということでもあるのだろうと思う。だからこそ私たちは、昔から「占い」や「預言」といったものに魅せられてきたのだろう。

そしてそのような場においては、なんらかの「霊的存在」の力を借りようとすることも多い。あるいは「自分自身の潜在意識」などでもいいが、とにかくなんらかの

「超自然的存在からのメッセージやサイン」

を受け取ることで、誰よりも早く情報を得ようとするというわけだ。

そういう観点からすると、私は霊媒師として、長年に亘りずっと様々な存在からの「声・メッセージ」を受け取り続けてきたと言える。

そしてそのなかには、

お前の家はそのうち漏電で燃やしてやるからな!

お前みたいなのは無事に来年を迎えられると思うな!交通事故でぐちゃぐちゃにしてやるからな!

というように、いろいろ具体的な要素を盛り込んでくるものもある。といってもこんなものは基本的に「暴言を吐きたいだけ」のものだからいちいち気にしてもしかたがないのだが、もう少し広い視点から冷静に、

あと数年で食糧危機が起こるから、そのつもりで備えておきなさい

というようなことを言われることもある。

そしてそういう映像・光景を夢のなかなどで見せてくることもけっこうあるのだ。

となると、

こんなふうにいろんな霊がいろいろ言ってくる「未来像」をどこまで真剣に、あるいは深刻に捉え、自分の選択・行動にどこまで影響させるべきなのか?

という想い・疑問が湧いてくるのもわかっていただけるのではないかと思う。だがこうした問いに対して、以前私の守護霊は、かなり明確な指針を示してくれた。守護霊は少し笑いながら、

みんなそれぞれが、いろいろ予測して遊んでるだけだよ

と、こともなげにそう言ったのである。

 

私は一方では、

今日こそ、今年こそ、来年こそお前の息の根を止めてやるからな!もっともっと、追い詰めてやる!これで終わったと思うなよ!

というようなことを言われるのに、もう一方では

あなたがそんなに葛藤したり苦しんだりするのももうしばらくの辛抱ですよ。これからは年々、ラクになっていきますから

というようなことも言われる。こんなことは日常茶飯事なのだが、もしこのすべてを真正面から受け止めれば、私は混乱する以外にないと思う。

だがこれを守護霊が言うように、

「それぞれが、いろいろ予測して遊んでるだけだ」

と捉えれば、そんなものかとも思えてくる。だがせっかくなので私がもう少し踏み込んで、

「遊び」?それを遊びなんて言ってもいいの?

と聴いてみると、こんな答えが返ってきたのだった。

そう、なぜならあなたも知っているとおり、ほとんどの霊存在は基本的にヒマで、それを持て余しているからだ

守護霊はさらに続ける。

だから、そのヒマを潰すのには、今の地球のようなところで生きているひとたちを見て、ああでもないこうでもないと自分なりの予測や希望願望を言い合うのがいちばん面白い遊びだということだ。もちろん、「遊び」なんて言葉や態度では括れない、もっと真剣な態度で見守りながら、自分が応援しているひとに力を注いでいる霊もいるよ。あるいは逆に、「このままだと自分に都合が悪いことが実現してしまうから、なんとかしてその流れを止めよう」とすることもある。だがそのどちらでもなく、もっと素朴に、深く考えずに、ただそれぞれ自分の立場から「たぶんこんな感じになるんだろうな」というような予測を立てているひともたくさんいるということだ。そしてそれももちろん、肉体人がたとえばドラマや「他人事の話」を見聞きしたときの反応と大差ないということなんだ

ここまで説明されて、私にも話が飲み込めてきた。だから私が、

なるほどね。じゃあやっぱり今の地球や私たちの状況っていうのは、「相当ホットで目を引く話題」だってことなんだね

と言うと、守護霊も

そういうことだ

と頷いたのだった。

 

