文明・現代社会

文明・現代社会

「歪んだかたちで確立されたシステム」を揺さぶるために、それぞれのバグ(例外)を投げ続ける

私たちの現状の社会においては、苦しんでいるひとが多すぎる。しかもそのなかには、いわゆる「先進国」と呼ばれているはずの国でこそ顕著に見られる種類の苦しみさえもある。だから私たちが生きる社会は、明らかにどこかが間違っていて、歪んでいて、不具合...
文明・現代社会

世界が二極化しようが多極化しようが、私たちはやはり「同じ地球」のなかにいて、未来を共有することになる

世界は二極化していて、これからはその差や違いが、ますます顕著になっていく というような見解や思想は、私がこの『闇の向こう側』を創った2012年頃もそうだし、もっと言えばいわゆる 「ミレニアム思想」 が強く影響した2000...
基本方針

希望を受け容れて、絶望に抗う。かつてひっくり返されたものを、もういちどひっくり返す

今まで何度となく言ってきたことだが、今のこの世界はめちゃくちゃである。そしてそれは当然、私たちそれぞれの人生や現状に大きな影響を与えている。だからそこで悪戦苦闘しているのが私だけであるはずはなく、それは多少の程度の差こそあれ、私たち全員に...
いのち・人生

「石の上にも三年」ということわざと、恋愛ホルモン。お互いを理解し合うための、永遠の過程について

石の上にも三年 ということわざがある。これは、 (冷たい石の上でも三年すわり続ければ暖まるの意から) たとえつらくてもしんぼう強くがんばれば、やがて報われるということ。 というように説明されるものなのだが、今の日本にお...
いのち・人生

あらゆる宗教宗派のなかにそれぞれ「奇跡の体験者」がいるのだとしたら、その本質はどこにあるのか?

現代の、特に日本のような社会においては、「宗教」や「信仰」について広く深く話し合う機会はそんなにないと思う。また、 私は無神論者です というひとや、 宗教って要するに「カルト」じゃないですか?なんか洗脳されそうで嫌ですし...
雑感・お知らせ

控えめに、しかし率直に。自分なりに育んできたこの場所で、私もあなたと生きていく

先日、私は という文章をまとめた。だが、いくら私に理解したいことがあり、そこに大きな理由もあると言っても、真実はまさにその力によって、私たちを強く揺り動かす。 だからこそ私たちはときに、 こんなことなら、...
いのち・人生

今のあなたの「願い」がすべて叶ったら、そのときあなたは自分の「真の願い」に気づくのかもしれない

以前、私は と言い、さらに とも言った。だが、少なくとも今の私たちはあまりにゆとりを削られ、いつもなにかに追い立てられているような感覚もあるだろうから、これを本当に実践できるひと、その意...
文明・現代社会

ジェネレーションギャップ。その断絶を切なく感じることもあるが、それは世界が変わった証でもある

以前から私は、 と言ってきた。このようなそれぞれの「世界」は、 「基本的な価値観や感受性の違い」 によって分かれているものだとも言えると思う。そしてそれはもちろん、年代によっても移...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

苦しくても狂うな。「あなたが望むあなた」から遠ざけるものは、あなたの玉座に置かないでほしい

以前、私は と書いた。そのときも私は、 「自分に必要な苦しみ」以上のものをあなたに与えようとしてくる存在(煽り)には、決して屈さないでほしい という想いを込めたのだが、やは...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

意識の取り合い。その波に溺れ自分を見失う前に、あなたの「居場所」を掴んでおいてほしい

私たちの本質(核)は魂である。それはつまり「霊」(エネルギー)であり、「想い」であり、さらに言い換えるなら、 「意識」 だとも言えると思う。 ときどき 意識不明の重体です というような表現がなされることにも表...
タイトルとURLをコピーしました