肉体(からだ)

いのち・人生

自分を殺すくらいなら自分を入れ換える。生きたまま生まれ変わるための、いろいろな方法について

以前私は と言い、さらに とも言った。 これはつまり、 私たちは日々代謝・変化の渦中にいるわけだが、それを自分の意志によって早めることもできるし、なによりその...
いのち・人生

落ち込んで苦しくてどうしようもないときだからこそ、あえて「不自然」なこともしてみてほしい

どう考えてみても、私たちの人生は 「単なる無機質な点(瞬間)の集合」 ではない。つまり そこには、なんらかの流れ・連鎖がある ということだ。 確かに、 私たちは毎日毎秒、新しく生まれ変わっているし、生ま...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

苦しくても狂うな。「あなたが望むあなた」から遠ざけるものは、あなたの玉座に置かないでほしい

以前、私は と書いた。そのときも私は、 「自分に必要な苦しみ」以上のものをあなたに与えようとしてくる存在(煽り)には、決して屈さないでほしい という想いを込めたのだが、やは...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

意識の取り合い。その波に溺れ自分を見失う前に、あなたの「居場所」を掴んでおいてほしい

私たちの本質(核)は魂である。それはつまり「霊」(エネルギー)であり、「想い」であり、さらに言い換えるなら、 「意識」 だとも言えると思う。 ときどき 意識不明の重体です というような表現がなされることにも表...
文明・現代社会

陰謀は多々あって当然。だから私も私らしく、それを粛々と前に進める

以前私は と言った。 だが私は別にここに挙げたようなものを単に 根も葉もない、荒唐無稽な説だ などと見なして、最初からまったく意に介していないというわけではない。むしろ私としては 「まだ根...
霊止・霊留(ひと)

悪夢は伝えず消していく。長年悪夢を見続けてきた私からの、最新の研究報告

以前から などと書いているとおり、私は基本的に、いつも悪夢を見る。だからそこだけで言えば私は本当は眠りたくないのだが、肉体を保っている以上そうも言ってはいられないので、睡眠時間はできるだけ取るようにし...
雑感・お知らせ

2020年の終わりに。今年も本当に、ありがとうございました

今年2020年もついに、あと数日を残すばかりとなりました。いかがお過ごしでしょうか? 今年はまずなんと言っても、いわゆる 「新型コロナウイルス」(COVID-19) を抜きには語れない1年だったと言ってもいいと思いますが、...
仲間たちの言葉

『愛を伝える5つの方法』。お互いの「愛の言語」を理解し合う大切さを説いたこの本を、ぜひあなたにも読んでみてほしい

先日私は、ある本に出会った。それは、こんなふうに始まる。 「実は、ずっと長い間、誰かに尋ねたいと思っていたことがあるんです」。 その男性はそう言ってから、「結婚してしまうと、一体愛になにが起きてしまうんでしょう?」と質問...
いのち・人生

私たちは信念の匣。そこになにを詰めるかで、すべてが変わっていく

自分はいったい何者なんだろうか? こんなことを一生にいちども考えずに生きられるひとはいないのではないかと思う。 これは特に今のような世界で肉体人として生きる私たちが、生まれる前の世界もからだを離れたあとの世界のことも否定(無視)...
雑感・お知らせ

もしあなたが本当に気に入ってくれたなら、その文章を声に出して読んでみてほしい

私がこの『闇の向こう側』を開設してから今日までで、ここにはおよそ440ほどの文章が記録・公開されている。 そしておそらくほとんどのひとというのは、たまたまここを見つけ、ふらっと立ち寄ってふらっと出ていくことになると思うのだが、そのなか...
タイトルとURLをコピーしました