だがそこから、話はもう少し続く。

だが視野が広く経験豊かな霊であればあるほど、「自分がどれだけ情報を集め、どれだけ自信を持って予測を立てたとしても、まだ予想外のことは起き得る」ということをよく理解している。しかしだからこそ、それぞれが自分なりの予想を好きなように言い合えるとも言える。まさに肉体界でドラマや作品の成り行きを見守っているひとが、「最終的には自分の想いとは関係なく脚本家が描いた結末を迎える」のをわかっているからこそ、気軽にああでもないこうでもないと言えるのと同じなんだ。なぜなら私たちはあくまでも霊であって、あなたがよく言うところの「外野」に過ぎないからだ。もちろん外野にもできることはたくさんあるんだが、そこまで前向きになれない霊もまだまだ多いし、本当に情熱があふれているなら最前線の肉体界に生まれ変わっているんだから、やはり外野は外野だというのも確かなんだ。だからあなたはあまり一喜一憂しないで、あなたらしく生き続けていればいいんだよ。最終的には「最も深い想いが、最も強い力を発揮する」ことになるんだから。これが、世界の大原則なんだからね

ここまで言われると、私ももう反論も疑問も特になかった。そう、守護霊の言うとおり、霊にも本当には「責任」(役割)があるのだが、それでもやはり私たち肉体人に比べれば、それはずっと軽いし、無視することもたやすい。だが一方で、そうやってなにごとにものめり込まずにいるには、霊はあまりにもヒマだ。

だから彼らは、私たちのような

「人気のコンテンツ」(しかもリアルタイムドキュメンタリー)

を見ては、それぞれあれこれと言い合いながら楽しんでいるというわけなのだ。そしてそこには当然それぞれの「価値観」や「希望・願望・期待……」も込められている。だから、探せば探すだけ、いろんな意見が出てくる。結局は、そういうことなのだ。

だから少し探してみただけで

富士山はそのうち絶対に噴火する!噴火させる!

という霊も見つかるし、逆に

今こんなときに富士山が噴火するわけないだろ!っていうか、させるわけないだろ!

という霊も見つかる。そしてそういう霊がそれぞれに仲のいい肉体人の意識に影響を及ぼすので、このような意見の相違は肉体人同士でも当たり前にある。だからもちろんこういう

「意見の多様性」

を理解することなしに、霊媒師としての成長はないということでもある。そうしないと、それはただ

「盲従した相手の代理戦争に巻き込まれている」

ということでしかないからだ。

そして究極に単純化してしまえば、それが個人であれ集団であれなんであれ、

「未来は『今よりもよくなる』か、『今よりも悪くなる』かしかない」

のだから、たとえば私に関して言えば

「今よりもしあわせになるか、今よりも不幸になるか」

ということであって、その双方の陣営に耳を傾けたら、意見が割れるのも当たり前だということになるのである。

 

だが私はその「声」を自分で聴き取れるからなおさらでもあるだろうし、こんな生きかたをしているから当然でもあるだろうが、霊媒の道を歩み始めた直後からずっと

今に見てろよ!絶対にぶっ潰して、苦しめて苦しめて、声も出ないようにしてやるからな!!

などと言われる一方で、

あなたはこれからまだまだものすごいことになるよ!面白いことだらけで、本当にかけがえのない、本当に素晴らしい人生になるから、楽しみにしてたらいいよ!!

ということも言われ続けてきた。そういえばこないだも

あなたは最終的にはきっと、もっともっと納得して、生を終えられると思う

だからあなたにはもっともっと、嬉しいことも起こるから

苦しみが「必要」だとはどういう意味なのか?ある守護霊さんたちと私の、率直な意見交換
幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである 自身の作品でこのように著したのはトルストイであるが、これを少し言い換えて しあわせのかたち(理想形)はみんなだいたい同じよう...

と言われたし、実際あの話を聴いてから、それをここに公開するまでの間の昨年末に

「まったく予想していなかった、嬉しいこと」

があったというのも、確かな事実なのである。まぁどの程度喜んだらいいのかというのはまだまだ微妙ではあるのだが、ともかく私にとっては少なからず嬉しいことであったのは間違いない。

だからこんな両極端なものも含む様々な予測を孕む私の人生が、実際にこれからどうなっていくのかというのは、きっとあなたにとっても面白い参考資料になるだろうと思う。だから私もできる限りそれを書き残しておくので、あなたにもなにか少しでも活かしてもらえたら、とても嬉しく思う。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Dilettante

コメントをどうぞ (名前・アドレス・サイトの記入は任意です)

タイトルとURLをコピーしました