負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

「生き霊の厄介さ」に絶望せず、そこからなんとか希望を見出す

今のひとたちの一般的な感覚では 「霊」 という言葉は 「幽霊・お化け・死者……」 というようなイメージで捉えられることが多いのではないかと思う。そして特に現在の日本のような社会では、そういうものの存在というのは否定さ...
いのち・人生

精神の暴走を、肉体を活かして止める方法を考えている

もう死んでしまいたいです 毎日自殺することを考えています こんな話を、私はもう数えきれないほど聴いてきた。そして、私のところに届くものでさえこれほどあるのだから、実際にそんなふうに思っているひとはもっといるし、率直に言えば、生ま...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

自殺への強烈な誘い。そんな念に抗いながら、今の私が思うこと

少し考えてみただけでも、こういう状態で私が文章を書き残すというのは今回が初めてではなく、今までにもときどきあったことだと思うが、ともかく、今の私の状態はとても悪い。とはいえ、このように文章に起こせるようになったのだからそれなりによくなってい...
霊媒・霊能力

除霊ではなく浄霊。悪魔祓い師の後継者不足を、私がむしろ喜ぶ理由

「エクソシスト」 という言葉がある。これは1973年に同名の映画が公開されたことで日本でもよく知られたものだと思うが、これは日本語にすれば 「悪魔祓い師」 という意味の言葉である。そして私にとっても重要なことは、この役職は...

「負の霊」という表現は本当に適切か?ある守護霊と私との、率直な意見交換

私はこの『闇の向こう側』の最初期から今まで、何度となく 「負の霊」 という表現を遣ってきた。 だがこのことに関して、先日ある守護霊が私に疑問を投げかけてきた。そしてそこから、とても学び多い話し合いを持つことができた...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

私の住所を割った霊。霊の存在と力を改めて認識したが、それに屈することは選ばない

先日、私は私のもとに届いたあるメールと、それを読んだあとに起きたことについて書いた。 そのあと私はとりあえず事態を見守ろうと思っていたのだが、思ったよりはるかに早く、次の展開があった。私が前回の文章を公開したまさにその当日の夜...
神霊・守護霊(指導霊)・神(はたらき)

「あなたたちは、守護霊ではない」。守護霊を名乗る相手に、私がそう言い切った根拠

先日、私のところにあるメールが届いた。これから書くことは、そのメールの内容と、それを読んだあとに起きたことの記録なのだが、今回このようなかたちを採ることにした理由のひとつは、このメールをくださった相手が、 僕は自分のメールアド...
仲間たちの言葉

想いの腐敗と「面倒だ」という感情を乗り越えるための、ある守護霊さんからのひとつの示唆

以前から と書いてあるように、私は今まで、対面あるいはメールを介して、そのひとの守護霊さんからのメッセージを伝えてきた。ただ にもあるように、その内容は私のもとには残らないので、誰がどんなことを言われたのかはわか...
雑感・お知らせ

家族に言えました。あなたがあなたでいられることを、いつも願っています

ここ最近は台風や猛暑など、お世辞にも快適とは言いにくい日々だとは思いますが、いかがお過ごしでしょうか? 突然ではありますが、この度個人的なこととは言えぜひあなたとも共有したいことが起こりましたので、この場でお伝えさせていただきたいと思...
仲間たちの言葉

絶喰の盟約。お前の苦しみの真の原因について

久しぶりに、仲間たちからの言葉を共有してみようと思う。だが彼は、単純な私の「仲間」というには、かなり語弊がある。誰より彼自身が、私の「仲間」と括られることに、抵抗を感じるだろうとも思う。だが私と彼の付き合いは、とても古くからのものであり、私...
タイトルとURLをコピーしました