Dance in the Dark〜闇の踊り場〜

霊の世界が実在する可能性を考えるようになってから、あなたはそれまでとどう変わりましたか?

あなたが生きている理由はなんですか?

あなたはなぜ、生まれてきたのだと思いますか?

あなたはあなたの人生から、なにを感じましたか?

あなたは今まで、どう変わりましたか?そのきっかけはなんでしたか?あなたはなぜ、変わろうと思えたのですか?そしてその結果、あなたの眼に映る世界は、どう変わりましたか?

あなたには今日、どんなことがありましたか?今あなたは、どんな気持ちですか?

あなたは、これからどう生きていきたいですか?

あなたは、どう死んでいきたいですか?

あなたは霊になったら、どんなことをしたいですか?それを肉体を持って実現するには、なにがあったらいいですか?

あなたは永遠の存在として、なにをしたいですか?そしてそれは、いったいどうしてですか?

あなたはなにが、好きですか?

 

たとえばそんなことを、書いてみてください。そして私に、みんなに、共有させてください。一緒に生きていてくれて、ありがとうございます。

どうしてこんなことを始めたのかなどの詳しい経緯については、こちらをご覧いただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

「北海道胆振東部地震」と命名された先の地震から、早くも1週間が過ぎました。いかがお過ごしでしょうか? 私はそのときの想いを ...

コメント

  1. Rマン より:

    こんばんわ。

    1か月半前、Dilettanteさんに守護霊からのメッセージを代筆してもらった日から(というかこのブログに出会った時から)、明らかに意識状態が変わりつつあるのを感じます。

    もともと霊感は少しばかりあり、オカルトが大好きだったのですが、興味の方向がガラッと自然へと変わったんです。

    シャーマニズムというものでしょうか。

    木々がやけに鮮やかに見えて、海岸で一人で過ごす時間が何よりもリラックスできるものになりました。

    一番嬉しい変化は、たまにですが守護霊の声がハッキリ聴こえるようになった事です。気のせいじゃなく、感覚でハッキリ本物だと解ることがあります。一言二言、くらいしか聞こえないですが…似たような経験をされた方のお話を是非聞いてみたいと思っております(。-人-。)

    このブログに出会ってから、私は「霊とも人とも共に歩んでいきたい」と強く思うようになりました。しかし孤独や負の霊に煽られてばかりいては、結局その心もすぐに折れてしまいます。だからこそ貴重な霊体験を共有して、たくさんの人と一緒に人生を楽しみたいな~ って最近は思ってます。

  2. なすび より:

    私は、霊の世界が実在すると確信してから、涙を流すことが無くなりました。

    それまでの私は”なぜ生きているのか”分かりませんでした。学校の先生に聞いてみたり、色んな本を読んでも、はっきりとした答えを聞くことは出来ませんでした。

    また、”人に親切にしたい”と思いながらも、中学、高校の寮生活(しかも男子校で頭脳明晰な人が多い)の中で、くじけそうな出来事もたくさん起こり、”結局、世の中は、自分の事を考えて生きている人が良い思いをする世界じゃないか”と感じていました。

    霊の世界を知り、すべてが繋がって見えるようになりました。”なぜ、私は生まれることを選択したのか。””なぜこの両親を選んで生まれたのか。””なぜこの中学、高校に行くことを選択したのか””なぜこの体を選んだのか”今振り返ってみれば、一つのパターンに従って人生が進行しているように感じます。

    霊的知識を得て、なぜ生きているのかといった疑問は解けましたが、それでもやっぱり生きるということは大変です。体のメンテナンス、生活のためのお金を稼ぐこと、人間関係をうまく調整していくこと。毎日毎日が闘いで、大変だなと感じます。

    が、しかし、そういう面倒な事と向き合うことこそが”生きる”ということだとも思います。

    これからの私は、思考よりも、実践を重視してゆきたいと思っています。自分の頭で真理を追究していくことももちろん大切だと思います。けれども、それよりももっと大切なのは、見せて頂いた真理の片鱗を胸に、人の役に立つことだと思います。

    (この世にはたくさんの仕事があり、皆それぞれの才能を活かして、人の役に立っているのだと思う。歌手は自分の歌唱力を、技術者は自分の技術や知識をといった具合に…。自分の能力で、人を元気づけられるというのは本当にすごいことだと思う)

    私の場合は、医学的知識や、その他学問的知識で役に立つのが一番の近道かなと思います。

    今は、その知識を活かす機会はあまり無いですが、今のうちに、医学に限らず、さまざまな知識を吸収しておきたいと思います。(最近プログラミングの勉強をはじめました)

    死んでからとかは、今をしっかり生きてさえいれば、なるようになると思います。

    それよりも、歳を取ったときに、子ども達に、”生きるということはそんなに悪いことじゃないよ”と言える大人になりたいです。(のび太みたいに)