負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)一覧

NO IMAGE

今日もまた生き抜くために。守護霊の存在をもういちど思い出してみてほしい

先日私はある読者のかたからメールをいただいたのだが、その内容は私も含め多くのひとたちがいちどは考えることなのではないかと感じられるものだった...