仲間たちの言葉

仲間たちの言葉

加藤諦三。ひとの精神や病みを研究してきた彼の言葉に、深く共感した

先日ネット上で気になる言葉を見つけた。調べてみるとそれは加藤諦三というひとの言葉であることがわかった。彼の公式ホームページも見てみたところ、彼は長らく心理学、精神衛生学、哲学を研究し、現在は日本精神衛生学会の顧問も務めながら、作家としても活...
仲間たちの言葉

「人生をかけて取り組むべきことは何か?」。 IBSサマーワークショップ2013における、吉岡秀人氏のスピーチ

吉岡秀人という医師を、私は先日はじめて知った。彼は の代表を務め、国内外での緊急医療支援活動に尽力している。そんな吉岡氏が昨年2013年の のワークショップにおいて、 人生をかけて取り組むべきことは...
霊媒・霊能力

「あなたはまだ生きているのだから、生きているひととの関わりを大事にしてね」。私たちにとって最も大切なのは、この世界で楽しんで生きることだ

いいですね〜。霊能力があるなら亡くなったひとといくらでも話せるのですから などと羨ましがられることがある。しかし、私は親族や友人も含め、それほど頻繁に死者と対話するわけではない。もちろん、哀しみや苦しみを抱えていたり、文句や不満をぶつ...
仲間たちの言葉

「カネは、無邪気なこどもだ」。大富豪を経験した霊が語ったこと

カネは私たちの生活に深く浸透している。それはあらゆる場面で現れ、ときとして私たちの心を揺れ動かし、悩ませもする。カネをどう得るか、そしてどう遣うかには、そのひとの人生観が表れるとも言える。だから、 あなたにとって、カネとはなんですか?...
仲間たちの言葉

2012年6月20日に行われた国連Rio+20における、ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカ氏のスピーチ

縁あってこんなものを見つけた。 これは、今年2012年6月20日に行われた国連Rio+20における、ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカ氏のスピーチである。
タイトルとURLをコピーしました