選択

いのち・人生

「自分の痛み」と「他者の痛み」の差。それを乗り越え互いを理解し合うには、どうしたらいいのだろうか?

昔から 我が身をつねって他人の痛さを知れ という警句がある。これはいわゆる 「自己中心的・独善的態度」 を戒め、他者の痛みや苦しみに想いを寄せることを説いたものだと言っていいと思う。
霊媒・霊能力

「寂しがり屋ほど霊感が強いのでは?」という見解に対する、私なりの考え

あの、私ちょっと思ったんですけど、寂しがり屋であればあるほど霊感が強いっていうか、霊的な能力の開花・発達が早いんじゃないでしょうか?もちろん私にだって寂しさがないわけじゃないですけど、そんなに強いほうだとも思いませんし、私の周りでもっと霊的...
いのち・人生

「過去とともに生きたら重くなる」なんてことは気にしなくていい。消化して糧にすればいいし、それすらできないとしても、まだ手はある

重いのと軽いのでは、どちらが好きですか? こんなことを訊かれたら、あなたならどう答えるだろうか?これは本来は単なる「好み」の問題であって、どちらがいいとか優れているというような話ではないはずなのだが、現在の主流派は、圧倒的に 軽...
負の霊団(「曇り」・「穢れ」・「邪」・「魔」)

苦しみを自分の手に取り戻す。これは「自分の苦しみ」だから、決してそれに呑まれるな

先日私は、 と書き、さらに とも書いた。 そしてそうした思索をさらに続けていくうち、私は 自分の苦しみと、どうやって向き合い、付き合っていけばいいのか? という問いに対する答えを、自分なりに深め...
いのち・人生

場数。「年の功」と呼ばれるものとセンス(才能)の差、そして成長について

私は今までに数え切れないほどの霊と対話したり、ときには闘ったりしてきたのだが、そのなかでも 「特に忘れられない相手」 というのは確かにいる。その日、私はある霊から 近々かなりの強者がお前を狙ってくるようだから、充分に気をつ...
いのち・人生

3つの「とう」がひとを鍛えるという話に、あなたはなにを感じるだろうか?

ひとはな、「さんとう」を喰らってようやく大きくなれるんだぞ こんな話を私が最初に聴いたのがいつだったか、誰からだったのか、今となってはもう思い出せない。しかしもう相当前になるだろうその言葉は、私の印象に強く残っていた。 その ...
いのち・人生

「にもかかわらず」の魔法。逆境が次々やってくる今だからこそ、誰もが魔法使いになれる

私はこないだ のなかで、 つまりこのような観点において魔法とは、 「一般因果律の否定・変革」 なのである。これをもっと簡単に言えば 魔法の核心には、「にもかかわらず」がある ということなの...
いのち・人生

「誰でも挑戦できる魔法習得への道」があったら、あなたはどうするだろうか?

私たちは誰でも多かれ少なかれ苦しみを抱えている。だからときどきどうしようもない気持ちになったときに、 あぁ、こんな問題を解決してくれる魔法が、どこかにあったらいいなぁ…… などと思ってしまうこともあるだろう。だが実のところその魔...
いのち・人生

自分で自分を変えゆく言葉。あなたも自分のお気に入りで、自分の未来を育ててほしい

私は以前 のなかで、負の念の影響が強く濃くなったときに私たちの感情のなかに現れる代表的なものを取り上げ、それを打開する糸口として まず大きな方向性としては、相手が 味方を敵と思わせ、敵を味方と思わせて、疑心...
いのち・人生

地球の特殊性。地球が「普通の星」になるのならそれはいいことだとも思うが、少しだけ寂しい気持ちもある

今の地球はめちゃくちゃである。実際に今の地球に生きている私たちならなおのこと、これに異を唱えるひとはほとんどいないのではないかと思う。しかしこれは実のところ、 「ずっと前も前、大昔から予期されていたこと」 だとも言える。なぜなら...
タイトルとURLをコピーしました