現代科学・数学

いのち・人生

あらゆる宗教宗派のなかにそれぞれ「奇跡の体験者」がいるのだとしたら、その本質はどこにあるのか?

現代の、特に日本のような社会においては、「宗教」や「信仰」について広く深く話し合う機会はそんなにないと思う。また、 私は無神論者です というひとや、 宗教って要するに「カルト」じゃないですか?なんか洗脳されそうで嫌ですし...
いのち・人生

生存可能領域。私にとって「理解する」ことには、どのような意味があるのか?

私はこの闇の向こう側の草創期に という問いを立て、 スピリチュアル(霊的)な知識は、生きていくうえで「必要」ではないが、うまくいけば人生を「より豊かにする」可能性を秘め...
霊止・霊留(ひと)

悪夢は伝えず消していく。長年悪夢を見続けてきた私からの、最新の研究報告

以前から などと書いているとおり、私は基本的に、いつも悪夢を見る。だからそこだけで言えば私は本当は眠りたくないのだが、肉体を保っている以上そうも言ってはいられないので、睡眠時間はできるだけ取るようにし...
雑感・お知らせ

2021年になりました。さらなる「加速」に挑むひとたちもいるなかですが、私も粛々とやっていきます

さて、2021年となりました。いかがお過ごしでしょうか? こないだ とごあいさつしたばかりではありますが、ともかくそれはそれとして、改めて今年の初めに思うことな...
いのち・人生

ゼロ・プライバシー。すべてが見られている世界で、あなたならどう生きていくだろうか?

私たちはいつどんなときでも、守護霊にはあたたかく見守られ、逆に負の霊には多かれ少なかれ妨害され、そういう綱引きのなかで自分の意志と選択を基盤として生きていると言える。そしてこれは言い換えると、 私たちの人生は、常に相互作用のなかで動い...
いのち・人生

主観と客観。「客として眺める」のではなく、「主として世界に関わる」ということ

今の社会では一般的に、主観と客観とでは、客観のほうが優れている・好ましいものと捉えられているのではないかと思う。辞書を引いてみても、「客観的」という言葉が 大辞林 第三版の解説 かっかんてき【客観的】 [形動] ...
霊媒・霊能力

メンタルなんにんもいる人。番組で彼の様子を観て、私が思ったこと

私は自分を霊媒体質者だと認識し、それを自らの意志と選択によって自他のために活かしていこうとしているという意味で 「霊媒師」 だと自認している。だがそれは、現代的には 「精神病患者」 と呼ばれているひとたちや、あるいは...
霊媒・霊能力

すべての霊媒師への提案。「直接体験」を積み共有すれば、世界は一気に変わっていく

私はここに、「霊媒師」という立場から、文章を書き綴り、それを共有している。だがこのような霊的なこと、体験というのは、少なくとも現代のような社会にあっては、 「嘘・妄想・狂信・詐欺」 などと見なされることが多いものだということを、...

森羅万象の総覧者。神は私たちを創ったのではなく、私たちを生み出し得る仕組みを創った

私が霊媒の経験を積み始めた最初の頃、ある霊が私にこう言ってきたことがあった。 俺が神だ!お前たちが古来からずっと崇め、敬い、探し求めてきた存在、それが俺だ!だからお前は、俺を敬い付き従え! そう言われた私は、彼に畏怖の念を覚える...
いのち・人生

あなたも必ず真実を理解できるようになる。だから、その歩みを止めないでほしい

私たちは心のどこかでは必ず、 真実を理解したい と思って生きている。もちろん、それぞれにその強弱はあるかもしれないが、この想いは私たちの奥底に流れる共通した想いである。そしてそれは私たちが「考えたり、情報を集めたりしている」とい...
タイトルとURLをコピーしました