いのち・人生

いのち・人生

痛み・苦しみ・長丁場。道中がいかに悪路だろうと、私には見たい景色がある

あなたは、いったいどんなひとですか? もし誰かにこんなふうに訊かれたら、あなたはどう答えるだろうか? 私は、ここしばらくこのことをずっと考えていた。とはいえそれは今回が初めてというわけではなかったのだが、今までは自分自身が納得で...
いのち・人生

恐れることを恐れるな。恐怖と向き合って、それを乗り越えて生きる道もある

そこに意識を向けると、それに力を与えることになる というのは、特に精神世界(スピリチュアル)の世界においては、とても馴染み深い考えかただと言えると思う。そして私自身も、こうした意見には確かに一理あるとも思う。 だから、そういう考...
いのち・人生

憧れのひとがいるなら近づいていけばいい。もしいないなら、自分自身が理想を体現すればいい

自分を成長させるということは、どういうことだろうか?いろいろな捉えかたや表現もあるとは思うが、私なりに端的に言ってしまえば、それは 「より自分が望む方向に変わる」 ということだと思う。 私たちは、いずれにせよ変わっていく。...
いのち・人生

基本的に「なんでもあり得る」世界において、どんな自分を育て、どうそれを保っていけばいいだろうか?

「悪魔の証明」 と呼ばれるものがある。これはごく簡単に言ってしまうと 「『○○が存在しない(あり得ない)』ということを証明すること」 であり、それは 「『○○が存在する(あり得る)』ということを証明すること」 ...
いのち・人生

「もう知らない」とは言わない。味方でいるというのは、どういうことだろうか?

私たちは、それぞれに自分に対する主体(最終決定権)を持っている。今はそれを忘れさせられているひとがほとんどだし、それを意識しにくい環境にいるからなおさらしかたないことではあるのだが、本当は今こうしてここに生きているのも、自分で望んで選んだ結...
いのち・人生

しあわせなひとが増えますように。「人口」よりもなによりも、あなたが自分や大切なひとと向き合って、すべてを決めたらいい

先日私は を書いた。 それを踏まえたうえで、今回はその最終段で挙げた でもそんなふうに性行為を忌避するひとが増えたら、ますます少子化が進んで、もっとひどいことになるんじゃないか? という疑問に対して、私がどの...
いのち・人生

「性行為を忌避するひとが増えている」という流れがあるのだとしたら、それについて私が率直に思うこと

この『闇の向こう側』というサイトは、とても端的に言ってしまえば 「霊媒師としての体験を積んできた私が、その立場も踏まえながら日頃考えていることや体験していることをあなたとも共有し、互いに少しでもよりよい方向に向かっていこうと模索してい...
いのち・人生

福徳一致説。ソクラテスのこの見解に、あなたはなにを感じるだろうか?

私は先日、 と書いた。あるいはさらに以前には、 とも書いた。 ここで私が向き合おうと試みたのは、端的に言えば私たちが 理不尽だ!割に合わない! なんであいつには、なんの罰もないんだ! と思...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

自殺の意味。なぜ負の霊は、最終的に私たちすべてを自殺させようとするのか?

以前私は という文章をまとめた。 そこではある霊を 「負の霊」 と呼ぶことについての線引きや、その影響についていろいろと話し合ったときのことが記録されている。 ただそれを踏まえたうえでも私が 「負...
いのち・人生

「私もそうだよ」と言うときの想いと、「わかるよ」と言うときの賭け

つらいのはあなただけじゃないから! 誰だってなぁ、必死に生きてるんだよ! 自分のつらさや苦しみを、誰かに伝えるというのは難しい。しかしそこをなんとか乗り越えて打ち明けてみたときに、相手からこんなふうに返されると、もっと苦しくなっ...
タイトルとURLをコピーしました