肉体(からだ)

いのち・人生

「自分自身より大切なものがある」というのは、狂気でも間違いでもないと私は思う

もっと自分を大切にしてください というようなことを言われることがある。それにあなたも、そんなことを言われたこともあるのではないかと思う。 これは第一に、私への気遣いと慈しみによるものだというのは、もちろんわかっている。それに ...
基本方針

生きているだけでいい時代。これまでの私たちのすべてを、惜しみなくぶつけるときが来ている

生きているというのは素晴らしいことなんです あなたは存在しているだけで、かけがえのない価値があるんです というようなことは、たくさんのひとが言っていると思う。それに私自身、こういった趣旨のことを伝えることもある。
霊止・霊留(ひと)

感情の伝染。霊の存在を信じることは難しくても、まずはここから一緒に考えてみよう

「霊」という言葉を見聞きしたとき、今のひとたちがいちばんに思い浮かべるのは、おそらく 「幽霊」 ではないかと思う。これは「お化け」とか「死者の魂」などと言い換えてもいいと思うが、とにかく今の多くのひとにとっての「霊」の認識は、...
いのち・人生

私たちは生産者でもある。だからもし愛が見つからないなら、みんなでここに愛を生めばいい

今までも何度も言ってきたように、私たちが普段 「自分の考え・見解」 だと思っているものは、実のところ育ってきた環境や時代背景、それに社会全体から知らず識らずのうちに刷り込まれているものであることも多い。 そして、そのよう...
仲間たちの言葉

安保徹。免疫学を専門としていた彼の言葉を、あなたはどう受け止めるだろうか?

先日、私は という文章に、昨今の「感染症」について、霊媒師という立場から見たときの、私なりの立場や感慨をまとめた。 ただそこでも書いたとおり、私は今医者でも医療関係者でもないので、そこにそれほど大きな「力」を込めら...
文明・現代社会

世界が二極化しようが多極化しようが、私たちはやはり「同じ地球」のなかにいて、未来を共有することになる

世界は二極化していて、これからはその差や違いが、ますます顕著になっていく というような見解や思想は、私がこの『闇の向こう側』を創った2012年頃もそうだし、もっと言えばいわゆる 「ミレニアム思想」 が強く影響した2000...
基本方針

願い・想いを込めながら。私たちは、きっとだいじょうぶです

あなたもどうぞ、お元気でいてくださいね 私はよく、こういうことを言う。 ただ私がここで言いたいのは、単なる 「肉体的健康状態」 の話ではない。それは第一に、 「精神的健康状態」 を指しているのである。な...
いのち・人生

ひどい体調と精神状態のなかで、「生きていることへの感謝」の意味を思い知った

突然の告白になるが、実はここ最近、私の調子はあまりよくなかった。というより正直に言えば、かなりしんどめの状態だった。と言ってもこれは熱があるとか咳が出るとか、喉が痛いといった症状ではない。要するに 頭痛や重だるさ、なんとも言えない疲...
いのち・人生

「石の上にも三年」ということわざと、恋愛ホルモン。お互いを理解し合うための、永遠の過程について

石の上にも三年 ということわざがある。これは、 (冷たい石の上でも三年すわり続ければ暖まるの意から) たとえつらくてもしんぼう強くがんばれば、やがて報われるということ。 というように説明されるものなのだが、今の日本にお...
いのち・人生

あらゆる宗教宗派のなかにそれぞれ「奇跡の体験者」がいるのだとしたら、その本質はどこにあるのか?

現代の、特に日本のような社会においては、「宗教」や「信仰」について広く深く話し合う機会はそんなにないと思う。また、 私は無神論者です というひとや、 宗教って要するに「カルト」じゃないですか?なんか洗脳されそうで嫌ですし...
タイトルとURLをコピーしました