霊止・霊留(ひと)

いのち・人生

精神の暴走を、肉体を活かして止める方法を考えている

もう死んでしまいたいです 毎日自殺することを考えています こんな話を、私はもう数えきれないほど聴いてきた。そして、私のところに届くものでさえこれほどあるのだから、実際にそんなふうに思っているひとはもっといるし、率直に言えば、生ま...
霊止・霊留(ひと)

「自分自身と話し合う」というのは、いったいどういうことなのか?

話し合うことはとても大切なことだ。友達であれ家族であれ、同僚であれ仲間であれ、話し合えるなら話し合うに越したことがないとは言えると思う。 そしてその大きな理由をひとつ挙げると、 話し合うことで、誤解を解く方向に進んでいけるから ...
霊媒・霊能力

除霊ではなく浄霊。悪魔祓い師の後継者不足を、私がむしろ喜ぶ理由

「エクソシスト」 という言葉がある。これは1973年に同名の映画が公開されたことで日本でもよく知られたものだと思うが、これは日本語にすれば 「悪魔祓い師」 という意味の言葉である。そして私にとっても重要なことは、この役職は...
いのち・人生

「私の人生は、まだ終わっていない」。彼のその言葉が、私の「一生」の定義を鮮やかに塗り替えた

今までに私がいったい何人の霊と対話してきたか、それはもう数えきれない。そのなかで、私は にもまとめたように、そういった数多くの視点や話を総合しながら、私なりの「真実」を見出してきたと言えると思う。 そして今の私は、たとえ...
霊媒・霊能力

私は「ヒーラー」でも「ライトワーカー」でもないが、「霊媒師」というのが今のところいちばんしっくりくる

率直に言って、日本も含めた現代の中心的な世界観では、「霊」や「魂」というのは、存在しないか、あると思い込んでいるひとがいるだけのものだとされていると言っていいと思う。 だからそんななかでなんとか成立している「スピリチュアリズム・シャー...
いのち・人生

「ツインソウル」や「ツインレイ」の定義(男女観)には賛同できないが、それでも参考になる点はある

このサイトの最初期に というものを書いた。ここで示したように、私は基本的に、 「私が相当程度の確信を保っている真実をあなたと共有し、検証して活かしてもらうこと」 を第1目的にしている。だから 「自分と異なる意...
いのち・人生

生まれ変わるときにすべてを忘れるのは、「どこまで行っても自分は自分でしかない」ということを思い知るためでもある

先日、私はここに「衣服」についての私の見解をまとめた。 この文章を書いたときの本旨は、衣服も含め、 「自分を補佐してくれるものとのよりよい付き合いかたを模索する」 ということにあったとも言えるが、そもそも私たちがこ...

自分を活かし育むために、「衣服」を見直してみるのにも大きな意味がある

私たちは誰でも、エネルギーを保っている。だから自分を 「エネルギー体」 だと捉えてもいいということになる。ただその「エネルギー」には様々な要素が絡み合っている。

半分ではなく「4分の4」のすべてを踏まえて、あなたの人生を創っていってほしい

この世界で生きていれば、おそらく10年もしないうちに、私たちの身につく基本的な世界認識がある。それは、 この世には、「いいひと」と「悪いひと」がいる というものである。この「いいひと」と「悪いひと」というのは、さらに単純化すると...
仲間たちの言葉

「あなた方は、敵だったときから、私の仲間であり、親友候補でした」。そのひとが「負の霊を憎んではいない」と言い切った理由は、どこにあったのか?

先日、私は という文章をまとめた。そしてそのなかの最終段で、改めて私から負の霊団に対して思うことを、率直に書いた。するとそれを読んだあるひとから、とても味わい深いメールが届いたのである。
タイトルとURLをコピーしました