お知らせ・時候の挨拶

雑感・お知らせ

「この世界が3次元から5次元に上昇する」という表現に対する、私が納得できる解釈

「アセンション」とか「次元上昇」という言葉が巷で最も騒がれたのは2012年だったと思う。私がこの『闇の向こう側』を開設したのもちょうどその年の1月だった。最も先鋭的な「アセンション論者」の方々から見ると、その年はちょうど「世界の終わりの年」...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

久しぶりの強烈な想念のなかで、自分の心の深奥と向き合っている

ここ1週間ほど、久しぶりに強烈な想念を受けている。それは決して好ましいものではない。たとえば 私なんて消えてしまったほうがいい といった自己否定的なものや、 こんな世界なんて滅んでしまえばいい! といった攻撃的なもの...
雑感・お知らせ

タッチパッドが壊れ、初めて「マウス・キーボード」機能を知った日

つい先日のことである。私は以前からときどきやるように、パソコンを手入れしようとした。データのバックアップを取り、本体全体を軽く湿らせた布で拭き取り、その後乾拭きする。なんのことはない作業のはずだった。 ところが、その後パソコンを起動し...
いのち・人生

霊存在との関わりを深めるほど、肉体の大切さに気づかされる

霊はいいよなぁ。からだが痛むこともないし、眠たくなることもないし、トイレにも行かなくていいんだから 肉体人はしばしばこのように霊を羨む。しかし一方で、霊のほうにも、 からだを持っている奴らはいいなぁ。飯は美味いし、音楽は楽しめる...
基本方針

『闇の向こう側』はドネーションサイトになりました。今後ともどんどん私を活用してください

こんにちは。いつも『闇の向こう側』へお越しくださり、ありがとうございます。 突然ですが、このサイトは本日より「ドネーションサイト」になりました。「ドネーションサイト」という用語が一般的かはわからないのですが、これはソフトウェアの世界に...
いのち・人生

自分を理解してくれるひとがいることを信じ、全力で探してみてほしい

誰にでも秘密がある。現代日本では社会環境により、インターネットなどを活用して自分の「趣味」に没頭し、気の合う仲間と喜びを分かち合うこともしやすくなっている。だがそれでもなお、日本のように高い集団性・協調性を求められる社会では特に、「本来の自...
いのち・人生

「楽しくないのなら、なにかが間違っている」。いつもそう言っていた師の笑顔

私の師は最初、なにかがおかしいひとだと思っていた。彼は私がなにを言っても、最後には決まってこう言うのである。 楽しいかい? 私はたいていなんらかの「悩み」(迷い)があるからこそ師に訊いているのに、「楽しい」はずがない。師もそれを...
基本方針

「発言する」ということは、どういう意味を持つのか?

言葉とは、そのひとの排泄物なのだよ という言葉を聴いたことがある。言い得て妙だと思う。私たちは、意識しているかどうかに関わらず、常にありとあらゆる大量の情報を受信し続けて生きている。もちろん、この「情報」には「想念」も含まれる。だから...
雑感・お知らせ

少しギアを入れ替えます。現在の世界情勢と、私自身の役割

時代には、確かに「節目」というものが存在する。本来、時間とは連続するものなのだから、なにかが突然急激に変わるということはあり得ないのだが、それでもあとから振り返ってみると、あのときからなにかが変わり始めていたと言えるような重要な「岐路」があ...
雑感・お知らせ

ありがとうございます。読者の方々に改めて感謝を伝えさせてください

早いもので前回文章を書いてからもう1か月以上が経過してしまった。とはいってもこのサイトは半分以上私の個人的な「趣味」で始めたものであるし、読者数もそれほど多いわけではないからいいのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました