仲間たちの言葉

「お前らが負の念に勝てない理由を教えてやるよ」。元負の霊団員からの言葉を活かせるかどうかは、私たち次第だ

この数週間、私はなかなかの負の念のなかでもがいていた。 しかし今そのどん底の状態から回復してみると、その体験はまたさらにいろいろなことを私に教えてくれたと思う。それはもちろんこれからここでも書き記していこうと思うのだが、ともか...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

心に嵐が吹き荒れているときは、せめて未来に向けての記録を残す

今、私の心は乱れている。しかしそれでもなおこの文章を書き残しておくのは、未来の自分自身に対する記録を残すためである。ただ私は今少なくとも、 自分の心が乱れている ということを自覚できるくらいの制御を保てているのは確かだ。だから今...

私たちを未来へと導く「放送」は既に流されているが、それは1つだけではない

本日8月15日は第2次世界大戦の終戦記念日である。だがこれはあくまでも、現在の日本における記念日でしかない。別の見かたをすれば、日本が連合国および世界に対してポツダム宣言を受諾することを通知したのは8月14日夜だとされているし、その後実際に...
仲間たちの言葉

「魂を取り替えて」。そう心から叫んだひとに起きたこと

以前 と言ってから、今まで何度か私の「仲間たちの言葉」をここに書いてきた。そのほとんどは私に関与してきた霊存在からの言葉(伝えたいこと)ではあったが、最初に もし、これをお読みになっている読者の方々のなかに、 ...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

怒りが狂気に変わる過程。決して、その「理由」を拡大させないでほしい

「怒り」という感情はとても強力なものだ。私は日夜たくさんの負の霊団と関わるなかで、多くの怒りをぶつけられてきた。そしてその過程で、負の念がいかに増幅されていくのかを見せつけられてきた。怒りはやがて「憎しみ」に変わり、最終的には「狂気」に至る...
神霊・守護霊(指導霊)・神(はたらき)

自分を護るためには、「堅固さ」でなく「弾力性」を持つほうがいい

先日、 と書いた。そこで書かれたようなことは誰にとっても切実なことなのだが、いちばん大切なのは それにどう対処するか? ということだろう。 だから私は、先日の文章のなかにも、 だから、私たちは相...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

負の霊団が私たちに影響を及ぼすときの「古典的な戦術」を知ってほしい

私たちは古代から現代に至るまでの間に多くの変化を経てきたし、同じ「日本」という枠組みのなかで見ても100年前と今の姿は大きく異なっている。しかし、実のところそこで生きる私たちの性質は、それほど変わっていないとも言える。これを端的に言い換える...
雑感・お知らせ

ある印象的な夢を見たあとに起きたことと、これからの私の心構えについての記録

私は普段から、悪夢を見ることのほうが多く、いわゆる「いい夢」というものを見ることはとても少ない。だがそれについては自分なりに原因もわかっているので、 今さら特に気にはしないようにしていたし、時間が経てば忘れてしまっていたのだが...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

この世界の現状が「霊的無法地帯」だとわかりさえすれば、それを打破する方法を、あなたはもう知っている

私たちは現代社会のなかで、日々いろいろな「宣伝」や「広告」にさらされている。 これを買ったらあなたの未来は拓けますよ! 期間限定の半額セールです! 今ならサンプルが無料ですよ! もちろんこういったもののすべてに価値が...
霊媒・霊能力

これからは、「仲間たちの言葉」も直接あなたと共有していきたいと思います

4月も半ばに近づきました。もしかしたら年度替わりで新しい環境のなかにいるひとも多いかもしれませんね。いかがお過ごしでしょうか? 先日、私が久しぶりに強く「死」を意識したときのことを書きました。 結果として、私は今もこうし...
タイトルとURLをコピーしました