宗教団体・宗教施設

神霊・守護霊(指導霊)・神(はたらき)

「神様」に対する様々な立場や見解。今のあなたは、どんなふうに考えるだろうか?

私は以前から と思ってきた。そしてそのなかでも、いわゆる 「神様」 というような存在をどう考え、どう捉えるかというのは、そのひとの人生観に大きな影響を与える要素のひとつだと思う。そしてもちろん今の世界では、そこには...
仲間たちの言葉

ジョン・ラミレス。25年間を「悪魔の兵隊」として過ごした彼の体験は、私にとっても非常に感慨深いものだった

前にも書いてきたことだが、私は生まれたときから霊感があったわけではなかった。家族もあらゆる意味で「ごく一般的な日本的宗教観」のなかにいるひとたちだったので、無神論に徹底しているわけでも、熱心に信仰を保っているわけでもない環境で私は育てられた...

集団瞑想(合同祈願)の落とし穴。まだ甘く見られているうちに、粛々と1歩ずつ進む

独りだけでできることは限られている。だからみんなで協力すればいい。独りだけのエネルギーなら高が知れている。だからみんなで力を合わせればいい。この考えかたは、基本的には間違っていないと思うし、私もこう思って生きている。ただここから派生して、 ...

「じゃああなたは、地縛霊だってことですか?」。「神」を名乗る相手に怒られても、伝えなければいけないことはある

前回私は と書いた。そこで今回もその流れを引き継いで、私自身強く印象に残っている体験を、ひとつ共有してみたいと思う。これは言うなれば、 「『神』に怒られたときの話」 である。
霊媒・霊能力

すべての霊媒師への提案。「直接体験」を積み共有すれば、世界は一気に変わっていく

私はここに、「霊媒師」という立場から、文章を書き綴り、それを共有している。だがこのような霊的なこと、体験というのは、少なくとも現代のような社会にあっては、 「嘘・妄想・狂信・詐欺」 などと見なされることが多いものだということを、...
雑感・お知らせ

全体的に見れば世界は確かによくなってきている。だから今まで滅びなくて本当によかったし、これから先の未来に、楽しみはたくさんある

2019年、和暦で言えば令和元年の今年も9月を迎えました。いかがお過ごしでしょうか? 過去に書いた文章を振り返っていて今思い出したのですが、ちょうど1年前に、私は北海道では過去最大級とも言える地震を体験していたのでした。 ...

森羅万象の総覧者。神は私たちを創ったのではなく、私たちを生み出し得る仕組みを創った

私が霊媒の経験を積み始めた最初の頃、ある霊が私にこう言ってきたことがあった。 俺が神だ!お前たちが古来からずっと崇め、敬い、探し求めてきた存在、それが俺だ!だからお前は、俺を敬い付き従え! そう言われた私は、彼に畏怖の念を覚える...
霊媒・霊能力

除霊ではなく浄霊。悪魔祓い師の後継者不足を、私がむしろ喜ぶ理由

「エクソシスト」 という言葉がある。これは1973年に同名の映画が公開されたことで日本でもよく知られたものだと思うが、これは日本語にすれば 「悪魔祓い師」 という意味の言葉である。そして私にとっても重要なことは、この役職は...
いのち・人生

「ツインソウル」や「ツインレイ」の定義(男女観)には賛同できないが、それでも参考になる点はある

このサイトの最初期に というものを書いた。ここで示したように、私は基本的に、 「私が相当程度の確信を保っている真実をあなたと共有し、検証して活かしてもらうこと」 を第1目的にしている。だから 「自分と異なる意...
いのち・人生

あなたも必ず真実を理解できるようになる。だから、その歩みを止めないでほしい

私たちは心のどこかでは必ず、 真実を理解したい と思って生きている。もちろん、それぞれにその強弱はあるかもしれないが、この想いは私たちの奥底に流れる共通した想いである。そしてそれは私たちが「考えたり、情報を集めたりしている」とい...
タイトルとURLをコピーしました