『愛を伝える5つの方法』。お互いの「愛の言語」を理解し合う大切さを説いたこの本を、ぜひあなたにも読んでみてほしい

先日私は、ある本に出会った。それは、こんなふうに始まる。

「実は、ずっと長い間、誰かに尋ねたいと思っていたことがあるんです」。

その男性はそう言ってから、「結婚してしまうと、一体愛になにが起きてしまうんでしょう?」と質問してきました。

(中略)

「いえ実はね、私は三度結婚したんです。ですが毎回、結婚する前まではとてもうまくいくのに、結婚してしまうとすべてが崩れていくんです。愛していると思ったのに、そして相手も私を愛してくれていると思ったのにその愛がすっかり消えうせてしまうんです。私はビジネスにも成功していますし、まずまず知性ある人間だと自分では思っています。しかし、結婚に関してはなぜいつもそうなってしまうのかがわからないんですよ」

(中略)

ということで、私の質問は、結婚したあとに何が起こって愛は消えてしまうのか、ということです。私の体験はよくあることなんでしょうか。この国ではたくさんの人が離婚しますが、同じ理由からなんでしょうか。信じられないことに、私にはそれが三度も起こったんですからねえ。

離婚しない人たちは、あの虚無感のなかで生活することを学び取った人たちなんでしょうかね。それとも、中には愛が生き続ける結婚もある、ということなんでしょうか。もしそうなら、どうすれば愛を生き延びさせられるんでしょう?」

言うまでもなくこの問いは、私にとってもあまりに重要なものである。そして著者のゲーリー・チャップマンはこれに対しまず最初に

すでに出版されている本や記事が役に立たないわけではありません。ただ問題は、人はそれぞれ異なる愛の言語を語るという基礎的な真理を、それらが見落としていることなのです

という基本姿勢を明らかにしたうえで、その核心に迫っていく。だからこの本は

愛を伝える5つの方法 (21330)-WINGS いのちのことば社公式通販サイト
発売日:2007/08/31こんなに愛しているのに、なぜわかってもらえないの?こんなに尽くしているのに、なぜ?夫婦、恋人、親子……人間関係で悩むあらゆる人に、ベテラン結婚カウンセラーがわかりやすくアドバイス! 伝えたい思いを確実に伝える方法を学べる。世界470万部突破!ECPAプラチナ賞受賞*本書の原書The Five...

という題名(原語では”The 5 Love Languages: The Secret to Love That Lasts”)になっているのだが、その概略は動画でも観ることができる。

あなたの愛情は伝わってない? 5つの「愛の言語」とは
 

愛が薄れたりなくなったりしたわけではないのに、それが相手に伝わりやすい言語・表現ではなかったためにすれ違い、やがて愛そのものが傷つき、壊されていくというのは、あまりにも哀しいことである。だからそれを防ぐ、あるいはそれに少しでも歯止めをかけるために、

どのような方法で愛を伝えれば、相手に伝わりやすいのか?

という視点を持ってみることは、とても大切なことだと思う。それに、この本の巻末には自分自身の愛情言語を探るための質問リストもあるのだが、そこまで読み進めるまでに

私の愛の言語は、たぶんこれなのか?

と思っていたものと診断の結果には多少の差があって、

なるほど、私は意外とこういうところから愛を感じる気質だったんだなぁ……

と、自分自身について理解を深めるきっかけにできたこともとてもありがたかった。そしてそれは裏を返せば

ただそれが「私にとって見つけやすい(受け取りやすい)愛のかたちではなかった」というだけで、私は自分が思っている以上に、愛されていたのかもしれない

と気づけるきっかけでもあるわけだ。だからやはりこの本は私にとって、とても多くの学びをくれるものだったのである。

 

愛するというのは選択であり、決意であり、努力でもある。そしてそれを自分自身のなかに保ち育てることだけでなく、それを相手にまっすぐ届けることもまた、相当に難しいことだと思う。

だから私は前に、

愛によって眼が曇ることもあるし、絶望しなければ見えないものもある。だがそれでも、愛がなければ見えない真実がある
誰かが誰かのからだを切り開き、そのなかに手を加えている という説明を聴いて、あなたはどう思うだろうか?これは、犯罪かもしれない。だとしたら通報したほうがいい。相手のいのちの危機も迫っているかもしれないし、それどころかもう死んでいるのか...

とも言ったし、そういう観点は今でも私のなかに息づいているのだが、それでも私はこの本ともっと早く出会えていたら、もっとうまくできたこともたくさんあると思うし、せめてこれからでもあらゆる人間関係に応用して、哀しいすれ違いを少しでも減らしていけたらと思う。そして私はもちろんあなたにも、もっともっと愛し合っていってほしいと思っている。愛には、本当は、底などないのだから。それに彼も言う。

グレンは今日に至るまで、私のことを奇跡を起こす人だと友人たちに話して聞かせるそうです。しかし奇跡を起こすのは、実は愛なのです。そして私はその真実を知っている者なのです

もしできることなら、世界のすべての夫婦にこの本を手渡し、「あなたのためにこの本を書きました。これによってあなたの人生が変わりますように。そしてもし変わったら、この本を誰かほかの人にあげてください」と言ってまわりたいくらいです

と。私は、彼の根底にあるこの熱意に共鳴する。だからもしよかったらあなたにも一緒にこの本を読んでもらって、愛をますます深める助けにしてもらえればと、心から願っている。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Dilettante

コメントをどうぞ (名前・アドレス・サイトの記入は任意です)

タイトルとURLをコピーしました