基本方針

負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

「針の穴ひとつからでもひとは負に堕ちる」と彼は笑った。だが私は針の穴ひとつからでも、私にできることをやり通す

これは、つい先日の話である。その日私は急遽連絡を受け、あるひとの霊的相談を受けることになった。そのひとは私の以前からの理解者の紹介を受け私のもとを訪ねてきたのだが、相手の深刻な状態は、見た瞬間にすぐわかった。というのも、そのひとが私の家に入...
基本方針

2016年冬至の日。『闇の向こう側』は改めて生まれ変わりました

2016年もあと10日ほどで終わりますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、突然ではありますが、この度この『闇の向こう側』は改めて生まれ変わりました。 このことはまったく事前にお伝えしていませんでしたが、なぜ今回そのような決断に...
基本方針

私の意見にもきっと誤りが含まれている。だからそれは、先に心から謝っておきます

先日、 と書いた。そこでも書いたことだが、あなたも必ず持っている 真実を知りたい という想いを改めて自覚し、それを育み、表現していけば、必ず誰でも真実に近づいていける。だがその過程は、やはり難しいものでもある。 ...
基本方針

あなたも必ず真実を理解できるようになる。だから、その歩みを止めないでほしい

私たちは心のどこかでは必ず、 真実を理解したい と思って生きている。もちろん、それぞれにその強弱はあるかもしれないが、この想いは私たちの奥底に流れる共通した想いである。そしてそれは私たちが「考えたり、情報を集めたりしている」とい...
基本方針

たとえ賊軍であったとしても、私は私の志に殉じる

現在から過去の歴史を振り返るとき、私たちは結果から遡ってその顛末を見ることができる。だから、誰が勝者(想いを通せた者)で誰が敗者かは最初からわかっている。だがそれは、その瞬間の当事者には決して知り得なかったことである。
基本方針

真実を述べても嘘をついても疑われるのだから、ここで私がわざわざ嘘をつくことはない

私たちはいつもなんらかのかたちで「本音」と「建前」を遣い分けていると言われている。それは周囲との過剰な摩擦を避けるためでもあるだろう。その「建前」をより色濃くしたものを「嘘」だと言ってもいいかもしれないが、いずれにせよ嘘をつき続けるというの...
基本方針

「他者を助けると学びの機会を奪う」という意見に一理あるとしても、私は後悔のない道を行く

今まで読者の方々や実際の顔見知りにも、私は何度かこんなことを言われたことがある。 この世で起こることはすべて「本人の学び」として与えられているんだし、本人もある程度「なにを学ぶか」を事前に決めたうえで生まれてきているのだから、あまり他...
基本方針

『闇の向こう側』の内容を凝縮したものを、英語で公開しました

3月になりました。いかがお過ごしでしょうか? このサイトも開設から丸4年を過ぎたのですが、最近はちらほらと海外からのアクセスも見受けられるようになってきました。私がこのサイトに導入しているのは、追加料金の必要ない簡素なアクセス解析機能...
基本方針

私が守護霊さんからのメッセージをお伝えする場合の、いくつかの代表的な留意事項

今年も節分を過ぎ、これから少しずつ春に近づいていくのでしょう。いかがお過ごしでしょうか? 以前私は という前提を確認し、そのうえで私ができることにはどのようなことがあるのかを自問自答しながら ということを書...
雑感・お知らせ

いただいたメッセージには必ず返信していますので、届いていなければ迷惑メールフォルダなどもご確認ください

先日年初のごあいさつをさせていただいてから、何人かの読者の方々にはメールやコメントなどで個人的にごあいさつを返していただき、とても嬉しく思います。改めてあなたのこれからの日々がますます彩りに満ちたものになることを願っています。
タイトルとURLをコピーしました