肉体(からだ)

いのち・人生

あらゆる宗教宗派のなかにそれぞれ「奇跡の体験者」がいるのだとしたら、その本質はどこにあるのか?

現代の、特に日本のような社会においては、「宗教」や「信仰」について広く深く話し合う機会はそんなにないと思う。また、 私は無神論者です というひとや、 宗教って要するに「カルト」じゃないですか?なんか洗脳されそうで嫌ですし...
いのち・人生

私はひとに傷つけられる。だがそれはそんなにも、私がひとを愛する証

以前私は、 のなかで、 そして先ほども言ったとおり、私は神のことを、そもそも「好き」とか「愛する」という対象になるようなものとしては捉えていない。というかそれを言うなら、私は本当には...
いのち・人生

すべての「あなた」はつながっている。だから「新しい自分」に変わることは、「過去の自分」の否定ではない

先日私は と書いた。ただそれを書き終えてから、私は以前ある霊と話したときのことを思い出したのだった。彼は私に、 俺は、あの頃だってがんばってたんだよ!でもこれから俺が変わってそれでしあわせになったと...
いのち・人生

自分を殺すくらいなら自分を入れ換える。生きたまま生まれ変わるための、いろいろな方法について

以前私は と言い、さらに とも言った。 これはつまり、 私たちは日々代謝・変化の渦中にいるわけだが、それを自分の意志によって早めることもできるし、なによりその...
いのち・人生

落ち込んで苦しくてどうしようもないときだからこそ、あえて「不自然」なこともしてみてほしい

どう考えてみても、私たちの人生は 「単なる無機質な点(瞬間)の集合」 ではない。つまり そこには、なんらかの流れ・連鎖がある ということだ。 確かに、 私たちは毎日毎秒、新しく生まれ変わっているし、生ま...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

苦しくても狂うな。「あなたが望むあなた」から遠ざけるものは、あなたの玉座に置かないでほしい

以前、私は と書いた。そのときも私は、 「自分に必要な苦しみ」以上のものをあなたに与えようとしてくる存在(煽り)には、決して屈さないでほしい という想いを込めたのだが、やは...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

意識の取り合い。その波に溺れ自分を見失う前に、あなたの「居場所」を掴んでおいてほしい

私たちの本質(核)は魂である。それはつまり「霊」(エネルギー)であり、「想い」であり、さらに言い換えるなら、 「意識」 だとも言えると思う。 ときどき 意識不明の重体です というような表現がなされることにも表...
文明・現代社会

陰謀は多々あって当然。だから私も私らしく、それを粛々と前に進める

以前私は と言った。 だが私は別にここに挙げたようなものを単に 根も葉もない、荒唐無稽な説だ などと見なして、最初からまったく意に介していないというわけではない。むしろ私としては 「まだ根...
霊止・霊留(ひと)

悪夢は伝えず消していく。長年悪夢を見続けてきた私からの、最新の研究報告

以前から などと書いているとおり、私は基本的に、いつも悪夢を見る。だからそこだけで言えば私は本当は眠りたくないのだが、肉体を保っている以上そうも言ってはいられないので、睡眠時間はできるだけ取るようにし...
雑感・お知らせ

2020年の終わりに。今年も本当に、ありがとうございました

今年2020年もついに、あと数日を残すばかりとなりました。いかがお過ごしでしょうか? 今年はまずなんと言っても、いわゆる 「新型コロナウイルス」(COVID-19) を抜きには語れない1年だったと言ってもいいと思いますが、...
タイトルとURLをコピーしました