仲間たちの言葉

仲間たちの言葉

安保徹。免疫学を専門としていた彼の言葉を、あなたはどう受け止めるだろうか?

先日、私は という文章に、昨今の「感染症」について、霊媒師という立場から見たときの、私なりの立場や感慨をまとめた。 ただそこでも書いたとおり、私は今医者でも医療関係者でもないので、そこにそれほど大きな「力」を込めら...
仲間たちの言葉

桜精神。反日教育を受けたうえで武士道に魅かれるようになった彼は、そこにいったいなにを見たのか?

先日私は、ある動画を見つけた。それは というYouTubeチャンネルに公開されていた動画なのだが、彼は最初の動画 で話しているように、もともとは北京生まれの中国人であり、いわゆる ...
仲間たちの言葉

『愛を伝える5つの方法』。お互いの「愛の言語」を理解し合う大切さを説いたこの本を、ぜひあなたにも読んでみてほしい

先日私は、ある本に出会った。それは、こんなふうに始まる。 「実は、ずっと長い間、誰かに尋ねたいと思っていたことがあるんです」。 その男性はそう言ってから、「結婚してしまうと、一体愛になにが起きてしまうんでしょう?」と質問...
仲間たちの言葉

ジョン・ラミレス。25年間を「悪魔の兵隊」として過ごした彼の体験は、私にとっても非常に感慨深いものだった

前にも書いてきたことだが、私は生まれたときから霊感があったわけではなかった。家族もあらゆる意味で「ごく一般的な日本的宗教観」のなかにいるひとたちだったので、無神論に徹底しているわけでも、熱心に信仰を保っているわけでもない環境で私は育てられた...
仲間たちの言葉

「被害者意識を乗り越えて」。自分を殺した相手のその後を見続けた彼は、そこからなにを感じたのか?

生きていると、なにかしら傷つくことがある。そのなかには自分が勝手に自分を傷つけている場合もあるが、誰かの言動や行動によって傷つけられたということもやはりあると思う。 そんなときそれをどう捉え、どのようにその後の人生を生きていけばいいの...
仲間たちの言葉

「鼻と耳には特に気をつけて!」。数多くのひとを仲違いさせてきた元負の霊が、反省とともに明かす策略

明日はクリスマスイブである。と言っても今の私には特になんということもないのだが、特別に愛するひとが傍にいるひとにとっては、やはり大きな意味を持つ日なのだろうと思う。そう思うと私も多少は甘酸っぱいような、そんな気持ちにもなる。それにこの時期は...
仲間たちの言葉

「あなたがこのままでしあわせになれるかどうかは、あなたがいちばんよく知っている」。彼があなたに、今いちばんに伝えたいこと

私は生前の彼には会ったことがなかった。だがまだこの世にいたときの彼を知るひとたちによると、彼はやはり以前からずっと、自分に厳しいひとだったと言う。そしてそれは、彼が霊存在になっても、ずっと変わらないままだった。 私が彼に初めて会ったと...
仲間たちの言葉

「来世は大きくなって結婚したい」。そう強く願う彼が、この世界の現状を見て感じたこと

今回は久しぶりに、ある仲間の言葉を共有したいと思う。 まず彼にはひとつの特徴があって、今私を好意的に見守ってくれている仲間(霊存在)というのは、その多くがもともと負の霊であったときに私と関わりを持ち、そこから私の人生の行く末を見守るよ...
仲間たちの言葉

想いの腐敗と「面倒だ」という感情を乗り越えるための、ある守護霊さんからのひとつの示唆

以前から と書いてあるように、私は今まで、対面あるいはメールを介して、そのひとの守護霊さんからのメッセージを伝えてきた。ただ にもあるように、その内容は私のもとには残らないので、誰がどんなことを言われたのかはわか...
仲間たちの言葉

絶喰の盟約。お前の苦しみの真の原因について

久しぶりに、仲間たちからの言葉を共有してみようと思う。だが彼は、単純な私の「仲間」というには、かなり語弊がある。誰より彼自身が、私の「仲間」と括られることに、抵抗を感じるだろうとも思う。だが私と彼の付き合いは、とても古くからのものであり、私...
タイトルとURLをコピーしました