霊媒・霊能力

霊媒・霊能力

「共感覚」が一般に認知されつつあるなら、霊的感覚もいずれはきっと証明される

一般的に私たちの感覚は「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」の五感があるものとして把握されている。そしてときには、たとえば視覚的情報が音楽的記憶を呼び覚ましたり、逆にある音楽がある光景を想い起こさせたりなど、それらが互いに影響し合っていることを感...
仲間たちの言葉

これからは、「仲間たちの言葉」も直接あなたと共有していきたいと思います

4月も半ばに近づきました。もしかしたら年度替わりで新しい環境のなかにいるひとも多いかもしれませんね。いかがお過ごしでしょうか? 先日、私が久しぶりに強く「死」を意識したときのことを書きました。 結果として、私は今もこうし...
基本方針

私が守護霊さんからのメッセージをお伝えする場合の、いくつかの代表的な留意事項

今年も節分を過ぎ、これから少しずつ春に近づいていくのでしょう。いかがお過ごしでしょうか? 以前私は という前提を確認し、そのうえで私ができることにはどのようなことがあるのかを自問自答しながら ということを書...
霊媒・霊能力

ある統合失調症患者が耳にする「幻聴」を再現した動画を見たが、それはやはり私の体験とも共通するものだった

以前私は、 と考え、おそらく最も有名な多重人格者のひとりである、「ビリー・ミリガン」のことも調べてみた。 するとやはり、私はそうしたひとたちと自分との間に、それほど大きな違いがあるとは思えなかった。確かに私は自ら...
霊媒・霊能力

リリーデール村。霊能力者が多く住むというその村に行ったなら、そこで私は受け入れられるのだろうか?

先日私はアメリカのニューヨーク州に「リリーデール村」という場所があることを知った。ここはもともとネイティブアメリカンが聖地として崇める森の近くにあるキャンプ場だったのだが、そのエネルギーに注目した霊能力者が10数人で土地を購入し、1903年...
霊媒・霊能力

「あなたはまだ生きているのだから、生きているひととの関わりを大事にしてね」。私たちにとって最も大切なのは、この世界で楽しんで生きることだ

いいですね〜。霊能力があるなら亡くなったひとといくらでも話せるのですから などと羨ましがられることがある。しかし、私は親族や友人も含め、それほど頻繁に死者と対話するわけではない。もちろん、哀しみや苦しみを抱えていたり、文句や不満をぶつ...
霊媒・霊能力

霊能力を得たいなら、善悪様々な霊存在との出会いを覚悟することだ

先日あるひとから、 自分の守護霊と自力で対話できるようになりたいのですが、どうすればいいのでしょうか? という相談のメールをいただいた。初めてのお相手だったので、ひとまず私から確認のメールを送り、無事届いたら返信してほしい旨を伝...
霊媒・霊能力

私はまだ、他者の死を器用には受け止められていない

ひとは年を重ねれば重ねるほど、多くのひとびとの死を見ることになる。自分の死は一生に一度だけだが、他者の死を見る機会はそれよりもずっと多い。ニュースを見れば毎日のように新しい「事件」が起きて、ひとが亡くなっていることを知ることになるが、それで...
霊媒・霊能力

私の「真実」を証明する術はないが、それでもできることはある

「霊媒師」や「霊能力者」(超能力者)の力を「証明する」ということはどういうことなのだろうか? 最も明快なのは、 「相手の目の前で、実際にやってみせる」 ということだろう。だから、テレビなどのメディアに霊能力者が出てくると、...
霊媒・霊能力

「想念を読み取る」ということと「コールド・リーディング」はなにが違うのか?

メディアに登場する「霊能力者」に対して、「科学者」や「マジシャン」あるいは「メンタリスト」などが出てきて、その「正体」を暴こうとする企画がときどき持ち上がる。ここで霊能力者に対して向けられる疑念の代表的なもののひとつが、 これは「コー...
タイトルとURLをコピーしました