NO IMAGE

「あなた方は、敵だったときから、私の仲間であり、親友候補でした」。そのひとが「負の霊を憎んではいない」と言い切った理由は、どこにあったのか?

先日、私はという文章をまとめた。そしてそのなかの最終段で、改めて私から負の霊団に対して思うことを、率直に書いた。するとそれを...

NO IMAGE

「自殺は5秒で決断しましたが、すぐに後悔しました」。魔が差すということは確かにあるが、自分の本心を見失わないでほしい

ひとの流れというものは面白いもので、途絶えるときはしばらく誰との間でも途絶えたかと思うと、重なるときは一気に重なって、また景色を変えることが...