基本的立場

負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

「針の穴ひとつからでもひとは負に堕ちる」と彼は笑った。だが私は針の穴ひとつからでも、私にできることをやり通す

これは、つい先日の話である。その日私は急遽連絡を受け、あるひとの霊的相談を受けることになった。そのひとは私の以前からの理解者の紹介を受け私のもとを訪ねてきたのだが、相手の深刻な状態は、見た瞬間にすぐわかった。というのも、そのひとが私の家に入...
霊媒・霊能力

真実を独占したり歪めたりすると格差が生まれる。ならば真実を共有し、一緒に理解を深めればいい

私が霊媒師になってある程度経った頃、ある霊が私にこんな話をしてくれた。今の私にはこれが「実際にあった話」だと証明することはできないが、単に「物語」(寓話)として読んだとしても、少なからず意義のあるものだと思う。だから今からそれを、あなたとも...
基本方針

2016年冬至の日。『闇の向こう側』は改めて生まれ変わりました

2016年もあと10日ほどで終わりますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、突然ではありますが、この度この『闇の向こう側』は改めて生まれ変わりました。 このことはまったく事前にお伝えしていませんでしたが、なぜ今回そのような決断に...
基本方針

私の意見にもきっと誤りが含まれている。だからそれは、先に心から謝っておきます

先日、 と書いた。そこでも書いたことだが、あなたも必ず持っている 真実を知りたい という想いを改めて自覚し、それを育み、表現していけば、必ず誰でも真実に近づいていける。だがその過程は、やはり難しいものでもある。 ...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

負の霊団が私たちに影響を及ぼすときの「古典的な戦術」を知ってほしい

私たちは古代から現代に至るまでの間に多くの変化を経てきたし、同じ「日本」という枠組みのなかで見ても100年前と今の姿は大きく異なっている。しかし、実のところそこで生きる私たちの性質は、それほど変わっていないとも言える。これを端的に言い換える...
基本方針

真実を述べても嘘をついても疑われるのだから、ここで私がわざわざ嘘をつくことはない

私たちはいつもなんらかのかたちで「本音」と「建前」を遣い分けていると言われている。それは周囲との過剰な摩擦を避けるためでもあるだろう。その「建前」をより色濃くしたものを「嘘」だと言ってもいいかもしれないが、いずれにせよ嘘をつき続けるというの...
基本方針

「他者を助けると学びの機会を奪う」という意見に一理あるとしても、私は後悔のない道を行く

今まで読者の方々や実際の顔見知りにも、私は何度かこんなことを言われたことがある。 この世で起こることはすべて「本人の学び」として与えられているんだし、本人もある程度「なにを学ぶか」を事前に決めたうえで生まれてきているのだから、あまり他...
基本方針

『闇の向こう側』の内容を凝縮したものを、英語で公開しました

3月になりました。いかがお過ごしでしょうか? このサイトも開設から丸4年を過ぎたのですが、最近はちらほらと海外からのアクセスも見受けられるようになってきました。私がこのサイトに導入しているのは、追加料金の必要ない簡素なアクセス解析機能...
雑感・お知らせ

いただいたメッセージには必ず返信していますので、届いていなければ迷惑メールフォルダなどもご確認ください

先日年初のごあいさつをさせていただいてから、何人かの読者の方々にはメールやコメントなどで個人的にごあいさつを返していただき、とても嬉しく思います。改めてあなたのこれからの日々がますます彩りに満ちたものになることを願っています。
基本方針

からだがあろうがなかろうが、「一個人の意見」に惑わされる必要はない

あなたねぇ、そんな生きかたをしていたら、あとできっと後悔するよ! もしあなたが初対面のひとにこんなことを言われたからといって、どうしようもなく落ち込んでしまうということはないだろう。もちろん多少イヤな感じはするかもしれないが、結局は ...
タイトルとURLをコピーしました