神(はたらき)

基本方針

「どの道から登っても同じ頂上にたどり着く」。私もよく聴いてきたこの言葉を、改めて考え直したくなってきた

よく どの道から登っても、結局は同じ頂上にたどり着く というようなことを言うひとがいる。それにこれをもっと詩的に わけ登る麓の道は多けれど 同じ高嶺の月をこそ見れ (「月を見るかな」だとするひともいる)...
神霊・守護霊(指導霊)・神(はたらき)

神の公平さ。「あなたにとって神とはなんですか?あなたは神を愛していますか?」と訊かれたら、私の答えはこうなる

先日、私は において 「神様」(仏様) という存在(概念)に関する様々な立場・見解を私なりに整理してみた。しかし、そこに 「私自身の考えや立場」 は書いていなかったし、それについて向き合うのにちょうどい...
神霊・守護霊(指導霊)・神(はたらき)

「神様」に対する様々な立場や見解。今のあなたは、どんなふうに考えるだろうか?

私は以前から と思ってきた。そしてそのなかでも、いわゆる 「神様」 というような存在をどう考え、どう捉えるかというのは、そのひとの人生観に大きな影響を与える要素のひとつだと思う。そしてもちろん今の世界では、そこには...
仲間たちの言葉

ジョン・ラミレス。25年間を「悪魔の兵隊」として過ごした彼の体験は、私にとっても非常に感慨深いものだった

前にも書いてきたことだが、私は生まれたときから霊感があったわけではなかった。家族もあらゆる意味で「ごく一般的な日本的宗教観」のなかにいるひとたちだったので、無神論に徹底しているわけでも、熱心に信仰を保っているわけでもない環境で私は育てられた...
いのち・人生

「競争しないと発展しない」という思い込みを抜けた先に、無限の深化がある

第2次世界大戦後しばらくの間、世界は資本主義と共産主義(社会主義)の両陣営が覇権を競い合っていた。だが1991年にソ連が崩壊すると、一方の資本主義が世界を覆い尽くすようになり、その結果として現在のような社会が基礎づけられたと言っていいと思う...
雑感・お知らせ

もしあなたが本当に気に入ってくれたなら、その文章を声に出して読んでみてほしい

私がこの『闇の向こう側』を開設してから今日までで、ここにはおよそ440ほどの文章が記録・公開されている。 そしておそらくほとんどのひとというのは、たまたまここを見つけ、ふらっと立ち寄ってふらっと出ていくことになると思うのだが、そのなか...
いのち・人生

ゼロ・プライバシー。すべてが見られている世界で、あなたならどう生きていくだろうか?

私たちはいつどんなときでも、守護霊にはあたたかく見守られ、逆に負の霊には多かれ少なかれ妨害され、そういう綱引きのなかで自分の意志と選択を基盤として生きていると言える。そしてこれは言い換えると、 私たちの人生は、常に相互作用のなかで動い...
文明・現代社会

嘘のようなほんとの話。そんな現実を理解するには、意外とマンガ(ファンタジー)のほうが役に立つかもしれない

今までも何度も言ってきたことだが、私はここで自分が書いているようなことが、現代社会の常識からは大きく外れているということを、よくよく自覚している。 だから などと言ってみたところで、少なくとも今はまだまったく信じられない...
基本方針

極悪人でもないが善人ではない。自分を「悪人」と見なすという選択について

最近いろいろな霊から、 そろそろ立場をはっきりさせろ! というようなことを言われる。ただこういうことを言うのは、ほとんどが私のことをよく知らない若い霊である。というか、私は今までここでも何度も、自分の立場を説明してきたつもりだ。...
いのち・人生

あなたの強さを乗り越えろ。強くても弱くても、あなたはあなたらしくいればいい

私は弱いので、もう限界なんです 私が生きていくには、いろいろなことがキツすぎる こんな声を、今まで私もたくさん聴いてきた。確かにこの世界の現状は、あまりにもめちゃくちゃだ。そしてあまりに長い間、過酷な状態から抜けられずにいた。だ...
タイトルとURLをコピーしました